フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 曲亭馬琴「兎園小説別集」上巻 内浦駒ケ嶽神馬紀事 | トップページ | 萩原朔太郎詩集「純情小曲集」正規表現版 地上 »

2022/01/03

萩原朔太郎詩集「純情小曲集」正規表現版 再會

 

   再 會

 

皿にはをどる肉さかな

春夏すぎて

きみが手に銀のふほをくはおもからむ。

ああ秋ふかみ

なめいしにこほろぎ鳴き

ええてるは玻璃をやぶれど

再會のくちづけかたく凍りて

ふんすゐはみ空のすみにかすかなり。

みよあめつちにみづがねながれ

しめやかに皿はすべりて

み手にやさしく腕輪はづされしが

眞珠ちりこぼれ

ともしび風にぬれて

このにほふ鋪石(しきいし)はしろがねのうれひにめざめむ。

 

[やぶちゃん注:下線は底本では右傍線。初出は大正三(一九一四)年十月号『アララギ』。同誌は短歌雑誌であるが、本号には他に先の「畑」と、「旅上」(【2022年2月26日改稿・追記】これは本詩集に先行する同名詩篇とは異なるもので、「拾遺詩篇」のこちらの合わせて三篇を発表している。萩原朔太郎は初期には歌人としてスタートしており(明治三六(一九〇三)年七月、かの『明星』に短歌三首が掲載され、その前に石川啄木らともに「新詩社」社友となっている)、『スバル』や『上毛新聞』へ短歌を発表していた。また、この大正三年は『アララギ』も転機の時期で、発行が滞っていた同誌の状況打開のために、島木赤彦が動き、この大正三年六月から、赤彦と親しかった岩波茂雄の経営する岩波書店で同誌の販売取扱いを始めており(翌大正四年二月に赤彦が正式に編集発行人となり、翌月から岩波書店が正式な発売所となった)、また、特に本誌の新進気鋭の若手歌人斎藤茂吉が、この前年の大正二年十月に東雲堂書店から刊行した処女歌集「赤光」が爆発的な人気を博していた。されば、当時、一時的に同誌の編集人となっていた茂吉にしてみても、短詩形文学という点で親和性の強い、朔太郎の詩篇提供は売れ筋いや増しとなって嬉しいことであり、既にして詩人デビューを目論んでいた朔太郎にとってもまた、メジャーな売れ行きのいい短歌雑誌が異端的詩人である自分に発表の場を提供してくれることは、頗る美味しい話であったに違いないと思うのである。

「ええてる」『萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」(小学館版)「第三(『月に吠える』時代)」 (無題)(しづかに我は椅子をはなれ、)』の最後の私の注を参照されたい。

「みづがね」水銀のこと。

 以下、初出を示す。「𥒰石」はママ。

   *

 

 再會

 

皿には跳る肉さかな、

春夏すぎて、

きみが手に銀の FOLK は重からむ。

ああ、秋ふかみ、

なめいしにこほろぎ鳴き、

ええてるは玻璃をやぶれど、

再會のくちづけ固くこほりて、

ふんすゐはみ空のすみにかすかなり。

みよあめつちにみづがねながれ、

しめやかに皿はすべりて、

手にもやさしく腕輪はづされしが、

眞珠ちりこぼれ、

ともしび風にぬれて、

このにほふ𥒰石(しきいし)はしろがねの愁にめざむ。

 

   *

また、筑摩版全集には「草稿詩篇 純情小曲集」の重要な草稿詩篇として、一篇のみ、則ち、本篇の草稿(標題は「初秋」)だけを掲げてある。以下に示す。歴史的仮名遣の誤りや誤字はママ。数字は朔太郎だけに判る彼の振った注記番号。「□」は底本編者の判読不能字。

   *

 

  初秋

 

皿にはおどる肉さかな

春夏すぎて

きみが手に銀のほをく Folk も重からむ

いまきけば

ああ*いまみ空には//いまし★きけ//空には★*こほろぎなき

[やぶちゃん注:「*」「//」「★」は私が附した。ここは「いまみ空には」が、「いまし「きけ」と「いまし空には」の並列候補と、全体がまた並列して残存していることを意味している。後も同じ単体の並列残存。]

再會の窓の戶外ながれ床に水ながれ

ええてるは玻璃をやぶれど

あほざめし*この再會のくちびるはかたくあはされ//再會のくちづけはかたくこほりて*

あめつちにしろみづがねながる

みづかねなるるゝきみが手に 1

うれひの 瀑しんしんたる

君が手にやさしく腕輪はづされしが 1

2みよ眞珠床もいつさいにちりこぼれ

あひ 再會のとばりの

はや晶玉の秋のこゝろに

室内はともしび ぬるゝ ぬれてみづいろのともしびにほふ

みづいろの風ぞながるゝ床石にしろかねの水はながる

 

   *]

« 曲亭馬琴「兎園小説別集」上巻 内浦駒ケ嶽神馬紀事 | トップページ | 萩原朔太郎詩集「純情小曲集」正規表現版 地上 »