フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 狗張子卷之七 死後の烈女 /狗張子(本文)~了 | トップページ | 萩原朔太郎 未発表詩篇 偉大なる懷疑 »

2022/03/19

狗張子惣目錄 / 「狗張子」全電子化注~完遂

 

[やぶちゃん注:底本の昭和二(一九二七)年刊の日本名著全集刊行會編になる同全集の第一期の「江戶文藝之部」の第十巻である「怪談名作集」の「惣目錄」の原本画像を視認した。内篇本文の標題とは大きく異なるものが有意にある。読みは特異なものと、振れると判断したもののみに限った。歴史的仮名遣の誤りはママである。一部で濁点がない平仮名ルビは好意的にとり、濁点を附したり、特に示さなかった読みもある。「付」は「つけたり」と読む。]

 

狗張子惣目錄

 㐧一

  序

  三保の仙境

  由井源藏、足柄山に入る事

  鳥𦊆(とりをか)彌二郞冨士垢離常陸坊海尊(ひたちばうかいぞん)が事

  守江の海中の亡魂

  島村蟹の事

  北條甚五郞出家冥途物語の事

㐧二

  交野(かたの)忠次郞、妻を疎(うとみ)て發心する事

  死して二人となる事

  武庫山(むこやま)の女仙(によせん)浦嶋が箱の事

  原隼人佐(はやとのすけ)謫仙の事

  形見の山吹

 㐧三

  伊原新三郞蛇酒を飮む事

  猪熊神子(いのくまのみこ)罪業を恐るゝ事朝日寺(あさひてら)觀音の奇瑞

  諸國修行の僧甲府の妖物(ばけもの)を薙倒(なぎたを)す事

  隅田宮内鄕(すだくないきやう)の家(いゑ)怪異(けい)の事

  大内義隆の歌(うた)人違(ひとたがい)の事

  深川左近が亡㚑(ばうれい)來世(らいせ)物語の事

  蜷川親當(にながはちかまさ)鳥部野妖物(ばけもの)に逢(あふ)事

 㐧四

  味方原軍(みたかがはらいくさ)犀(さい)ががけ幽㚑の事

  田上(たかみ)の雪地藏明阿僧都冥途に趣(おもむ)く事

  柿崎和泉守名馬を賣る事

  死骸(しかばね)音樂を聞(きひ)て舞躍(まいおどる)事

  関久兵衞非道に人を殺し家門滅却の事

  筒𦊆(つゝをか)權七塚中(ちよちう)の契りの事

  霞谷(かすみだに)妖物(ばけもの)の事

  小嶋加伯(こじまかはく)慳貪(けんどん)の報(むくひ)安養寺地獄(じごくの)變相の事

  不孝の子(こ)狗(いぬ)となる事

  雷公(かみなり)惡人を擊(うつ)事

 㐧五

  今川氏眞(いまかはうぢさね)沒落三浦右衞門最後の事

  常田合戰(ときだかつせん)甲州軍兵(ぐんびやう)幽靈の事

  男郞花(なんらうくわ)

  掃部(はつとり)新五郞遁世捨身(しやしん)の事

  宥快法師(ゆうかいほつし)柳𦊆(やなぎをか)孫四郞に愛着(あいぢやく)し蝟(けむし)となる事

  杉谷(すぎや)源次男色の辨

 㐧六

  塩田(しほた)平九郞怪異を見る事

  藤の杜彥八が子天狗道物語の事

  板垣信形(いたがきのぶかた)討死天狗奇特を現(あらは)す事

  松𦊆(まつをか)四郞左衞門が亡魂八幡に鎭祭(しづめまつ)る事

  杉田彥左衞門天狗に殺さるゝ事

 㐧七

  今川(いまかは)駿河守が細工人(さいくにん)、新(あらた)に唐船を造る事

  蜘蛛塚(くもづか)の事

  飯盛兵助(いゐもりひやうすけ)陰德の報土井が妻邪見の事

  五條の天神入江壽玄齋疫病を癒す事

  鼠の妖怪物その天を畏るゝ事

  死後の貞烈

 

 

狗張子惣目錄終

 

« 狗張子卷之七 死後の烈女 /狗張子(本文)~了 | トップページ | 萩原朔太郎 未発表詩篇 偉大なる懷疑 »