フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 筑摩書房「萩原朔太郞全集」(初版)「散文詩・詩的散文」初出形 正規表現版 「鼠と病人の巢」(添え題は「密房通信」)について | トップページ | 毛利梅園「梅園介譜」 蛤蚌類 蒲蔔貝(ブトウガイ) / タマエガイ »

2022/03/04

筑摩書房「萩原朔太郞全集」(初版)「散文詩・詩的散文」初出形 正規表現版 言はなければならない事

 

 言はなければならない事

 

 私は子供のときからよくかういふ事を考へるくせがある。自分が若しある何等かの重大なる神罰を蒙るとか、又は氣味の惡い魔術にかゝるとかして……お伽話にあるやうに……私の肉體が人間以外の動物に變形した場合の生活はどうであるかと。

 たとへば私が人氣のない寂しい森を散步して居る中に、突然 Fairy といふやうなものが現れて私といふ人間を一疋の犬に變形してしまふ。

 私は尻尾をひきづりながら主人の家、ではない私自身の家に歸つてくる、私はいきなり懷かしい母の姿を見つけてこの恐ろしい事件の顚未を訴へやうと試みる。併し、母は一疋の見知らぬ犬としか私を認めてくれない。私がいろいろな仕方で、尻尾をふつたり、吠えたり、嘗めたりするにもかかはらず母には少しも犬の意志が通じない。そのうへ私が悲鳴をあげて泣き叫ぶにもかゝはらず、種々な迫害を加へた上、私を庭の外へ追ひ出してしまふ。[やぶちゃん注:「ひきづり」「顚未」「訴へやう」は総てママ。]

 世の中にこんな取り返しのつかない悲慘な出來事があろうか。犬の意志が人間に通じないと言ふことは驚くべき神の惡戲である。[やぶちゃん注:「あろうか」はママ。]

 而して、もちろん、詩人としての私は魔術にかゝつた犬である。

 

 動物が動物同志で會話するといふことは、驚くべきことである。[やぶちゃん注:「同志」はママ。]

 犬や、猫や、蛤や、鵞鳥の類が、人間に解らないある種の奇怪な言語、又は動作をもつて、全く人間の知らない未可見の事實を語りあつて居るといふことは、眞に驚くべきことである。

 彼等は人間のもつて居ない特種の官能機關をもつて居る。そして人間の見ることの出來ない物象を見て居る。人間の聽くことの出來ない音をきいて居る。未來に生ずべき天變地異を感知して居る。そして彼等はつねにかういふ隱れたる世界の秘密について語りあつて居る。二疋以上の動物が長いあひだ向ひ合つて居るのを見るときに、私は奇怪な恐怖からまつ靑になつてふるへあがる。[やぶちゃん注:太字は底本では傍点「﹅」。以下同じ。「機關」はママ。]

 どんな人間でも、彼等の言ふ言語の意味を考へる場合に戰慄せずには居られない筈である。

 

 私はまた、種種な動物に對して或る特種な感覺と恐怖と好奇心とを持つて居る。それで『動物心理學』や『生物哲學』のやうな書物をいつしんに硏究して見た。併しそれらの書物にはなんにも書いてなかつた。私はまつ白な紙と、人間の智識の淺薄なことにつくづく退屈してしまつた。

 

 私は時として私の肉體の一部がしぜんに憔悴してくることを感ずる。そのとき手に觸れた物象は、みるみる針のやうに細くなり、絹絲のやうになり、しまひには肉眼で見ることもできないやうな纖毛になつてしまふ。そしてその纖毛の先から更に無數の生(うぶ)毛が光り出し、煙のやうにかすんで見える。

 ぢつとそれをみつめて居るときに、私は胸のどん底から込みあげてくるところの、なんとも言ひやうのない恐ろしい哀傷をかんずる。[やぶちゃん注:「ぢつと」はママ。以下でも同じ。]

 私は兩手はいつぱいの力をこめて、その光る纎毛の一本を根(こん)かぎりにつかまふとする。眼にもみえざる白い生毛に私の全神經をからみつける。そんなかすかな哀れなものに、私の總體の重力で心ゆくばかりすがりつきたいのである。[やぶちゃん注:「兩手は」はママ。校訂本文は『兩手に』とする。「纎毛」の「纎」はママ。「つかまふ」はママ。]

 

 私の神經はむぐらもちのやうにだんだん深く地面の下へもぐりこむ。不幸にして私の肢體の一部が地面の上に殘つて居るとき、不注意な園丁がきて、それを力まかせに張りとばすのである。無神經な男の眼には木の根つ株かなんかのやうに見えたのである。しかし私の張りさけるやうな苦痛の絕叫をたれ一人として聞いてくれたものは此の地上にない。

 

 私はいつでも孤獨である。言語に絕えた恐ろしい悲哀を私一人でぢつと嚙みしめて居なければならない。生きながら墓場に埋められた人の絕望の聲を地上のだれがきくことが出來るか。

