フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 「南方隨筆」版 南方熊楠「牛王の名義と烏の俗信」 オリジナル注附 「一」の(4) /「一」~了 | トップページ | 曲亭馬琴「兎園小説外集」第二 池笠問答 馬琴 »

2021/12/06

萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 斷片 (無題)(ひとりぼんやり) / 筑摩版全集の「未發表詩篇」にある(無題)(頭痛の原因をしらべるために)の別稿断片と推定

 

  

 

ひとりぼんやり

病人はつくづくと考へこんだ

ああわたしの疾患の柱のありかを

あの靑空のおくふかくに

海の上をゆく船のやうに

とほくとほくゆく手に見ることができる

またこし方をかへりみるときはうらがへる草葉のうれを

 

[やぶちゃん注:「うれ」は「末(うれ)」で、草の葉や茎及び木の枝の先端。梢。うら。これは筑摩版全集の「未發表詩篇」にある、無題の以下の一部とほぼ一致する。表記の誤りは総てママ。「𣐙」は恐らくは「核」の誤字。□は底本の判読不能字。

   *

 

 

 

僕の頭痛の原因をしらべるために

わたしはあるとき草むらの中をあるいてゐた

さむしい十月の野原のなか に病人の姿が浮んでみえたきらきらする夏の野原をだんだんととぼとぼとたどりながら

そうと→はれ→ひつそり→ひとりぼんやり 春空をあほいで

病人はつくづくと考へて、 思ひ、ためいきをついた考へこんだ

ああわたしの 頭痛疾患のありかをば→𣐙 いまはしい𣐙𣐙のありかを

わたしはあきらかに天から□

あの靑空のおくふかにふかくよりしたゝりお

海の上をゆく船のやうに

とほくにとほくゆく手に見ることができる

またふりかへるまたこし方をかへりみるときさヘ→るときは

うらがへる草葉のうれを

わたしのなやましい足音の

はてしもなくつゞいて居る のをみる 小路の末を

わたしは草の實をつんでかみしめながら

風しん花のやうにとびあるいた→くものをてゐる

 

   *

編者注があり、『最終行の「風しん花」は原文のまま』とあるが、「風信花」で、ヒヤシンスの異名である。整序してみる(「𣐙」は「核」に代え、最後の「あるてゐる」は「あるいてゐる」の脱字と断じて、孰れも特異的に挿入した。底本の校訂本文もそうなっている)。

   *

 

 

 

頭痛の原因をしらべるために

あるとき草むらの中をあるいてゐた

さむしいきらきらする夏の野原をとぼとぼとたどりながら

病人はつくづくと考へこんだ

ああわたしの疾患の核のありかを

あの靑空のおくふかくに

海の上をゆく船のやうに

とほくにとほくゆく手に見ることができる

またこし方をかへりみる

うらがへる草葉のうれを

風しん花のやうにとびあるいてゐる

 

   *

御覧の通り、草稿の削除前の部分を生かすと、ほぼ一致することが判るので、筑摩版の別草稿断片であろう。]

« 「南方隨筆」版 南方熊楠「牛王の名義と烏の俗信」 オリジナル注附 「一」の(4) /「一」~了 | トップページ | 曲亭馬琴「兎園小説外集」第二 池笠問答 馬琴 »