フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 遺稿詩篇 群盜 | トップページ | 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 遺稿詩篇 センチメンタリズムの黎明 / 筑摩版全集所収の同題の詩の別稿 »

2021/11/30

萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 遺稿詩篇 手の感傷 / 筑摩版全集の「手の感觸」と同一原稿と推定(但し、順列に有意な異同が認められる)

 

  手 の 感 傷

 

その手はびらうど

その手は絹製(もみ)

その手はふつくりしてあつたかい

その手はこそばゆい愛の感觸

その手にくちびるをおしあてたい

その手はうしろにまわるゆうわくの手

その手をあげられ

その手を磨かれ

その手をもつてわれの指を握り

その手をして聖像たらしめ

女よ。

 

[やぶちゃん注:「びらうど」(歴史的仮名遣でも「びろうど」(「天鵞絨」「ビロード」のこと。絹織物で、経糸(たていと)をパイル状(ループ状にしたもの)にした、比較的、毛足の長いパイル織物の一種。平織股は綾織の二枚の織物を経糸によってパイル糸とともに織り込み、それを二枚に切り分けて製造する。繊維が高密度に揃い、繊維の末端周辺に特有の肌触りを持つ。英語で「ベルベット」(velvet)、ポルトガル語(veludo)・スペイン語(velludo)で「ビロード」)「ゆうわく」(「誘惑」の歴史的仮名遣「いうわく」)はママ。

 さて筑摩書房版全集では、この同題の詩篇はない。しかし、「未發表詩篇」には、内容が酷似する「手の感觸」がある。以下に示す。「まわる」「ゆうわく」はママ。

   *

 

 女の手の感觸

 

その手はびろうど

その手は絹製(もみ)

その手は愛は感觸ふつくりしてあつたかい

その手はこそばゆい愛の感觸

その手はせんちめんたるのうしろにまわる女の子→手ゆうわくの手

その手にくちびるをあて るの手 たいおしあてたい

その手をあげられ

その手〈は〉を磨かれ

その手をもつて握られ→神聖たらしめ この手われの指を握り

その手は女の手

その手をしていんよくの聖餐をひらかしめ像たらしめ

女よ、

 

   *

これを整序すると、

   *

 

 手の感觸

 

その手はびろうど

その手は絹製(もみ)

その手はふつくりしてあつたかい

その手はこそばゆい愛の感觸

その手はうしろにまわるゆうわくの手

その手にくちびるをおしあてたい

その手をあげられ

その手を磨かれ

その手をもつてわれの指を握り

その手をしていんよくの聖像たらしめ

女よ、

 

   *

となり、本篇とは、題名と「その手はうしろにまわるゆうわくの手」「その手にくちびるをおしあてたい」の順列が異なるが、私は同一の原稿を判読したものではないかと考えている。「觸」と「傷」はいい加減に書けば、判読が困難になるし、五行目と六行目は筑摩版全集では激しい推敲が二行ともに行われており、ごちゃごちゃになったそれを小学館の編者がうっかり前後を入れ替えてしまったとしても不思議ではないからである。但し、本当に小学館の編者が誤りで、筑摩書房の編者が正しいかどうかは、原稿を見ない以上は、実は判らない。例えば、私個人は「その手にくちびるをおしあてたい」は本詩篇の中の大きな転回点となる一行である。「は」で並べて整序されるよりも、私は、ここにその強いブレイクが挟み込まれ、そこにまた、徐に「は」の「その手はうしろにまわるゆうわくの手」があって以下が続く方が、内在律は遙かに上下して鼓動を打つように思われるからである。

« 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 遺稿詩篇 群盜 | トップページ | 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 遺稿詩篇 センチメンタリズムの黎明 / 筑摩版全集所収の同題の詩の別稿 »