フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郞「拾遺詩篇」初出形 正規表現版 竹 | トップページ | 『萩原朔太郞「拾遺詩篇」初出形正規表現版』の「夜景」・「たびよりかへれる巡禮のうた」・「祈禱」・「小春」について »

2022/02/28

萩原朔太郞「拾遺詩篇」初出形 正規表現版 竹の根の先を掘るひと

 

 竹の根の先を掘るひと

 

病氣はげしくなり

いよいよ哀しくなり

三ケ月空にくもり

病人の患部に竹が生え

肩にも生え

手にも生え

腰からしたにもそれが生え

ゆびのさきから根がけぶり

根には纎毛がもえいで

血管の巢は身體いちめんなり

ああ巢がしめやかにかすみかけ

しぜんに哀しみふかくなりて憔悴れさせ

絹糸のごとく毛が光り

ますます鋭どくして耐えられず

ついにすつぱだかとなつてしまひ

竹の根にすがりつき、すがりつき

かなしみ心頭にさけび

いよいよいよいよ竹の根の先を掘り。

 

[やぶちゃん注:大正四(一九一五)年二月号『卓上噴水』に発表された。

・「三ケ月」は「三日月」。

・「憔悴れさせ」は「やつれさせ」と私は二字に当て訓して読む。以下の草稿を見よ。

 さて、本篇も「竹」詩篇関連で何回も電子化し、言及もしているのだが、本篇自体の一つの草稿を電子化していなかった。それを以下に示す。筑摩版全集の『草稿詩篇「拾遺詩篇」』に載る以下の無題のもの二種である。歴史的仮名遣の誤りや誤字は総てママ。

   *

 

  

 

病氣おもくなりはげしくなり

いよいよ哀しくなり

月は三ケ月そらにうすぐもりにくもり

人の氣のからだぢう肢體に竹が根え

その肩にも竹が生え

手にも生え

指のさきから根がけぶり

はだかになれば

迷走神走の血管中にの巢は身體いちめんなり

みよみよすでに

ああすでに哀しみきはまりて

ああじつにおとろへますます哀しみつらくなり

すでにすつぱだかになりて

竹の根にすがりつき、すがりつき、

いよいよいよいよ哀しくなり。

あきらめほそきあきらめ竹の根のさきを掘

 

 

  

 

病氣はげしくなり、

はつ春ちかく、(いよいよ悲しくなり)

三ケ月空にうすくもり、

病氣の肢體 の患部に に竹が生え、(病入の患部に竹が生え)

肩にも竹が生え

手にも生え

腰からしたにもそれが生え

指のさきから根がけぶり

根には纖毛がけぶりもいで

絹糸のごとく毛が光り

血管の巣は身體いちめんなり、

ああ巢がしめやかにはびこりかすみかけ、

しづにしづにそれが自分を

しぜんに哀しみふかくなりて全身わが身を★憔悴//やつれ★させ

[やぶちゃん注:「★」「//」は私が附した。「憔悴」と「やつれ」が併置残存していることを示す。]

ますます、鋭どくしてたえられず

ついにすつぱだかとなつてしま へば

竹の根にすがりつきすがりつき

いよいよいよ われがさびしく なり なりてなみだぐみ哀しくなり、

あきらめ、あきらめ竹の根の尖を堀り。

絹糸のごとく毛が光り。

 

   *

 なお、萩原朔太郎の病的な広義の竹や竹の根をモチーフとした「竹」関連詩群は、これだけで一冊の研究書や病跡学書が書けるもので、私の記事を集成したものとしては、

萩原朔太郞詩集「蝶を夢む」正規表現版 巢

の注がよかろうかとは存ずる。見られたい。]

« 萩原朔太郞「拾遺詩篇」初出形 正規表現版 竹 | トップページ | 『萩原朔太郞「拾遺詩篇」初出形正規表現版』の「夜景」・「たびよりかへれる巡禮のうた」・「祈禱」・「小春」について »