フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎 未発表詩篇 庭 | トップページ | 狗張子卷之七 飯森が陰德の報 »

2022/03/17

萩原朔太郎 未発表詩篇 無題(はかりかねたる汝の罪だ……)

 

 

 

はかりかねたる汝の罪だ

汝はその高きところよりみそなはす神に懺悔し

あけくれ懺悔しはや縊死にも及ばんとし……

されども愛は高き天上よりみそなはすところにある

 

[やぶちゃん注:底本は筑摩版「萩原朔太郞全集」第三巻の「未發表詩篇」の校訂本文の下に示された、当該原稿の原形に基づいて電子化した。編者注があり、『ノートより』とある。本篇には同全集の『草稿詩篇「未發表詩篇』に以下の草稿が載る。表記は総てママ。

   *

 

 

 

はかりかねたる汝の心だ

されど汝はその高きところにまします神に懺悔し淚にくれ祈り、

さわらびの エホバよ何時になんの愛がある

エホバよ汝のなんのにくしみがある

懺悔し凍死しあけくれ縊死にも及ばんと

されども汝は死愛は高き天上よりみそなはすところにある

ああゆきふり、あまつさへゆきふり、木ぬれを透きて鴨は樹上に光る までまで

人々の手に銃砲光る、

師走、汝が光るまで聖書の光るまで、つみびとの淚ぐましき草の莖

ああみよふくみて出づるものはわらびの芽

雪わりぐさの芽、

ああ、はかりかねたる 罪びとの心だ

人はゆくゆく疾患を忘れんとするにさへ

エホバ、汝は

 

   *

後に編者注があり、『本篇冒頭に「ダークのあやつり」とあるが、題名かどうかはっきりしない。』とある。この「ダークのあやつり」とは、イギリスの操り人形劇団「ダーク一座」のことである。個人ブログ「見世物興行年表」のこちらに、非常に詳細な「ダーク一座」の本邦での興行履歴と劇団の経緯が記されてあるので参照されたいが、明治二七(一八九四)年五月に初来日して以降、明治三八(一九〇五)年までの公演記録が載る。実は、萩原朔太郎には、少年時に、前橋で、ダーク一座を見た思い出を綴った「ダーク操り人形印象記」が存在する。これは昭和六(一九三一)年五月号『マリオネツト』に発表されたものだが、まことに幸いなことに、初出誌のものかとも思われる同作(正字正仮名)がPDFで、ここで、ダウン・ロード出来るのである。是非とも保存をお薦めするものである。なお、前記「見世物興行年表」を調べたが、ダーク一座が前橋で興行した記録は見つからなかった。しかし、PDF版を見られると判るが、冒頭、朔太郎は回想して、『冬近い鄕里の町の四辻で、僕がこの珍しい廣告を見たのは、小學校に通つてゐる幼年の時のことであつた。』とあり、その前に興行公告が示され、そこに『於當地』『柳座劇場』とあるのである。この「柳座劇場」は調べると、当時は県内屈指の芝居小屋で、現在のこの附近(グーグル・マップ・データ)にあったもので、ここは朔太郎の生家の東北直近にあることが判るのである。朔太郎は明治二十六年四月に群馬県立尋常師範学校附属小学校に入学し(数え七歳)、明治三十三年三月に同小学校高等科を修了して、同四月に県立前橋中学校に入学している(数え十五歳)。年譜にはダーク一座の名はないが、まさに来日した明治二十七年の小学校二年生の条には、『フランスの』『映畫「醉人の夢」「舟遊び」などを見た』とあるから、結構なハイカラである(と言っても、私も小学二年生の夏休みに「ウエストサイド物語」を従兄弟のお兄さんに連れられて見たのだったな)から、この時、ダーク一座が前橋に来て(前橋での興行記録は以降にもないのだが)、それを見たとしてもなんらおかしくはない。]

« 萩原朔太郎 未発表詩篇 庭 | トップページ | 狗張子卷之七 飯森が陰德の報 »