フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 曲亭馬琴「兎園小説外集」第二 異形小兒圖 輪池堂 / 異形小兒圖 文宝堂 | トップページ | 曲亭馬琴「兎園小説外集」第二 近藤氏紀事 海棠庵 »

2021/12/09

曲亭馬琴「兎園小説外集」第二 近藤氏紀事 海棠庵

 

   ○近藤氏紀事

文政九丙戌年五月十八日暮六時頃[やぶちゃん注:不定時法で午後七時頃か。]、小普請組太[やぶちゃん注:ママ。後で判るが、「太田」の略か脱字。]内藏頭支配、近藤重藏總領、冨藏儀、武州荏原郡三田村百姓半之助妻子初、一類の者、及切害候。右疵所左之通り。

     中村八太夫御代官所

      武州荏原郡三田村百姓

    卽死     半 之 助【歲、五十九歲。】

左鬂頭[やぶちゃん注:「びんがしら」。]より脇へ懸、七寸程、切候疵、一ケ所。襟首、半分程、切込、疵一ケ所。脊中筋違。都合、三ケ所。

 右近藤重藏抱鼠敷地面而に倒居候。

         右半之助妻

    卽死     よ も【歲、五十八歲。】

天窓鉢[やぶちゃん注:「あたまのはち」と訓じておく。]、七寸程、そぎ落有ㇾ之。

 右半之助宅勝手口に倒居候。

       右半之助惣領

         林 太 郞【歲、二十九歲。】

左鬂先、五寸程、橫、切疵一ケ所。左鬂頭、二寸程、一ケ所。左股、五寸程、切疵一ケ所。都合、三ケ所。

 右半之助、居間に倒居候。

         右林太郞妻

    卽死     ま す【歲、二十九歲。】

脊中、橫六寸程、切疵一ケ所。

 右同斷、倒居申候。

        葺手町與兵衞店

         林太郞弟

    卽死     忠 兵 衞【歲、二十五歲。】

左鬂先、四寸程、切疵一ケ所。首、半分程、切疵一ケ所。襟首、耳へ懸、七寸程、切疵二ケ所。左手首、切落し、手指、二本切落し、左鬂先、二、程、切疵一ケ所。都合、七ケ所。

