フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 曲亭馬琴「兎園小説別集」上巻 松前家牧士遠馬の記 | トップページ | 筑摩書房「萩原朔太郞全集」(初版)「散文詩・詩的散文」初出形 正規表現版 感傷詩論 »

2022/03/02

曲亭馬琴「兎園小説別集」上巻 髷の侍 / 「兎園小説別集」上巻~了

 

   ○髷の侍

當春【天保三壬辰年。】以來、大坂御藏同心の由にて、先年より狂氣に相成、當時隱居仕居候。「髷の侍」と名を付、髷の大さ、其頭よりも大きく、紫の紐を以、額にて髷先をくゝり、其紐を冠抔の緖の如に腮へかけむすび、總を下げ、衣類・帶刀抔、立派に仕、市中を往來仕候由、大評判に御座候。別て、人立の場所え、罷越、人のほめ候を悅び、追々、髷に「そへ」を入、大きく仕候儀に御座候。追て、名高く相成、芝居抔にても仕、大評判に御座候。餘り名高く成候故、其頃より、他出を被ㇾ止候と承り候。是等は、餘り、無形にて、趣向おかしく御座候故、書添申候。先、前書の趣奉申上度、猶御取繕被成下宜被仰上可ㇾ被ㇾ下候。恐惶謹言。

 四月廿七日

[やぶちゃん注:「天保三壬辰年」一八三二年。

「大坂御藏同心」大坂の幕府が管理した米蔵担当の同心。

「抔」老婆心乍ら、「等」と読む。

「腮」「あぎと」或いは「あご」。頤(あご)に同じ。

「總」「ふさ」。

「仕」「しまはし」或いは「つかはし」。

「別て」「べつして」。特に。

「人立」「ひとだち」。人が多く集まるところ。

「罷越」老婆心乍ら、「まかりこし」と読む。

「追々」「おひおひ」。日を経る内に。

「そへ」「添へ髮」「入れ髮」のこと。

「芝居抔にても仕」こちらは「しまはし」であろう。歌舞伎芝居にキャラクターとして扱われたことを言う。

「無形にて」「むぎやう」とよんでおく。「まず以って二つと見ない超弩級に変わった存在で」の意。

「前書の趣」「前書」は「目錄」に『髷の侍【自是卷下、余所獨撰也。是故雖社友、未ㇾ有錄之。兒孫宜祕藏。】』とあるのを指すか。訓読を試みると、「是れ、卷より下(しも)は、余(よ)、獨り撰(せん)せるものなり。是(こ)の故(ゆゑ)、社友と雖も、未だㇾ有下之れを謄錄(たうろく)せる者有らず。兒孫、宜しく祕藏すべし。」であろう。ここも訓読しておく。「前書(まへがき)の趣き、申し上げ奉りたく、猶ほ御取繕(おとりつくろ)ひ成し下され、宜(よろ)しく、仰せ上げられ下さるべく候ふ。」。洒落ただけのことである。]

« 曲亭馬琴「兎園小説別集」上巻 松前家牧士遠馬の記 | トップページ | 筑摩書房「萩原朔太郞全集」(初版)「散文詩・詩的散文」初出形 正規表現版 感傷詩論 »