フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 斷片 (無題)(わが肱かけ椅子は木製にして) | トップページ | 甲子夜話卷之二十三 11 安滿岳の烏 + 甲子夜話卷之八十七 2 安滿岳の鴉【再補】 (ともにフライング) »

2021/12/05

萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 斷片 病氣した魚介 / 筑摩版全集の「病氣した海底」或いは「病氣した魚介」(標題並存)の筑摩版が決定稿とするものの失われた別稿

 

  病氣した魚介

 

魚の耳

さざえの手

ぐにやぐにやにただれたうにの肉と

くさつた海綿のはらわたから

おまへの赤い椿がべつとりと咲き

ひもくらげのうすらあかりで

らうまちすのたこが足をたべたり

靑貝の肉をたべるいやな光景

またここの淺洲には

ながいしんけいのいたむ根をくふつめた貝

光る波のあなたに

いそぎんちやくの毛はたえずうごめいてゐる。

 

[やぶちゃん注:筑摩版全集の「未發表詩篇」に「病氣した海底」或いは「病氣した魚介」(後部並存。以下で私が打った「*」及び「//」で挟んだ部分はその並存を示す。)という題で、以下が載る。濁点落ち(「さゝえ」)や誤打ちと脱字(抹消部「らうまず」は「らうまちす」)は総てママ。

   *

 

 病氣した*海底//魚介*

 

ひとでの口

魚の耳

さゝえの手

ぐにやぐにやにただれたうにの肉と

くさつた海綿のはらわたから

なまこの赤い椿がさきべつとりと咲き

ひもくらげのうすらあかりで

病氣のらうまちすのたこが足をたべて くひきりたべたり

らうまず靑貝の肉をたべるいやな光景

またこゝの淺洲には

わがいたむわがしんけいのいたむ根をくふつめた貝

ほの光るささ浪の遠見にあなたに

いそぎんちやくの毛はたえずうごめいてゐる、

 

   *

また、更に同じ第三巻の『草稿詩篇「未發表詩篇」』の方に、上記の詩篇の草稿として『(本篇原稿二種二枚)』無題の以下がある。歴史的仮名遣はママ。

   *

 

  

 

うにのぐにやぐにやにただれたうにの肉

くさつた海綿のはらはたから

なまこの赤い花がさき

┃ひもくらげのうすらあかりで

病氣のたこが手をくひ

いそぎんちやくが手がしなりしなり

また遠い海岸の岬では

┃いそぎんちやくの纖毛が

くらげの ひとでのまるい口

┃魚の耳

┃ひとでの口

いそぎんちやくの 纖毛

┃さゞえの耳

┃いそぎんちやくの手

[やぶちゃん注:「┃」は底本では前後で連続している。これは朔太郎が引いたものでソリッドなものを示す記号。「↕」は私が附したもので、前後の「┃」詩句群二つが並置残存していることを示す。]

足をたべる病氣のたこのたぐひが足をたべる光景

また水のしたには わがふむ水の底には

靑貝をたべる光景

またこゝの淺洲には

わがくさ れたるもの つた肉をくふ

わがしんけいの根をくふつめた貝

 

   *

なお、以上の倉庫には編者注があり、『本稿は未發表詩篇「晩景」と同一用紙に書かれている。』とある。「晩景」は本底本シリーズの「遺稿詩集」で電子化済みである。

 さて、本篇は、筑摩版全集の決定稿扱いの前者に近い。但し、相同ではない。されば、失われた別稿ととるべきであろう。

 因みに、私が萩原朔太郎を偏愛するようになったのは、この「月に吠える」時代の詩篇に私のフリークである海産無脊椎動物がワンサカ出ることにも起因している。]

« 萩原朔太郎詩集 遺珠 小學館刊 斷片 (無題)(わが肱かけ椅子は木製にして) | トップページ | 甲子夜話卷之二十三 11 安滿岳の烏 + 甲子夜話卷之八十七 2 安滿岳の鴉【再補】 (ともにフライング) »