フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎詩集「定本 靑猫」正規表現版 市街之圖 | トップページ | 毛利梅園「梅園介譜」 水蟲類 濵蟹 / モクズガニ (附・驚くべき長野県犀川などの遡上個体について) »

2022/02/04

毛利梅園「梅園介譜」 水蟲類 濵蟹 / イシガニの幼体

 

[やぶちゃん注:底本の国立国会図書館デジタルコレクションのここからトリミングした。]

 

Hamagani

 

濵蟹

濵川の産。故に名とす。釣士隱老、「之れを捕りさせし。」と持ち歸り、送る。于時[やぶちゃん注:「時に」であろう。]天保酉年八月十八日、寫す。往々、雜魚(ざこ)の中に、蛤(はまぐり)の中に交じり耒(きた)る。

 

[やぶちゃん注:いろいろ考えたが、甲羅全体のずんぐりした形、及び、額棘が鋭いこと、第五脚が遊泳脚になっていること、「雜魚(ざこ)の中に、蛤(はまぐり)の中に交じり耒(きた)る。」という謂い(私には大きくはないと読める)から、

抱卵亜目短尾下目イシガニ属イシガニ Charybdis japonica の幼体

と踏んだ。本種については当該ウィキ、及び、「ぼうずコンニャクの市場魚類図鑑」の同種のページ(画像はこちらがよい)見られたい。

「濵蟹」短尾下目イワガニ上科モクズガニ科 Cyclograpsinae 亜科ハマガニ属ハマガニ Chasmagnathus convexus がいるが、当該ウィキを見て戴ければ判ると通り、図の形状と全く合わないので違う。

「濵川」幾つかある地名であるが、刺し釣りして、梅園の元に持ち来たるに遠くない位置を考え、私は現在の東京都品川区南大井及び東大井附近の鮫洲の南の、旧北濱川及び南濱川と考える。現在は小学校の名前などに残るだけで、埋立によって内陸と勝島運河しかないが、「今昔マップ」のこちらを見ると、昭和十年頃までは海浜であったことが判る。

「釣士隱老」実名を伏したところをみると、相応の武家の隠居か。

「天保酉年八月十八日」天保八年丁酉(ひのととり)。グレゴリオ暦一八三七年九月十七日。]

« 萩原朔太郎詩集「定本 靑猫」正規表現版 市街之圖 | トップページ | 毛利梅園「梅園介譜」 水蟲類 濵蟹 / モクズガニ (附・驚くべき長野県犀川などの遡上個体について) »