フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 譚海 卷之四 松平越後守殿家士關助九郞事 | トップページ | 譚海 卷之四 淺野越後守殿家士江見淺之丞孝行の事 »

2022/03/23

譚海 卷之四 淺野家士神崎與五郞幼時の事

 

○播州赤穗淺野家の士神崎與五郞は、親父新右衞門といひけるものにて、元は森家の浪人にて、作州津山に住居(すまゐ)せしに、與五郞十三歲の時、同僚箕作某といふものと手習に師のもとに同道せしに、此箕作美少人(びしやうにん)成(なり)しかば、同所の鍛冶某なるもの、男色(なんしよく)の戀慕(れんぼ)やまず、度々くどきけれども承引せざるを遺恨におもひ、ある平明(へいめい)兩人同道して過(すぐ)るを、鍛冶堤(つつみ)の陰に待(まち)うけ、箕作へ切付(きりつけ)たり。箕作面(おもて)に二刀(ふたがたな)疵(きず)をうけてたふれけるに、與五郞ぬき合せ、鍛冶ときりむすび、終(つひ)に鍛冶を切とめ、箕作を肩にかけ親のもとへ送りとゞけ、家へ歸りてかようかよう[やぶちゃん注:ママ。但し、底本では後半は踊り字「〱」。]の事とかたれば、狼藉まぎれなき事に究(きはま)りて、鍛冶犬死(いぬじに)に成(なり)たりけるとぞ。菅野和助(わすけ)も同所の生れ也、兩人後に淺野家へ七兩二人扶持にて步行目付(かちめつけ)にかゝへられてありけるとぞ。此(この)箕作は後(のち)に常庵といふ醫者にて在(あり)けるとぞ。

[やぶちゃん注:「播州赤穗淺野家」吉良邸討ち入り後(討ち入りは元禄十五年十二月十四日寅の上刻で一七〇三年一月三十一日午前四時頃に相当する)、連座した浅野長広(切腹させられた長矩の弟)は赤穂新田三千石の所領も、一旦、召し上げられたが、宝永七(一七一〇)年に安房国朝夷(あさい)郡に五百石で移され、減封となったが、後に旗本に復し、長広の後は、嫡男長純が家督を受け継ぎ、長直系浅野家として安房国で続いた。赤穂藩はその後、永井家を経て、森家が維新まで続いた。

「神崎與五郞」(寛文六(一六六六)年~元禄一六(一七〇三)年)は赤穂四十七士の一人。美作生まれ。藩主長矩の刃傷で主家は断絶。以後、大石良雄に従い、商人を装って吉良邸偵察の任に当たった。討ち入り後、二月四日に切腹した。享年三十八歳。名は則休(のりやす)。俳号は竹平。変名は小豆屋(美作屋)善兵衛。当該ウィキによれば、当初、『津山藩に仕えるが、その後、則休は森家を離れて浪人』となった。『いつ浪人したかには諸説ある。第一説に』、延宝七(一六七九)年に、『男色を原因として叔母の夫にあたる箕作義林 (同年の従弟箕作十兵衛)が暴漢に襲われ、則休がこの連中を切り捨てたため、藩を追われたという説』で、『第二説は』、天和元(一六八一)年、藩主『森長武の寵臣横山刑部左衛門が津山藩政において専横を極めた際に藩を追われたという説』である。さらに第三説として元禄一〇(一六九七)年六月二十日、森家十八万石が二万石に減封された際に藩からリストラされた(第五代藩主森衆利(あつとし)の発狂と幕府批判に拠る。詳しくはウィキの「森衆利」を読まれたい。私はその異様な記載に惹かれて、これが有力、と当初は考えた)『という説があるが、則休は』元禄六(一六九三)年の時点では、『すでに浅野家に仕官していることが確認されている』(但し、ここには「要出典要請」が附いている)『ため、第三説はありえない』とあった。因みに、実は、この森衆利は、実は赤穂藩森家第五代で、先に示した通り、赤穂藩の後代の藩主家であるのである。神崎が、キレッキレの危険がアブナい藩主の家系に間接的にでも二度も絡んでいるらしいというのは、話としては、何とも運が悪いと同情したくなるのである。

「箕作」「みつくり」と読んでおく。

「鍛冶」「たんや」と読んでおく。「かぢ」でも構わぬ。

「犬死」「つまらない死に方」の意。ここは神崎の切りつけた刀傷が致命傷となって死んで、表向きは発狂刃傷の扱いで処理されたことを指すか。

「菅野和助」「国文学資料館」のオープン・データの写本を見ても(左丁二行目末)、如何とも言い難いのであるが、これはどうみても、知られた赤穂浪士の一人である、同じく美作国津山生まれの茅野常成(かやのつねなり 寛文七(一六六七)年~元禄十六年二月四日:通称は和助)の誤字であろう。当該ウィキによれば、『父』常宣が、天和元(一六八一)年、『藩主森長武の寵臣横山刑部右衛門が津山藩政において専横を極めていた際に森長武に藩の惨状を訴え出たため』、『追放されたという。なお、赤穂浪士の』一『人である神崎則休も津山藩森家の浪人であったが、神崎もこの時に追放されたという説がある』とある。元禄一〇(一六九七)年頃から『赤穂藩の書留に名が見えるので』、『その頃の仕官と見える。赤穂藩内では横目』五両三人扶持役料五『両であり、譜代の臣下ではないので』、『もっとも身分の軽い藩士の』一『人であった。しかし武術の達人で』、『自眼流居合いをよくしていたという。また』後の『吉良邸討ち入りの際には』、『弓で戦っているので』、『弓も得意だったと思われる』とある。

「常庵」箕作常庵でも検索してみたが、不詳。但し、ずっと後代だが、津山藩藩医に箕作阮甫 (みつくりげんぽ 寛政一一(一七九九)年~文久三(一八六三)年)なる人物がいることが判った。或いはその先祖かも知れない。]

« 譚海 卷之四 松平越後守殿家士關助九郞事 | トップページ | 譚海 卷之四 淺野越後守殿家士江見淺之丞孝行の事 »