フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 毛利梅園「梅園介譜」 水蟲類 獨螯蟹(テンボウガニ) / シオマネキ | トップページ | 萩原朔太郎詩集「定本 靑猫」正規表現版 月夜 »

2022/01/27

毛利梅園「梅園介譜」 水蟲類 猿猴蟹(ヱンコウガニ) / ケンナシコブシ

 

[やぶちゃん注:底本のここからトリミングした。]

 

Enkougani

 

猿猴蟹【「ゑんこうがに」。筑前柳川産。】

 

[やぶちゃん注:「エンコウガニ」は現在の和名では十脚目短尾(カニ)下目オウギガニ上科エンコウガニ科エンコウガニ属エンコウガニ Carcinoplax surgensis に与えられているが、同種は「ぼうずコンニャクの市場魚類図鑑」の同種のページの画像を見て判る通り、この図のような背部全身に見られる棘状突起は持たず、甲はすべすべしていて、しかも、赤みを帯び、甲部の形状がまるで異なるから、本種ではない(「猿猴」はサルを指す。エンコウガニは猿の顔の形をしていて、且つ、甲が赤いことから命名されたものである)。このような、激しい棘状突起を有するのは、調べた限りでは、

短尾下目 Leucosioidea上科コブシガニ科エバリア亜科Ebaliinae Urashima 属ケンナシコブシ Urashima pustuloides

しかいないように思われる。英文サイトWorld Register of Marine SpeciesWoRMS」のこちらのデータ及び画像の「C」を見られたい。図と酷似することが判る。本種に同定する。深海性(水深三百二十~三百六十メートル附近)のカニである点で、梅園が入手した出来たことは、やや疑問だが(当時の底引網漁で採れなくはあるまい)、本邦に広く分布するようである。サイト「日本十脚目写真館」のこちらの画像が鮮やかである。ただ、その分、本図とはちょっと違って見えるが、梅園の入手したものは、既に死んだ個体で、時間を経た乾燥標本であれば、違和感はない。ただ、入手地を「筑前柳川」とするとなると、ちょっと疑問で、有明海の最深点は湾口部の湯島西方で、それでも百六十五メートルしかない点である。或いは、本種の死亡個体が、有明海の外の深海底で亡くなり、それが漂って、柳川近くまで浮上したものが、漁師の底引網に掛かったとすれば、あり得ぬことではないと私は思う。色がくすんでしまった理由もそれで説明がつくようにも感ずる。他種であるとすれば、御教授戴けると幸いである。]

« 毛利梅園「梅園介譜」 水蟲類 獨螯蟹(テンボウガニ) / シオマネキ | トップページ | 萩原朔太郎詩集「定本 靑猫」正規表現版 月夜 »