フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 伽婢子卷之十三 山中の鬼魅 | トップページ | 伽婢子卷之十三 恠を話ば恠至・奥附 / 伽婢子(本文)~了 »

2022/01/06

伽婢子卷之十三 馬人語をなす恠異

 

[やぶちゃん注:本書最後の挿絵は「新日本古典文学大系」版をトリミング補正した。最後の絵でもあり、底本のものと比較しつつ、かなり念入りに清拭した。]

 

   ○馬(むま)、人語(にんご)をなす恠異

 

Umaningowonasu

 

[やぶちゃん注:「新日本古典文学大系」版脚注によれば、右が河原毛で、左が蘆毛とある。中間らしき二人が同じ方向を振りむいて眉根を同じく顰めており、まさに怪異のその瞬間をスカルプティング・イン・タイムした挿絵となっている。]

 

 延德元年三月、京の公方(くばう)征夷將軍從一位内大臣源義熈(よしてる)公は、佐々木判官《はうぐわん》高賴を、せめられんとて、軍兵《ぐんぴやう》を率(そつ)して、江州に下(くだ)り、栗太郡(くりもとのこほり)鈎(まがり)の里に陣を据ゑられ、爰(こゝ)にして、御病惱(《ごびやうなう》、重くおはしましつつ、同じき廿六日に薨(こう)じ給ふ。

 其《その》前の夜、十五間の馬屋《むまや》に立《たち》並べたる馬《むま》の中に、第二間の厩に繫がれたる蘆毛(あしげ)の馬、怱ちに、人の如く、物、いふて、

「今は、叶(かな)はぬぞや。」

と、いふに、又、隣りの河原毛《かはらげ》の馬、聲を合《あは》せて、

「あら、悲しや。」

とぞ、いひける。

 其《その》前には、馬取《むまと》り共、なみ居て、中間・小者、多く居(ゐ)たりける。

 皆、是を聞くに、正《まさ》しく、馬共《むまども》の、物いひける事、疑ひ、なし。

 身の毛よだちて、怖ろしく覺えしが、次の日、果(はた)して、義熈公、薨じ給ひし。

 誠にふしぎの事也。

[やぶちゃん注:「人語(にんご)」「新日本古典文学大系」版脚注には、『この振仮名未詳。正しくは「じんご」か』とする。但し、元禄版でも「にんご」と振っている。

「延德元年」以下は実際には改元前の長享三年三月中のことである。長享三年八月二十一日(一四八九年九月十六日)に延徳に改元された。但し、史書では、改元があった場合には、その一月に遡って新元号を用いるのが普通である。

「京の公方征夷將軍從一位内大臣源義熈(よしてる)公」室町幕府第九代征夷大将軍(在職:文明五(一四七三)年~没日)足利義尚(よしひさ 寛正六(一四六五)年~長享三年三月二十六日(一四八九年四月二十六日)のこと。彼は亡くなる前年の長享二年に義尚から義煕(「熈」は同字)に改名しているが、一般的には義尚の名で語られることが多い。ここにある通り、近江の陣中で病死した。享年二十五(満二十三歳)。当該ウィキによれば、『死因は過度の酒色による脳溢血といわれるが、荒淫のためという説もある』とある。

「佐々木判官高賴」(寛正三(一四六二)年~永正一七(一五二〇)年)は六角高頼の名の方が知られる。近江守護。大膳大夫。長享元 (一四八七) 年七月、管内の社寺領や幕府近臣の所領を押領したため、同年九月、近江坂本に将軍足利義尚の征伐を受けた。高頼は同月二十日には観音寺城を幕府軍に攻略され、甲賀郡に逃れたが、同年十月、幕府軍が甲賀郡に攻め入ったため、さらに逃亡し、近江の国人に助けられた。延徳三(一五九一)年八月にも、第十代将軍足利義稙 (よしたね) に追伐されたが、後、義稙・義澄らに頼られ、これを援助した。

「栗太郡(くりもとのこほり)鈎(まがり)の里」現在の滋賀県栗東(りっとう)市上鈎(かみまがり)に陣屋跡が残る(グーグル・マップ・データ)。

「十五間の馬屋」「伽婢子卷之六 伊勢兵庫仙境に至る」の私の注の「十五間の厩(むまや)」の「新日本古典文学大系」版脚注からの引用を参照。

「蘆毛」馬の毛色の名。栗毛・青毛・鹿毛(かげ)の毛色に、年齢につれて白い毛がまじってくるもの。一般に灰色の毛色を呈している馬を指す。肌は黒っぽく、生えている毛は白いことが多い。「蘆」はアシ(=ヨシ)の芽生えの時の青白の色に因んだ呼称である。また、それを白葦毛・黒葦毛・連銭(れんぜん)葦毛などにも分ける。

「河原毛」被毛は淡い黄褐色から、艶のない亜麻色までを含み、長毛と四肢の下部は黒色を呈する馬を指す。

「馬取り」馬の口取り。馬丁。]

« 伽婢子卷之十三 山中の鬼魅 | トップページ | 伽婢子卷之十三 恠を話ば恠至・奥附 / 伽婢子(本文)~了 »