フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 曲亭馬琴「兎園小説外集」第二 丙戌秋八月十一日著作堂小集展覽目錄 馬琴 | トップページ | 夏目漱石の「こゝろ」を芥川龍之介はどのように受容したのか?――迂遠なる予告―― »

2021/12/09

曲亭馬琴「兎園小説外集」第二 御坊主伊東久勝忰宗勝橫死之話

 

   ○武藏州尾久村利右衞門養子文次郞、

    親の仇、次郞右衞門を討留候御吟味

    濟口聞書

                  蘐園

 この一通は、寫し、別に有ㇾ之。

[やぶちゃん注:発会記録なので、こうした「何だかな?」って感じの記載があるのである。]

 

 

   ○丙戌八月二日夜、本所石原駒留橋邊

    住居、御坊主伊東久勝忰、宗勝、

    橫死の話

[やぶちゃん注:「丙戌」文政九(一八二六)年。

「御坊主」江戸幕府で茶礼や茶器を取り扱う役の数寄屋(すきや)坊主のこと。同朋頭(どうぼうがしら:若年寄支配)の配下で、茶室を管理し、将軍・大名・諸役人に茶を進めることを職務とする奥坊主組頭(五十俵持扶持高・役扶持二人扶持・役金二十七両・御目見以下)の下位。二十俵二人扶持高で・役扶持二人扶持、役金二十三両、御目見以下で、百人前後いた。因みに、芥川龍之介の実母の実兄で養父となった道章は、この出身であった。

「本所石原駒留橋」ここ(グーグル・マップ・データ)。]

 

            伊東久勝忰

             伊 東 宗 勝

            同人僕

             新 助【戌二十九歲。】

            宗勝妹

             そ で【戌二十二歲。】

            同妹

             み ち【戌十八歲。】

右新助事、かねて、主人娘「そで」と密通いたし罷在候處、宗勝、知り候て、暇遣し度存候得共、自分の所存にも任せがたき儀、有ㇾ之、依りて新助より暇願候て、退身いたし候樣に致度存、度々、叱り、或は、打擲致し候事有ㇾ之【宗勝、雪踏[やぶちゃん注:「せつた」。「雪駄」に同じ。]を以て、新助を打し事ありしといふ。】、新助、是を遺恨に存込、八月二日夜中、宗勝、寢間へしのび入、刄を以、宗勝を殺し【最初に、口中を劈て、ものいはざるやうにいたし、なぶり殺しにせしとぞ。この夜、久勝は泊り番にて在宿せざりし也。】、其身の臥所へ退候迄、家内のもの、是を不ㇾ知。程過て、宗勝、橫死の樣子を知り、驚くこと、大かたならず。久勝は親子勤に付、新助が外に僕一人あり【その名を知らず。】。宗勝妹「みち」、窃に[やぶちゃん注:「ひそかに」。]新助を疑ひ候に付、其曉、使に出たがり候を、方便を以、引留置、外一人の僕をはしらして、地請人、幷、隣家等へ、告しらせ候に付、人々、走り集り、吟味致し候處、新助、紙帳に、血つき、有ㇾ之、且、所持の葛籠[やぶちゃん注:「つづら」。]の内に、血刀、有ㇾ之に付、卽座に新助を綁り[やぶちゃん注:「しばり」。]置、及公訴。同月四日、檢使、相濟、新助は入牢の上、御吟味、有ㇾ之、主人の娘「そで」と密通の事迄、悉、及白狀。然る所、「そで」は逐電いたし【所親[やぶちゃん注:父母か。]、窃に逃させしとぞ。】、鎌倉の尼寺[やぶちゃん注:東慶寺であろう。]にかけ込罷在候處【いまだ、剃髮に及ばず。】、寺奉行へ被召捕、是亦、入牢の上、御吟味、有ㇾ之。同年十月、新助は日本橋に於て、さらしの上、磔罪に行れ、「そで」は遠島へ流されしと云【丁亥[やぶちゃん注:文政十年。]三月、出船とぞ。】。一老翁の話なり。

« 曲亭馬琴「兎園小説外集」第二 丙戌秋八月十一日著作堂小集展覽目錄 馬琴 | トップページ | 夏目漱石の「こゝろ」を芥川龍之介はどのように受容したのか?――迂遠なる予告―― »