フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 室生犀星 随筆集「天馬の脚」原本正規表現版 始動 / 澄江堂雜記 芥川龍之介氏の人と作 | トップページ | 室生犀星 随筆「天馬の脚」原本正規表現版 澄江堂雜記 芥川君と僕 »

2022/03/31

萩原朔太郎 未発表詩篇 無題(わたしはわたしの罰をおぽへてゐる……) / 附記――私がどうして筑摩版の抹消記号をそのまま使わないかということについて――

萩原朔太郎 未発表詩篇 無題(わたしはわたしの罰をおぽへてゐる……) / 附けたり――私が筑摩版の抹消記号をそのまま使わないかということについて――

 

 

わたしは死に頭わたしの罰をおぼへてゐる

いまこそわたしの頭痛

ああいたましい病の核をば

靑白い死の足音を

わたしは空にもみとめた

地の上にもみとめた

わたしはぢつと草の實をかみしめながら

淚ぐましい眼で見送つて居た

なやましい頭痛疾患のありかを知つて居る、影をつかまへて居る、

そして男は草の實そうして髮の毛をかみしめながら

病人は淚を

わたしは病人は淚をながしたきりきりと齒をかみしめた

そのとき遠くの草むらから

ぴつくりした虫けらの

大きないやにへんに大きなまつかの眼玉がとび出したのである、

 

[やぶちゃん注:底本は筑摩版「萩原朔太郞全集」第三巻の「未發表詩篇」の校訂本文の下に示された、当該原稿の原形に基づいて電子化した。表記は総てママである。なお、今回、私が附した抹消線+下線部は、編者が、その前後全体の抹消に先立って、部分抹消されたとする部分を示す。

 ここで言っておくと、一部のネット読者から、「何故、筑摩版全集の抹消を〈 〉や《 》で示さないのですか?」と問われたことがあるので、ここでもそれについて述べておくと、まず、筑摩版のそれをそのまま写すと、それは筑摩版のそのままのコピーとなり、記号を施している編者に〈おんぶに抱っこ〉となるのが、筑摩版校訂本文を盛んに批判している私個人の矜持として面目ないこととしてやれないというのが一つ、さらにこちらが実は本音であるのだが、先だって消した部分が、後から抹消した部分の中にあるのに、その古い前の抹消部とするものが、後で消したとするその前後にあるフレーズと、何の齟齬もなく繋がって違和感なく読める箇所が非常に多く見出せるのが不審だからである。則ち、原稿自体を見ることが出来ない我々にとっては、その前もって抹消されたという事実確認が、編者の判断を信用する以外にはないということになる。ところが、同全集の原稿写真を見るに、抹消線が入り乱れ、吹き出しで書かれ、原稿用紙の空き部分があれば、改案を好き勝手に書きなぐっているそれを、果して――これは前に削除したもの――これは後からの削除――と、精緻に正確に判読し得るものとは、私には到底、思えないからなのである(口幅ったいが、編者がその「いつ消したか?」の判断を間違えているかも知れない可能性のあるものを無批判には使えないということである)。なお、私は今まで、その前に削除されたとする部分は、総てに前後に半角の間隙を入れて分離することで、削除に時制上の断絶があるといことは区別出来るようには、必ず、やっているのである。今回のように、それが私の方法では示せない場合に限っては、それを注で言葉で述べているのである。

 されば、ここでは筑摩書房版に則って、かく表記してみたに過ぎない。向後も、これを使うつもりは、私には、ない。そういう私の意図を判って戴くために、今回のみ(非常に古い「萩原朔太郎」の電子化の中ではそれをやってあるものもあるが、果してそれが鑑賞に利するものかどうかは、私はクエスチョンだからである(研究者には意味があるだろうが、研究者はその場合、原稿原本に従うのが、言うまでもなく、基本であろう。しかし、多くの萩原朔太郎の論文では筑摩版からとして、そのまま〈 〉《 》で引用使用されてある)。

 削除を消去したものを以下に示す。

   *

 

 

 

わたしはわたしの罰をおぼへてゐる

なやましい疾患の影をつかまへて居る、

そうして髮の毛をかみしめながら

病人はきりきりと齒をかみしめた

そのとき遠くの草むらから

ぴつくりした虫けらの

へんに大きなまつかの眼玉がとび出したのである、

 

   *

なお、底本の校訂本文は一行目の「罰」を「罪」の誤記として消毒している。従えない。

« 室生犀星 随筆集「天馬の脚」原本正規表現版 始動 / 澄江堂雜記 芥川龍之介氏の人と作 | トップページ | 室生犀星 随筆「天馬の脚」原本正規表現版 澄江堂雜記 芥川君と僕 »