フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小酒井不木「犯罪文學研究」(単行本・正字正仮名版準拠・オリジナル注附) (21) 近松巢林子とシェクスピア | トップページ | 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 拾遺詩篇 三人目の患者 »

2021/11/26

萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 拾遺詩篇 竹の根の先を掘るひと

 

  竹の根の先を掘るひと

 

病氣はげしくなり

いよいよ哀しくなり

三ケ月空にくもり

病人の患部に竹が生え

肩にも生え

手にも生え

腰からしたにもそれが生え

ゆびのさきから根がけぶり

根には纎毛がもえいで

血管の巢は身體いちめんなり

しぜんに哀しみふかくなりて憔悴れさせ

絹絲のごとく毛が光り

ますます鋭どくして耐えられず

つひにすつぱだかとなつてしまひ

竹の根にすがりつき、すがりつき

かなしみ心頭にさけび

いよいよいよいよ竹の根の先を掘り。

 

[やぶちゃん注:太字は底本では傍点「ヽ」。「耐え」及び「ついに」はママ。「憔悴れさせ」は「やつれさせ」と訓じていよう。底本の「詩作品發表年譜」によれば(左ページ「225」の三行目だが、前の「玩具箱」の頭の植字を誤植していて、「玩の根の先を掘る人」と竹具箱」になってしまっている)、初出誌を大正四(一九一五)年三月発行の『卓上噴水』とする。筑摩書房版全集でも「拾遺詩篇」に載り、同雑誌の同年三月号とする。その初出を示す。

   *

 

 竹の根の先を掘るひと

 

病氣はげしくなり

いよいよ哀しくなり

三ケ月空にくもり

病人の患部に竹が生え

肩にも生え

手にも生え

腰からしたにもそれが生え

ゆびのさきから根がけぶり

根には纎毛がもえいで

血管の巢は身體いちめんなり

ああ巢がしめやかにかすみかけ

しぜんに哀しみふかくなりて憔悴れさせ

絹絲のごとく毛が光り

ますます鋭どくして耐えられず

つひにすつぱだかとなつてしまひ

竹の根にすがりつき、すがりつき

かなしみ心頭にさけび

いよいよいよいよ竹の根の先を掘り、

 

   *

御覧の通り、「ああ巢がしめやかにかすみかけ」一行の欠損がある。しかし、その他は終わりの行の句読点の違い以外は完全に一致している。

 私は中学時代に萩原朔太郎の「竹」に遭遇して以来の萩原朔太郎という「疾患」の「感染者」であり、致死的にして不滅の痙攣的な彼の霊的にして病的な「竹」詩群には拘りがあるホスピス患者である。知られた「月に吠える」のそれは、二〇一八年に作った、

萩原朔太郎詩集「月に吠える」正規表現版 竹

萩原朔太郎詩集「月に吠える」正規表現版 竹 (同題異篇)

が決定版であるが、それより前の二〇一三年には、本ヴァージョンである、

竹の根の先を掘るひと 萩原朔太郎 (「竹」別ヴァージョン)

と、

竹 萩原朔太郎 (「月に吠える」の「竹」別ヴァージョン+「竹」二篇初出形)

を電子化注している程度にはファナティクな朔太郎性竹シンドローム罹患者なのである。

 されば、本篇の画像診断であるが、「ああ巢がしめやかにかすみかけ」一行の欠損以外には終行の読点の違いしかないという本篇映像は、正直、遺稿草稿とするのには、私は、躊躇を感ずる。これだけの分量に増殖した病巣で、他に病変(異同)がないというのが、底本編者という担当執刀医には悪いが、一行欠損はオペのミスである可能性が強く疑われるからである。

 無論、草稿別稿なのかも知れぬが、「ああ巢がしめやかにかすみかけ」のない本篇は、初出に明らかに劣る。やはり、別稿ではなく、編集ミスとしたい。

« 小酒井不木「犯罪文學研究」(単行本・正字正仮名版準拠・オリジナル注附) (21) 近松巢林子とシェクスピア | トップページ | 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 拾遺詩篇 三人目の患者 »