フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小酒井不木「犯罪文學研究」(単行本・正字正仮名版準拠・オリジナル注附) 默阿彌の惡人 | トップページ | 毛利梅園「梅園介譜」 蛤蚌類 瞿麥貝(ナデシコガイ) / ナデシコガイ »

2022/03/19

毛利梅園「梅園介譜」 蛤蚌類 雀貝(スヽメ貝)・簑貝 / モクハチミノガイ・ミノガイ或いはユキミノガイ或いはミノガイ類の一種

 

[やぶちゃん注:底本の国立国会図書館デジタルコレクションのここからトリミングした。右下方を、一部、マスキングした。]

 

Suzumegai

 

雀貝【三種。】

 

「福州府志」、

    石磷【「すゞめ貝」。又、「簑貝」。「すいそ貝」。「千鳥貝」。白色の者を「雪雀」と云ふ。】

     此の者、鰒(あわび)の殻に附きて生ず。

 

「六々貝合和哥」

     右十番

「夫木集」

   波よする竹の留りの雀貝

     うれしき世にも相にける哉

 

[やぶちゃん注:異名の一つと、形状から、

斧足綱翼形亜綱ミノガイ目ミノガイ科Limidae或いは Lima属のミノガイ類

を三種の限定候補とした。このうち、上部の二個体は、その明るい輪状の褐色の光彩から、

モクハチミノガイ Lima zushiensis

を有力候補と出来ようか。左端はその一片の内側かも知れない(左に褐色痕が僅かに見える)。

一方、右の二個体は孰れも真白であり、右側は殻の内側らしいが、構造がよく判らない。左の白い個体は全体が円形に近く、しかも輪状肋が非常に強く見える形状に、やや不審はあるが、この本体自体の白さは(生体の外見ではない)、

ロウイロミノガイ Lima fujitai

ウスユキミノ Limaria hirasei

ユキミノガイ属ユキミノガイ Limaria basilanica

などが候補となろうか。和名の「簑貝」、ミノガイLima vulgaris は放射肋が強過ぎ、ここでは候補には挙げ難く、特に輪状肋がよく見えるというのは、ウスユキミノかも知れない。

「福州府志」清の乾隆帝の代に刊行された福建省の地誌。『石磷形如箬笠、殼在上、肉在下。』とあるのを中文サイトで発見したが、この叙述が正しいとすると、これは笠型をした腹足類ということになり、少なくとも、私の比定した種群とは無縁である。

「すいそ貝」漢字表記不明。

「千鳥貝」片殻の形状からは腑に落ちる。

『白色の者を「雪雀」と云ふ』同前。

「此の者、鰒(あわび)の殻に附きて生ず」これはやはり、先の注に出した笠型形状の亡霊が、またぞろ、出現してくるのだが、これは、梅園が実際に見て、剝してこれらの個体を得た感想とは、私には思われない。そういう話を聴いた、しかし、この種ではない、ということにしておく。もし、それが正しいとなれば、比定はスタートに戻ってやり直しが必要だからである。

「六々貝合和哥」さんざん出た「六々貝合和歌」。国立国会図書館デジタルコレクションの原本の当該歌はここ

   *

     右  雀貝

「夫木」

なみよする竹のとまりのすゝめ貝讀人不知

うれしき世にもあひにける哉

   *

因みに、同書の貝合せの図は、ここの左の中央下方なんだが、ウヘエ!? ヤバいねぇ、形が。ミノガイどころじゃない。マジ、スズメそっくりだもん! でも、これって、もしかすると、例のイソチドリに似てねえか?

« 小酒井不木「犯罪文學研究」(単行本・正字正仮名版準拠・オリジナル注附) 默阿彌の惡人 | トップページ | 毛利梅園「梅園介譜」 蛤蚌類 瞿麥貝(ナデシコガイ) / ナデシコガイ »