フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 斷片 (無題)(この景色のよい海岸の別莊はだれの家か) | トップページ | 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 斷片 (無題)(憂愁は影をひきます) »

2021/12/02

萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 斷片 (無題)(すべて憂鬱なる森の中に。) / 詩集「靑猫」所収の「恐ろしく憂鬱なる」の初期稿の標題を含む断片

 

  

 

すべて恐ろしく憂鬱なる森の中に。

 

ああこの恐ろしいまぼろしの森の中に

しだいにひろがつてゆく憂鬱の日かげを見る

 

[やぶちゃん注:本断片と同一のものは筑摩版全集には見当たらないものの、これは明らかに詩集「靑猫」の「恐ろしく憂鬱なる」の極小の草稿断片と考えてよい。私の「萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 恐ろしく憂鬱なる」を見られたいが、冒頭は、

   *

こんもりとした森の木立のなかで

   *

というロケーションの共時性があり、而して詩篇の最終行は、

   *

あまりに恐ろしく憂鬱なる。

   *

とあって、これは「あまりに恐ろしく憂鬱なる」「こんもりとした森の木立のなか」が仮想の詩想空間という点で極めて強いフレーズの親和性が認められ、しかも、そもそもが、本編の続く二行と酷似したフレーズが、コーダ部分に出現するのである(太字は私が附した)。

   *

ああこの恐ろしい地上の陰影

このなまめかしいまぼろしの森の中に

しだいにひろがつてゆく憂鬱の日かげをみつめる

その私の心はばたばたと羽ばたきして

小鳥の死ぬるときの醜いすがたのやうだ

ああこのたへがたく惱ましい性の感覺

あまりに恐ろしく憂鬱なる。

   *

これで充分だとおもうのだが、ダメ押しで決定打を言っておくと、

実はこれは、間違いなく「恐ろしく憂鬱なる」の草稿断片であり、恐らくは、その最初期形の一つの断片であることは、はっきりしている

のである。

 筑摩版全集第一巻には『草稿詩篇 靑猫』が付随し、そこの仮題して『恐ろしく憂鬱なる(本篇原稿二種五枚)』として、二種の草稿が示されているが、その第一草稿が以下なのである。「みぶひる」「きつついた」「やなましく」は「みぶるひ」「きずついた」「なやましく」の誤記。「羽ははき」「羽はばき」は衍字・濁点欠損(前者)・脱字。

   *

 

  すべてを恐ろしく憂鬱なる森の中に

 

ああこの恐ろしいまぼろしの森の中に

しだいにひろがつてゆく憂鬱の日かげをみつめる

私の心はみぶひるをして

醜くきつついた小鳥やうに

私の心はやなましく→いたましく 羽ばたきをして→みぶるひをして→びくびくとぢたばたと羽ははきをして

醜い小鳥のやうに 死ぬるやうに羽はばきするぬるときんでゆくときのやうだ

 

   *

これを整序してみる。以上の誤記その他は、ここでは極めて特異的に、優等生然とした筑摩版全集校訂本文よろしく「消毒」しておいた。

   *

 

  すべてを恐ろしく憂鬱なる森の中に

 

ああこの恐ろしいまぼろしの森の中に

しだいにひろがつてゆく憂鬱の日かげをみる

私の心はぢたばたと羽ばたきをして

醜い小鳥の死んでゆくときのやうだ

 

   *

さて。本篇断片と比較されたい。

 この初期形の題名と冒頭二行を抜き出し、題名の末尾に句点を附し、詩篇二行目の「みる」を「見る」と書き変えれば、本篇に早変わりする。

 本篇は、思うに、この初期形断片を清書しようとした残骸ででも、あるのかも知れない。

« 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 斷片 (無題)(この景色のよい海岸の別莊はだれの家か) | トップページ | 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 斷片 (無題)(憂愁は影をひきます) »