フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 譚海 卷之四 阿州鳴戶鯛の事 | トップページ | 第一書房版「萩原朔太郞詩集」(初収録詩篇二十一篇分その他)正規表現版 「靑猫(以後)」 大砲を擊つ »

2022/01/11

甲子夜話卷之六 37 以前は女子外行には帽子を用ひし事

 

6―37 以前は女子外行には帽子を用ひし事

予が若年の頃迄は、いづ方も奧の女の外行するには、總じて帽子を戴ことなりき。相互に緣家の夫人、年始其餘の往來にも、侍女の步行する者は皆これを冒たり。時の時ゆゑさも有べし。其頃は今と違ひ、所々の奧方など戲場にも構なく往たるに、其供に從るもの、皆帽子をしえ桟鋪に幷居るなり。又郊外野遊のときも同じ。俳諧の發句に、

 奧方と見えて帽子の野がけ哉

と云句あり。其時のありさま知べし。これ武家のみならず、町人も身を持たる輩は、時の時帽子を用たり。夫ゆゑ今帶解の祝儀とて、霜月に少女の社詣するとき、必帽子を冒る。是のみ世に遺りて、武家の女中、貴家と雖もこれを不ㇾ用。況んや小侯、御旗本衆の婦女、絕て其體を見ず。最いかゞしきは、十年前より婦女手巾を冒て往來す。商家、農婦等はさもあるべし。士人の婦女も往々其體を見る。殊に甚しきは、何方に宮仕の女が宿下と覺しき體の者、總摸樣の衣服、天晴屋敷女中の容體なるが、頭に木綿の手巾を冒たり。戎服せし人の冠を戴き、烏帽子を着て裸體なる者あらば、いか計か人々咲ふべし。淺ましき風俗ならずや。因て予は彼帽子を冒らしめし妾婢を從行せしめんと思へど、世上に對して異を好と人よりは見んか。又好古癖とせんか。是非なく其事をも遂ざる世の中には成ぬ。

■やぶちゃんの呟き

「外行」「そとゆき」。

「帽子」ここで静山が言っている帽子は「揚げ帽子」であろう。塵よけとして用いていた被りもので、布の中央を髷の前髪に被せ、両端を髷の後ろに回して止めたもので、髷の前頭はその間からのぞいており、全体をカバーするものではない。形が蝶に似ていることから「揚げ羽帽子」とも呼ばれた。

「戴」「いただく」。

「冒たり」「かぶりたり」。

「戲場」歌舞伎の芝居小屋。

「構なく往たる」「かまひなくゆきたる」。

「從る」「したがへる」。

「桟鋪」「さじき」で「桟敷」に同じ。

「幷居る體なり」「ならびゐるていなり」。

「奧方と見えて帽子の野がけ哉」作者不詳。

「用たり」「もちひたり」。

「帶解」(おびとき)「の祝儀」着物の付け紐を取り去って、初めて普通の帯を締める祝い。中世の末頃から男女とも五歳、のちに女児七歳の十一月吉日に行った。江戸中期頃からは十一月十五日の「七五三」に移行した。「ひもとき」「おびなほし」。

「手巾」「しゆきん」。手拭い。これを被るのを「吹き流し」と称した。

「何方に」下へのかかりから、「いづこかに」と訓じておく。

「宿下」「やどさがり」。

「總摸樣」「そうもやう」。女性の和服にあって全体に模様を施した相応に豪華な着物。

「天晴」「あつぱれ」。『これ、どう見たって、一目瞭然、武家の「屋敷女中」と判る女が』の意。

「頭」「かしら」と訓じておく。

「戎服」「じゆうふく」。軍装。

「いか計か」「いかばかりか」。

「咲ふ」「わらふ」。

「妾婢」「せふひ」。妾(めかけ)や侍女。

「從行」「じゆうかう」。

「好」「このむ」。

「好古癖」「かうこへき」。古い時代の物事・器物などを好む気質。

「遂ざる」「とげざる」。

「成ぬ」「なりぬ」。

« 譚海 卷之四 阿州鳴戶鯛の事 | トップページ | 第一書房版「萩原朔太郞詩集」(初収録詩篇二十一篇分その他)正規表現版 「靑猫(以後)」 大砲を擊つ »