フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郞「拾遺詩篇」初出形 正規表現版 放蕩の虫 | トップページ | 萩原朔太郞「拾遺詩篇」初出形 正規表現版 ありや二曲 »

2022/02/22

萩原朔太郞「拾遺詩篇」初出形 正規表現版 暮春詠嘆調

 

 暮春詠嘆調

               夢みるひと

 

   ×

 

年(とし)ひさしくなりぬれば

すべてのことを忘(わす)れはてたり

むざんなる哉(かな)

かばかりのもよほしにさへ

淚(なみだ)も今(いま)はみなもとをば忘(わす)れたり

 

   ×

 

人目(ひとめ)を忍(しの)びて何處(いづこ)に行(ゆ)かん

感(かん)ずれば我(わ)が身(み)も老(お)ひたり

さんさんと柳(やなぎ)の葉(は)は落(お)ち來(く)る

駒下駄(こまげた)の鼻緖(はなを)の上(うへ)に落日(おちび)は白(しろ)くつめたし

 

[やぶちゃん注:大正二(一九一三)年十月四日附『上毛新聞』に発表された。

・「淚(なみだ)も今(いま)はみなもとをば忘(わす)れたり」は「淚も今は/みな/もとをば忘れたり」(淚も今は皆元をば忘れたり)ではなく、「淚も今は/みなもとをば/忘れたり」)淚も今は源をば忘れたり)であろう。

・「老(お)ひたり」はママ。

言っておくが、この発表時、萩原朔太郎は満二十六歳である。

 五月蠅いので、読みの除去版を示す。

   *

 

 暮春詠嘆調

               夢みるひと

 

   ×

 

年ひさしくなりぬれば

すべてのことを忘れはてたり

むざんなる哉

かばかりのもよほしにさへ

淚も今はみなもとをば忘れたり

 

   ×

 

人目を忍びて何處に行かん

感ずれば我が身も老ひたり

さんさんと柳の葉は落ち來る

駒下駄の鼻緖の上に落日は白くつめたし

 

   *

 なお、「習作集第八巻(愛憐詩篇ノート)」に「ゆく春のうたありや」(太字は底本では傍点「ヽ」以下同じ)言わずもがなであるが、「ありや」は「アリア」のこと)という草稿があり、その中に、本篇の草稿がある。しかも、編者注によれば、ノート『卷末の目次では「暮春詠嘆調」という題名を附している』とある。以下に同草稿全部を示す。

   *

 

 ゆく春のうたありや

 

としひさしくなりぬれば

すべてのことを忘れはてたり

むざんなるかな

かばかりのもよほしにさヘ

淚もそのいまはみなもとをば忘れたり

 

     ×

 

ひとりありて何をか思ふ

けふもまたそのあかき書(ふみ)を讀まんとする

けふもまた哀しきまなこもて

その赤き書(ふみ)を讀まんとするか

ひとまをいでゝ遠きを見よ

いま初夏きたり、あめつちこぞりて明るきに靑明な

 

     ×

 

夕ぐれとなりてものみなは形をうしなひ

ちまたのうち

露路のかげより人步み來る

かゝるとき

ものゝにほひに淚をながしつゝ

われはまだ知らぬ戀にこがれ行く

 

     ×

 

人目をしのびていづこに行かむ

感ずればわが身も老ひたり

さんさんと柳の葉は落ち來る

駒下駄の鼻緖うへに落日は白くつめたし

 

     ×

 

えこそわすれめや

そのくちづけのあとやさき

流るゝみづをせきとめし

われかのきはの靑き月の出

 

     ×

 

雨おとし來らんとして

沖につばなの花咲き

くらげは渚にきて靑く光れり

砂丘にのぼりて一人遠きを望む

いまわが身のうへに好しと思ふことありけり、

 

   *

第一連と第四連が本篇の草稿である。最終連の「沖につばなの花咲き」というのはちょっと躓く。「つばな」は「茅花」でチガヤの花穂を指すからだが、前の「雨おとし來らんとして」から、海が荒れて白波が立っているのをかく比喩したものと読める。或いはそれを「津花」と洒落たのかも知れぬ。なお、本詩篇は間違いなく「エレナ」詩篇である。まず、第二連の「あかき」「赤き」「書(ふみ)」である。萩原朔太郎自作製本になる「ソライロノハナ」(リンク先は私のマニアックな注附きの一括縦書PDF版)は現物を展覧会で見たが、本文の一部に薄い赤い斑の下地紙を用いているのである。「われはまだ知らぬ戀にこがれ行く」とは、終生、彼が幻像として聖なるものに昇華・個執化させたエレナへのそれ(心傷)以外には考えられず、而して最終連のそれはまさに「ソライロノハナ」で描かれた大磯のシークエンスを髣髴させるからである。なお、次の「ありや二曲」も参照のこと。

« 萩原朔太郞「拾遺詩篇」初出形 正規表現版 放蕩の虫 | トップページ | 萩原朔太郞「拾遺詩篇」初出形 正規表現版 ありや二曲 »