フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 毛利梅園「梅園介譜」 蛤蚌類 寄居蟲(ガウナ) / ウミニナの殻に入ったヤドカリ類 | トップページ | 筑摩書房「萩原朔太郞全集」(初版)「拾遺詩篇」初出形 正規表現版 始動 / 絕句二篇 感謝 古盃 »

2022/02/19

毛利梅園「梅園介譜」 蛤蚌類 鹽吹貝(シヲフキ) / シオフキ

 

[やぶちゃん注:底本の国立国会図書館デジタルコレクションのここからトリミングした。なお、そこに一つ残した「キケウ貝」は未だに全く種を比定出来ないので、ペンディングして後を続けることとする。]

 

Siwohuki

 

鹽吹貝(しをふき)

 

癸巳(みづのとみ)初夏十四日、眞写す。

 

[やぶちゃん注:斧足綱異歯亜綱バカガイ科バカガイ属シオフキ Mactra veneriformis

である。私のサイト版「和漢三才圖會 卷第四十七 介貝部」の「蛤蜊(しほふき)」、及びブログの「大和本草卷之十四 水蟲 介類 鹽吹貝」を参照されたい。前者では、和名について、『其の大いさ、二寸ばかり、圓く、灰白色。花文無く、紫の唇。殻、薄く、光滑〔=光沢〕無く、横、同色の文理(もんり)、有り。其の肌、鹽粉を吹き出せるがごとし。故に鹽吹貝と名づく』という私にとっては目から鱗の解説が載っているのである。勢いよく水管から潮水を吹き出すからじゃあ、ないんだな、これが!

「癸巳(みづのとみ)初夏十四日」天保四年四月十四日。一八三三年六月一日。]

« 毛利梅園「梅園介譜」 蛤蚌類 寄居蟲(ガウナ) / ウミニナの殻に入ったヤドカリ類 | トップページ | 筑摩書房「萩原朔太郞全集」(初版)「拾遺詩篇」初出形 正規表現版 始動 / 絕句二篇 感謝 古盃 »