 私が根かぎり精かぎり叫ぶ聲を、多くの人は空耳にしかきいてくれない。

 私の頭の上を蹈みつけて此の國の賢明な人たちが斯う言つて居る。

『詩人の寢言だ』

 

 此の國でいちばん眞實のある人間は詩人である。少なくとも彼等は自分の藝術を賣物にして飯を食はふなどとは夢にも思つて居ない。(實際に於てもそれは不可能だ)。[やぶちゃん注:「食はふ」はママ。]

 考へても見ろ、どんな種類の人間が、肉を削るやうな苦しい思をして一文にもならない勞作をして居るか。言ふだけのことを言ひ切らねば、私は干物になつても死にきれない。

 

 自分の言ふ言葉の意味が、他人に解らないといふことはどんなに悲しいことであるか。自分の思想が他人に理解されないといふことは死刑以上の苦しみではないか。

 私はまいにち苦行僧のやうな辛苦を嘗めつくして居るにもかかはらず、私のもつて居りリズムの百分の一も表現することが出來ない。[やぶちゃん注:「居り」はママ。校訂本文は『居る』。]

 けれども萬一、私が『表現の秘訣』を握つたあかつきには、私は私の藝術を捨てることを躊躇しない。なんとなればそれ以上の藝術は、どんな人にとつても必要以上のぜいたくである。

 

 私の詩の生命は、創作後一時間乃至一晝夜である。少なくともその時間だけは立派に光つて見える。併しあとになつて私はいつも騙された人の憤怒と慚愧と失望とを感ぜずには居られない。私は翌月の雜誌に印刷された自分の詩篇に對し、羞恥でまつかの顏をしながら取消しを申込むものである。

 

 私は私の肉體と五官器以外に何一つ得物をもたずに生れて來た。そのうへ私は書物といふものを馬鹿にして居る。そして何よりもきらひなことは『考へる』といふことである。(詩を作る人にとつていちばん惡い病氣は考へるといふことである。中年の人はよく考へる考へるといふことを覺えた時その人は詩を忘れてしまつたのである)。[やぶちゃん注:「五官器」を校訂本文は『器』を衍字として除去する暴挙に出ている。寧ろ、ここは先の「機關」(「器官」の誤字)に徴して、「五官器官」或いは「五感器官」とするのが正しいのではないか? 喩え畳語になっても(それを避けるのなら、後者がとりよい)その方が朔太郎の意志に近いと私は信ずるものである。]

 そこで私の方針は、耳や、口や、鼻や、眼や、皮膚全體の上から眞理を感得することになつて居る。言はば私は生れたまゝの素つ裸で地上に立つた人間である。官能以外に少しでも私の信賴したものはなく、感情以外に少しでも私を敎育したものはなかつた。人間のつくつた學校はどこでも私を犬のやうに追ひ出した。

 

 五官を極度に洗練することによつて人はさまざまの奇蹟を見ることができるやうに成る。たとへば空氣色だの、音の色彩だの、密閉した箱の中にある物品だの。

 神秘と眞理と奇蹟とは三位一體である。

 

 眞理とは五感の上に建てられたる第六感の意義である。いやしくも五感以外の方法、たとへば考察や冥想や空想によつて神秘を感觸したと稱するものがあれば、それは詐僞師であるか狂人であるかの一つである。若しどつちでもないとすれば、救ふべからざる迷信に墮したものである。ウイリアム、ブレークの徒である。[やぶちゃん注:「詐僞師」はママ。「ウイリアム、ブレークの徒である」偏愛する幻視者にして神秘主義者ウィリアム・ブレイク(William Blake 一七五七年~一八二七年)を貶したここは極めて不快である。今後、似非幻想奇蹟偏執者や同族の詩人どもを「詐僞師」として辱める言葉として「萩原朔太郎の徒」という語を私は用いることとする。]

 

 詩とは五官及び感情の上に立つ空間の科學である。

 

 五感およびその上に健てられたる第六感以外に人間の安心して信賴すべきものは一つもない。[やぶちゃん注:「健てられたる」はママ。]

 天に達するの正しい路は感傷の一路である。

 

 私は私の驚くべき神經の Tremolo から色々な奇蹟を見る。その奇蹟が私を悲しませる。私の詩はすべて私の實感から發した『肉體の現狀』に關する報告である。私が言はなければならないことを言つたのは此の事である。[やぶちゃん注:「言はなければならないことを」の「を」はママ。]

 

[やぶちゃん注:大正四(一九一五)年五月号『詩歌』に発表された。

 これ以降の「拾遺詩篇」の草稿は現存しない。以後、この注は略す。]

« 筑摩書房「萩原朔太郞全集」(初版)「散文詩・詩的散文」初出形 正規表現版 「鼠と病人の巢」(添え題は「密房通信」)について | トップページ | 毛利梅園「梅園介譜」 蛤蚌類 蒲蔔貝(ブトウガイ) / タマエガイ »