フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郞詩集「蝶を夢む」正規表現版 白夜 | トップページ | 南方熊楠「牛王の名義と烏の俗信(「南方隨筆」底本正規表現版・全オリジナル注附・一括縦書ルビ化PDF版)公開 »

2021/12/27

萩原朔太郞詩集「蝶を夢む」正規表現版 巢

 

   

 

竹の節はほそくなりゆき

竹の根はほそくなりゆき

竹の纖毛は地下にのびゆき

錐のごとくなりゆき

絹絲のごとくかすれゆき

けぶりのやうに消えさりゆき。

 

ああ髮の毛もみだれみだれし

暗い土壤に罪びとは

懺悔の巢をぞかけそめし。

 

[やぶちゃん注:初出は大正四(一九一五)年三月号『地上巡禮』。この初出時期に萩原朔太郎の中で起動し、多量に生み出された、私が「〈「竹」詩想〉詩篇」と呼んでいる一群の一つである。初出形を以下に示す。

   *

 

 

 

竹の節はほそくなりゆき、

竹の根はほそくなりゆき、

竹の毛先は地下にのびゆき、

錐のごとくになりゆき、

絹糸のごとくにかすれゆき、

けぶりのごとく消えさりゆき。

 

その髮もみだれみだれし、

くらき牢屋(ひとや)に罪びとは、

懺悔(ざんげ)の巢をぞかけそめし。

 

   *

本篇には、筑摩版全集の「草稿詩篇 蝶を夢む」に草稿が二篇(孰れも無題)載る(草稿は三種とする内の二篇)。以下に続けて示す。脱字や誤字と思われるものは総てはママ。

   *

 

  

 

はしぜんにかれ冬の日のさびしらにの節は細くなりゆき

竹の根は細くなりゆき

けむりのごとくになり

根は地面の下に垂直し

錐のごとくになるなりするどく

しぜんに糸絹糸さびしやのごとくになり

けむりのごとくに消えつみびとのひとやのひとやの奧に

 

竹の葉は

つみびの髮は 長くのびゆきて みだれ よごれて みだれて

しぜんその指さきに

①懺悔を凍る冬の日に

①つみびとの髮は垢に ちりにけがされみだれみだれてにみだれ

①ひとやのくらきひとやの奧にに巢となりぬをかけそめぬ

②その髮もみだれみだれてにみだれ

②くらき牢屋につみびとは

②懺悔の巢をぞかけそめぬ

[やぶちゃん注:①と②は私が附した。これは①群の三詩句と、②群の二詩句がそれぞれに並列されて残存していることを示す。]

 

 

  

 

竹の節はほろびそくなりゆき

竹の根はほそくなりゆき

その*先は//毛先は//纖毛は*地下にのびゆき

[やぶちゃん注:以上の「*」「//」は私が附した。ここは「その」の下、地下にのびゆきの上に、「先は」・「毛先は」・「纖毛」の三つが並置残存していることを示す。]

錐の如くになりのびゆき

絹糸の如くにもかすれゆき

けぶりの如きにきえさりゆき

 

みよいまし

その髮もみだれくに みだれし

みよいましひとやのすみにつみびとは

ああいまし

懺悔の巢をぞかけそめぬ

つみびとの髮はみだれみだれて

みよああいましみよひとやのすみに

懺悔の巢をぞかけそめし。

         ――淨罪詩扁――

 

  (巢)

 

   *

編者注に最後にある『「(巢)」は本稿の後部欄外に記入されている』とある。

   *

 萩原朔太郎の病的な「竹」シリーズはそれだけを追ってもよい彼の詩想中の巨大な核の一つであることは言うまでもない。衆人の前にその病的にして波状的な痙攣的フレーズが曝されたのがこの大正四年の初めであった。何より、「月に吠える」巻頭に配された、

「地面の底の病氣の顏」(萩原朔太郎詩集「月に吠える」正規表現版 序(北原白秋・萩原朔太郎)目次その他・「地面の底の病氣の顏」

が既にその疾患の徴候を読者に示し、而して満を持して誰もが知っている、

萩原朔太郎詩集「月に吠える」正規表現版 竹

萩原朔太郎詩集「月に吠える」正規表現版 竹 (同題異篇)

の症例が、衛生博覧会よろしく、デロリと展示される。しかも、それらは、

白い朔太郎の病氣の顏 萩原朔太郎 (「地面の底の病氣の顏」初出形)

竹 萩原朔太郎 (「月に吠える」の「竹」別ヴァージョン+「竹」二篇初出形)(これは『――大正四年元旦――』のクレジットを持つ)

竹の根の先を掘るひと 萩原朔太郎 (「竹」別ヴァージョン)

また、未発表の、

(無題) 萩原朔太郎 (「竹」詩想篇)

穴 萩原朔太郎 (「竹」詩想篇)

祈禱 萩原朔太郎 (「竹」詩想篇)

(無題)・祈禱 萩原朔太郎 (未発表詩「祈禱」草稿二篇)

といった隠しカルテもある。萩原朔太郎という竹根妄想症候群(Bamboo roots delusion syndrome)は近代日本作家の病跡学の教科書的タイプ症例と言ってよい。]

« 萩原朔太郞詩集「蝶を夢む」正規表現版 白夜 | トップページ | 南方熊楠「牛王の名義と烏の俗信(「南方隨筆」底本正規表現版・全オリジナル注附・一括縦書ルビ化PDF版)公開 »