フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 狗張子卷之一 足柄山 | トップページ | 第一書房版「萩原朔太郞詩集」(初収録詩篇二十一篇分その他)正規表現版 「靑猫(以後)」 荒寥地方 »

2022/01/10

第一書房版「萩原朔太郞詩集」(初収録詩篇二十一篇分その他)正規表現版 「靑猫(以後)」 まどろすの歌

 

まどろすの歌

 

愚かな海鳥のやうな姿(すがた)をして

瓦や敷石のごろごろとする港の市街區を通つて行かう。

こはれた幌馬車が列をつくつて

むやみやたらに圓錐形の混雜がやつてくるではないか。

家臺は家臺の上に積み重なつて

なんといふ人畜のきたなく混雜する往來だらう

見れば大時計の古ぼけた指盤の向うで

冬のさびしい海景が泣いて居るではないか。

淚を路ばたの石にながしながら

私の辮髮を背中にたれて 支那人みたやうに步いてゐよう。

かうした暗い光線はどこからくるのか

あるひは理髮師(とこや)や裁縫師(したてや)の軒(のき)に Artist  の招牌(かんばん)をかけ

野菜料理や木造旅館の貧しい出窓が傾いて居る。

どうしてこんな貧しい「時」の寫眞を映すのだらう

どこへもう 外の行くところさへありはしない

はやく石垣のある波止場を曲り

遠く沖にある帆船へかへつて行かう

さうして忘却の錨を解き記錄のだんだんと消えさる港を訪ねて行かう

 

[やぶちゃん注:「あるひは」はママ。最終行に句点はない。

「まどろす」はオランダ語「matroos」。現代オランダ語のネイティヴのそれを聴く限りでは、音写すると「マトローゥス」。 水夫。船乗り。

「家臺」は「やたい」であろう。家々が永い年月を経て、平坦な地面を見せずに、山のようにでこぼこになっている景観を言っているのであろう。典型的な貧民街である。

「指盤」「しばん」と読んでおく。時計の文字盤。

「辮髮」「べんぱつ」。

 初出は大正一二(一九二三)年一月号『文章世界』。以下に示す。「居やう」「あるひは」「映すだらう」(脱字或いは誤植らしい)「錠」(誤植であろう)はママ。

   *

 

 まどろすの歌

 

愚かな海鳥のやうなすがたをして

瓦や敷石のごろごろとする港の市街區を通つて行かう

こはれた幌馬車が列をつくつて

むやみやたらに圓錐形の混雜がやつてくるのではないか

家臺は家臺の上に積み重なつて

なんといふ人畜のきたなく混雜する往來だらう

見れば大時計の古ぼけた指盤の向うで

冬のさびしい海景が泣いて居るではないか

淚を路ばたの石にながしながら

私の辮髮を背中にたれて支那人みたやうに步いて居やう

かうした暗い光線はどこからくるのか

あるひは理髮師や裁縫師の軒(のき)に Artist の招牌をかけ

野菜料理や木造旅館の貧しい出窓が傾いてる。

どうしてこんな佗しい「時」の寫眞を映すだらう

どこへもう 外の行くところさへありはしない

はやく石垣のある波止場を曲り

遠く沖にある帆船へかへつて行かう

さうして忘却の錠を解き記錄のだんだんと消えさる港をたづねて行かう。

 

   *

なお、筑摩版全集の校異によれば、後の詩集「宿命」に再録されたものでは、十行目「私の辮髮を」は「私は辮髮を」となっている、とある。また、後の詩集「定本 靑猫」に版画「海港之圖」に添えられた詩句で、本篇の最後の一部を改変して用いているが、そこでは「記錄」は「記憶」となっている。私の古いブログの電子化「海港之圖 萩原朔太郎 (版画2タイプ掲示)」を見られたい。]

« 狗張子卷之一 足柄山 | トップページ | 第一書房版「萩原朔太郞詩集」(初収録詩篇二十一篇分その他)正規表現版 「靑猫(以後)」 荒寥地方 »