フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 『萩原朔太郞「拾遺詩篇」初出形 正規表現版』の「ふるさと」について | トップページ | 萩原朔太郞「拾遺詩篇」初出形 正規表現版 虫 »

2022/02/24

萩原朔太郞「拾遺詩篇」初出形 正規表現版 秋日行語

 

 秋日行語

               夢みるひと

 

ちまた、ちまたを步(あゆ)むとも

ちまた、ちまたに散(ち)らばへる

秋(あき)の光(きかり)をいかにせむ

たそがれどきのさしぐめる

我(わ)が愁(うれひ)をばいかにせむ

 

捨身(すてみ)に思(おも)ふ我(わ)が身(み)こそ

びいどろ造(づく)りと成(な)りてまし

うすき女(をんな)の移(うつ)り香(か)も

今朝(けさ)の野分(のわき)に吹(ふ)き散(ち)りて

水(みづ)は凉(すゞ)しく流(なが)れたり

薄荷(はつか)に似(に)たるうす淚(なみだ)

 

[やぶちゃん注:大正二(一九一三)年十月七日附『上毛新聞』に発表された。標題は「しうじつかうご」と読んでおく。「習作集第九巻(愛憐詩篇ノート)」に「小曲集」という草稿があり、その中に、本篇の草稿がある。全部を示す。

   *

 

 小曲集

 

すて身に思ふわが身こそ

びいどろつくりとなりてまし

うすき女の侈り香

けさの野分に吹きちりて

水はすゞしく流れたり

薄荷に似たるうす淚

 

     Ⅱ

 

ちまたちまたを步むとも

ちまたちまたに散らばへる

秋の光をいかにせむ

夕ぐれときのさしぐめる

かゝるうれひをいかにせむ

 

     Ⅲ

夕日も海にかぎろへば

一むら雀つらなめて

空の高きをすぎ行けり

我はうれひにしづみつゝ

遠き坂をば降りて行く

 

     Ⅳ

 

靑くしなへる我が指の

リキュールグラスにふるゝとき

生れつきとは思へども

佗しく見ゆく爪形を

さしもにくしと思ふなり

 

     V

 

        (便なき幼子のうたへる、)

うすらさびしき我が身こそ

利根の河原の石ひろひ

ひとり岸浪をさまよひて

今日も小石を拾ふほど

七つ八つとなりにけり

 

     Ⅵ

 

君はそれとも知らざれど

わが手にもてる草花の

うすくにぢめる淚にも

男ごゝろのやるせなき

うれひの節(ふし)はこもりたり

 

   *

「Ⅰ」に当たる標題はない。その第一連三行目の「侈り香」はママ。「Ⅳ」の四行目「見ゆく」は「見ゆる」の誤字か。「Ⅵ」の三行目の「にぢめる」はママ。

 第一連と「Ⅱ」を反転させて手を入れてある。但し、実はこの本篇の第一連(草稿の「Ⅱ」)だけを見ると、これは以上の草稿に先行する「習作集第八巻(愛憐詩篇ノート)」の巻末目次で「稚子他二篇」とする内の最後の一篇と、読点まで完全に一致する相同詩篇が見出される。その「稚子他二篇」は、『昭和二三(一九四八)年小學館刊 「萩原朔太郎詩集 Ⅴ 遺稿詩集」 電子化注始動 / 表紙・背・裏表紙・扉・「遺稿詩集に就て」(編者前書) / 「第一(「愛憐詩篇」時代)」 鳥』の詩篇「鳥」の注の中で全部電子化してあるので参照されたい。

« 『萩原朔太郞「拾遺詩篇」初出形 正規表現版』の「ふるさと」について | トップページ | 萩原朔太郞「拾遺詩篇」初出形 正規表現版 虫 »