フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 筑摩書房「萩原朔太郞全集」(初版)「散文詩・詩的散文」初出形 正規表現版 言はなければならない事 | トップページ | 毛利梅園「梅園介譜」 蛤蚌類 鳴戸螺(ナルトホラ) / コナルトボラ・アオモリムシロ »

2022/03/04

毛利梅園「梅園介譜」 蛤蚌類 蒲蔔貝(ブトウガイ) / タマエガイ

 

[やぶちゃん注:底本の国立国会図書館デジタルコレクションのここからトリミングした。ここにある全十六図(同一個体の裏・表でもそれぞれを一つと数えて)は右下方に「此數品武江本鄕住某氏町醫所持見ㇾ自予寫ヿヲカフ故天保五年九月初一日眞寫」(此の數品(すひん)、武江本鄕住(ぢゆう)、某氏、町醫の所持より見つ。予、寫すことを願がふ。故(ゆゑ)、天保五甲午(きのえむま)年九月初一日(しよついたち)、眞寫す。)と、写生対象についての経緯及びクレジットがある。グレゴリオ暦で一八三四年十月三日である。]

 

Budougai

 

蒲蔔貝(ブドウガイ)[やぶちゃん注:漢字表記はママ。「葡萄」の誤字。]

 

其の形、此(か)くのごとくにして、貝の合はせ目ありて、開かず。只、尾(を)に、穴、各(おのおの)一つ、あり。貝は「たいらぎ」の丸さに似たり。貝、甚だ、うすし。

 

    裏

 

 

[やぶちゃん注:図鑑を何冊もひっくり返し、ネットで調べて、やっと、

斧足綱翼形亜綱イガイ目イガイ超科イガイ科タマエガイ属タマエガイ Musculus cupreus

に比定することとした。吉良図鑑によれば、『殻はほぼ三角形でよく膨れ』、『殻頂は膨大して秀でる。殻は前後区と中央区とに明確に区画され』、『前後区は放射脈を刻み』、『中央区は僅かに凹み』、『平滑である。紫褐色で内面は真珠光沢があ』るとあり、分布域は『本州中部以南潮線下』とある。貝が合わせてあって、開かないというのは不審で(採集者が別々な個体の左右を糊で合わせて所持者に渡した可能性が考えられる。とすれば、孰れの個体も内側は摩耗してしまい、真珠光沢を失っていたものと推定される)、しかも、それぞれの殻に穴が開いているというのは、ツメタガイによって殻頂附近を溶解穿孔された一個体或いは二個体断片ということになろうか。決定的にこれと感じたのは、個人ブログ「図鑑を作る(二枚貝編)」の同種のページの画像を見た時であった。そこには、『海藻類の根元に埋まって生息しています』とあった。

「たいらぎ」「大和本草卷之十四 水蟲 介類 タイラギ」の私の冒頭の注を参照。]

« 筑摩書房「萩原朔太郞全集」(初版)「散文詩・詩的散文」初出形 正規表現版 言はなければならない事 | トップページ | 毛利梅園「梅園介譜」 蛤蚌類 鳴戸螺(ナルトホラ) / コナルトボラ・アオモリムシロ »