フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 狗張子卷之六 鹽田平九郞怪異を見る | トップページ | 毛利梅園「梅園介譜」 蛤蚌類 露貝・玉貝・空穗貝(ウツボガイ) / フクロガイ »

2022/03/11

毛利梅園「梅園介譜」 蛤蚌類 スダレ貝・サクラ / スダレガイ(二片・左右殻?)・サクラガイ(一部にピンク色を残した摩耗個体或いは白化個体左殻)・フジノハナガイの欠損片?

 

[やぶちゃん注:底本の国立国会図書館デジタルコレクションのここからトリミングした。左上方に「忘貝」のキャプションが侵入しているため、マスキングした。]

 

Sudaregai_20220311064001

 

スダレ貝 【三種。】

 

[やぶちゃん注:以下、上から三番目の個体に附されたキャプション。]

此の者をば、「さくら」とも言ふ。

 

「後六々貝合和哥」

    左一番 すだれ貝

     波かゝる吹上の濵のすたれ貝

      風もぞをろす急きひろわん

 

[やぶちゃん注:上の二個体は既に出た

斧足綱異歯亜綱マルスダレガイ目マルスダレガイ超科マルスダレガイ科 Paphia 属スダレガイ Paphia euglypta

として問題ない。下方の二つの殻片は明らかに異種である。

 中央のそれはキャプションを信ずるなら、

マルスダレガイ目ニッコウガイ科サクラガイ属サクラガイ Nitidotellina hokkaidoensis の後背縁端に僅かにピンク色を残した摩耗脱色個体或いは白化個体(アルビノ)の左殻

としてよいか。

 困るのは一番下のもので、石畳状の強い放射肋が見られるが、形が明らかにおかしく、二枚貝の殻片の殻頂の前後縁の一部を残した、恐らくは左殻である。一つ考えたのは、

異歯亜綱マルスダレガイ目フジノハナガイ超科フジノハナガイ科フジノハナガイ属フジノハナガイ Chion semigranosa の内の放射肋が強い茶色(放射肋の強弱・色ともに個体変異が多い)の個体の欠損片?

という候補立てであったが、他の種でも幾らもあり得るので、特にこれであるとは推さない。

「後六々貝合和哥」「後」はいらない。さんざん出た「六々貝合和歌」である。『毛利梅園「梅園介譜」 蛤蚌類 簾貝 / スダレガイ』で既出既注。]

« 狗張子卷之六 鹽田平九郞怪異を見る | トップページ | 毛利梅園「梅園介譜」 蛤蚌類 露貝・玉貝・空穗貝(ウツボガイ) / フクロガイ »