フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 甲子夜話卷之六 39 歡來祠記 | トップページ | ブログ・カテゴリ「続・怪奇談集」創始 「多滿寸太禮」電子化注始動 序・多滿寸太禮巻㐧一 天滿宮通夜物語 »

2022/03/20

譚海 卷之四 吉備津宮幷平納言謫處・福山瓦等の事

 

○吉備津の宮は備中にも備後にも有。御釜の鳴動するは備中にある物也、又備中の吉備宮の山を茶臼山といへり、茶うすの形也。山の絕頂に有(あり)て吉備公の御廟なり。其餘備中にある所の古廟みな茶臼のかたちなり。往古の製はみな茶うすのかたちなるものと見ゆ。仲哀天皇以前の御廟どもは形大きく、以後の物は茶うすの形になるやうなり。其廟の前に拜掃するやうなる所もあり。又平大納言の謫所有、木の別所も細谷川の上に有。せのをの大郞が墓はよし乃と云所に有、吉備宮の脇に有。また備中の福山と云所に古城跡有。その所にて筑紫の都府樓の瓦とひとしき瓦をほり得たり、これは殊の外いにしへのものと見ゆ。

[やぶちゃん注:岡山県岡山市北区吉備津にある吉備津神社(備中国一宮)が「釜鳴り神事」で知られる(私にとっては上田秋成の「雨月物語」の怨恨怪談の白眉「吉備津の釜」で馴染みの)それ(グーグル・マップ・データ。以下同じ)。詳細は当該ウィキをどうぞ。ここで言う備後のそれは、広島県福山市新市町宮内にある吉備津神社(備後国一宮)。詳細は同前。なお、備前にも岡山県岡山市北区一宮にある吉備津彦神社(備前国一宮)がある。詳細は同前

「平大納言」平清盛の継室である平時子の同母弟で、後白河法皇の寵妃で高倉天皇の母建春門院の異母兄である平時忠(大治五(一一三〇)年?~文治五(一一八九)年)であるが、不審。彼が平家全盛期に二度流された場所は出雲国で、鎌倉幕府成立後の配流地は能登国である。これは、何か誤認がある。本文の次の「木の別所」というのもおかしく、これは「有木の別所」(「鹿ケ谷の謀議」で流された藤原成親(保延四(一一三八)年~安元三(一一七七)年)の流謫地とされるものの異名)でなくてはいけない。されば、「成親」は權大納言であったから、「又平大納言の謫所有、木の別所も細谷川の上に有。」の「平」は衍字ではないか? 「又大納言の謫所、有木の別所も細谷川の上に有。」ですんなり意味が分かるからである。ここにその「有木の別所」があり、その北西に有木神社の名を見出せる。

「せのをの大郞」妹尾兼康(せのお 保安四(一一二三)年~寿永二(一一八三)年)は平安末の平氏方武将。瀬尾兼康とも呼ばれる。通称は太郎。詳しくは当該ウィキを見られたいが、『備中国板倉宿付近(現・岡山県岡山市北区)で討たれた。源義仲をして、「あっぱれ剛の者かな。是をこそ一人當千(とうぜん)の兵(つわもの)ともいふべけれ」と言わしめたという(福隆寺縄手の戦い)』とあるから、この近くである。

「備中の福山と云所に古城跡有。その所にて筑紫の都府樓の瓦とひとしき瓦をほり得たり」大宰府の建築物に西日本の各地の産生物が供給されており、これと言っておかしなことではない。寧ろ、これが現存するのかどうかの方が気になる。]

« 甲子夜話卷之六 39 歡來祠記 | トップページ | ブログ・カテゴリ「続・怪奇談集」創始 「多滿寸太禮」電子化注始動 序・多滿寸太禮巻㐧一 天滿宮通夜物語 »