        右半之助召仕

   別條無ㇾ之。 金 次 郞【歲、二十一歲。】

        武州多摩郡野崎村

         百姓卯兵衞弟

         右半之助方同居

    疵受不ㇾ死候。 文藏【五十二歲。】

右鬂先、三寸程、切疵一ケ所。

       兼房町五人組持店

    疵受不ㇾ死候。 藤助【四十歲。】

右鬂上より、耳へ懸け、そぎ疵一ケ所。

 但、療養、廿一針縫候由。

同年十月六日裁許

    遠島      近 藤 富 藏

         富藏父

    分領左京亮へ御預け

         重藏三男

            近 藤 重 藏

    改易   重藏三男

            近 藤 吉 藏【歲、五歲。】

    改易   同四男

            近藤 熊造【歲、三歲。】

右兩人、十五歲迄、親類、御疊奉行三浦義十郞へ被預置條、其筋へ可申達旨被申渡候。

    申渡の覺

            近 藤 富 藏

其方儀、武州三田村、父重藏、抱屋敷地境に住居候百姓半之助と、地境の儀に付、先達て重藏より吟味相願候一件、半之助、心得違の趣、相詫候に付、願下致し、其砌より、境え、出、及惡口、村役人より異見差加へ候へども、不相用、剩[やぶちゃん注:「あまつさへ」。]、狼藉にも可ㇾ及、取沙汰有ㇾ之、重藏、引移候上にては、何樣の儀、可仕出儀難ㇾ計、心痛之餘り、彌、及不法候はゞ、可打捨など、重藏へ咄候處、成丈、堪忍致し、若、難捨置不法に及候はゞ、搦可ㇾ申、萬一、手に餘り討捨候時宜に及候ても、忰は意恨含可ㇾ申候間、三人共、討果候、方に可ㇾ有之恨、と申聞候に付、何れ、和熟の取計可ㇾ致と存、以來、不法の儀、無ㇾ之樣、證文差出候はゞ、竹矢來、可ㇾ爲取拂旨、半之助次男忠兵衞之書面差遣、再應、申談候得共、承知不ㇾ致、當五月十八日、忠兵衞、矢來、取拂度段申聞候に付、辿も和熟は致間敷、矢來、爲取拂候上、手詰の談に可ㇾ及と存、勝手次第に可ㇾ致旨、及挨拶追々取崩し懸候に付、半之助父子三人、呼寄、只今、證文差出候樣中聞候處、矢米不ㇾ殘取崩候上ならでは、難差出旨申候間、是迄の不法、猶、我意の條、難捨置旨、乍ㇾ申、拔打に、半之助へ切付、直に林太郞へ切懸、忠兵衞、迎出候に付、家來高井庄五郞に爲討留、林太郞を追懸候途中、闇夜、誰共、難見極、文藏、藤助へ爲手負、半之助宅へ踏込、林太郞夫婦、幷、半之助妻をも切殺候上、重藏へは半之助親子、屋敷奧深く亂入、狼籍・惡口致し、棒を以、手向候に付、無餘儀始末候段、取繕申聞候儀、假令、父の爲を存る共、如何樣にも取計方可ㇾ有ㇾ之所、事を設、罪もなき女子共迄、數人令殺害候段、殘忍の所行、其上、見分の節、有合の棒を死骸の脇へ差置、半之助持參の趣、家來に爲申立候段、彼是、取繕候仕形[やぶちゃん注:「しかた」。]、御旗本の忰に有ㇾ之間敷不屆之至に候。依ㇾ之、遠島被抑付者也。

 十月

   申渡の覺

              近 藤 重 藏

其方儀、武州三田村抱屋敷地續に住居候百姓半之助と地境の儀に付、先達て相願候處、半之助心得違の趣、相詫候に付願下致し、其砌より、境へ竹矢來を補理候處[やぶちゃん注:「おぎなふのことはりまうしさふらふところ」。]、其後も、同人、每度、境へ出及惡口、剩、狼籍にも可ㇾ及取沙汰有ㇾ之、其方引移候上にては、何樣の儀、可仕出儀難ㇾ計と、忰富藏、心痛の餘り、彌及不法候はゞ、可打捨など申聞候に付、成丈、堪忍致し、若、難捨置不法に及候はゞ、搦可ㇾ申、萬一、手に餘り討捨候時宜に及候はゞ、忰、其意恨含可ㇾ申間、三人共、討果候。方に可ㇾ之恨申候故、富藏儀、心得違、手向も不ㇾ致半之助父子を始、罪もなき女子共迄、數人令殺害、其方へも竹矢來等、取崩、亂人狼藉の趣、申聞候を、不都合の次第、全、申僞候儀と乍ㇾ存、忰儀、無事に相濟候樣致度存、其儘、相違の屆書、差出候段、御後闇[やぶちゃん注:「御」は不審だが、「うしろぐらし」。]致し方、不屆の至に候。依ㇾ之、分部左京亮之御預け被仰付者也。

 十月

          分部左京亮家來

              宍戶大次郞

                外二人

小普請組太田内藏頭支配近藤重藏儀、不屆の品、有ㇾ之、主人左京亮へ御預け被仰付候。依ㇾ之、引渡遣間、其旨、主人へ可中聞

         小普請組

          太田内藏頭支配

           重藏三男

              近藤吉藏【戌五歲。】

           同人四男

              近藤熊藏【戌三歲。】

父重藏儀、不屆の品、有ㇾ之に付、分部左京亮之御預け被仰付候。依ㇾ之、兩人儀、改易被仰付候。尤、十五歲迄、親類へ預置。

           右親類

            御疊奉行

               三浦義十郞

右之通申渡、十五歲迄、預遣、其旨、其筋へ可申達、大久保加賀守殿、御差圖。

 於評定所落着。近藤重藏一件、申渡書、寫。

  文政九丙戊年十月六日

[やぶちゃん注:こういう地下文書は面白いが、実際の原本の判読となると、困難を極める。私は大学生の時に図書館司書資格も取得しているが、その中の「資料特論」での地下文書判読の夏の宿題を思い出す。乱心した武士が(恐らくは精神疾患で犯意は不明だったと記憶する)、一家中を惨殺した事件の現場を報告した文書であった。]

« 曲亭馬琴「兎園小説外集」第二 異形小兒圖 輪池堂 / 異形小兒圖 文宝堂 | トップページ | 曲亭馬琴「兎園小説外集」第二 近藤氏紀事 海棠庵 »