フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 『萩原朔太郞「拾遺詩篇」初出形 正規表現版』の「山頂」について | トップページ | 萩原朔太郎が大島へ以前に一度行ったことがあると証言している随筆二篇「大島行」及び「春の旅」の電子化 »

2022/02/27

萩原朔太郎が大島に二度行っている事実を迂遠に検証することとする

 次の『萩原朔太郞「拾遺詩篇」初出形 正規表現版」は「南の海に行きます」なのだが、その詩の中で、朔太郎は淺間の山の雪も消え」ているのを遠く臨み、「けふ利根川のほとりに來てみ」たりしているので、前橋らしき場所にいるのであるが、しかし、「ああ、けれども私はさびしく、/いまはひとりで旅に行く行く、/ながい病氣の巢からはなれて、/つばきの花咲く南の島へと行かねばならぬ、/つばめのやうに快活に、/とんでゆく、とんでゆく。」と詠じている。「つばきの花咲く南の島」とは、当然、大島と考えてよい。この詩は大正四(一九一五)年二月号『侏儒』に発表されたもので、詩篇末尾には『――二月一日――』というクレジットが記されてあるのである。

 ところが、大正四年はおろか、それ以前にも、大島に行ったという記事は年譜には、ない。彼が大島に行ったことが、年譜上で確認出来るのは、ずっと後の、晩年の満四十九の昭和一一(一九三六)年一月十一日の条に、『丸山薰と伊豆大島に行く』とあって、『丸山薰が案内役となって、十一日夜、橘丸(千七百トン)で靈岸島を出航。途中下田に寄港、同地を見物。十二日夕刻、大島着。波浮港の「湊屋旅館」に一泊。宿近くの店でアンコ娘の大島節をきき』、『酒を酌む。十三日、藤倉學園』(現在もある障害者支援施設)『を見學して歸京』とあった後に、『この折の紀行文「大島行」で「僕は昔、十年程前、一度大島へ行つたことがある」と記しており、「春の旅」にも、以前に一人で大島に行ったことが書かれてある』と注記があるのであるが、以上で述べた通り、この昭和十一年より前の年譜には、その記載は全くないのである。

 彼がこの詩篇を書いた時――そのつもりだったが、結局、大島に行かなかった――という可能性もあろう。その「大島行」というエッセイの「十年程前」というのは、一九二五年前後で、大正末頃のとなり、時間概念が萩原朔太郎によく見られる非一般的感覚時制であるなら、ぎりぎり十九年前でも「アリ」かも知れぬ。何より「春の旅」で「一人で大島に行つた」とあるのは、「南の海に行きます」の「私はさびしく、」「いまはひとりで旅に行く」、「つばきの花咲く南の島へと行かねばならぬ」という謂いとよく共鳴するのである。

 年譜頼みは、私の本意でない。

 いっそ、その二篇にエッセイを電子化して示すに若くはない。ネット上には電子化したものはないようだから、これも何時か誰かの役にも立つやも知れぬ。これより取り掛かることとする。

« 『萩原朔太郞「拾遺詩篇」初出形 正規表現版』の「山頂」について | トップページ | 萩原朔太郎が大島へ以前に一度行ったことがあると証言している随筆二篇「大島行」及び「春の旅」の電子化 »