フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎「笛」(「月に吠える」の詩集本文の末に配された長詩)の草稿詩篇二種(後者に萩原朔太郎自身による自解が附されてある) | トップページ | 萩原朔太郎詩集「宿命」の「散文詩について」の草稿(部分) / 萩原朔太郎の生前の全詩集所収の詩篇の現存草稿詩篇の電子化不全部補填~了 »

2022/03/26

筑摩版「萩原朔太郞全集」第一巻『草稿詩篇「月に吠える」』の最後に配された特異な無題草稿一篇

 

[やぶちゃん注:萩原朔太郎の単行詩集や選集に収録した正規表現版は、既にブログ・カテゴリ「萩原朔太郎」、及び、この「萩原朔太郎Ⅱ」で、その完全電子化を終えているが、実は筑摩版「萩原朔太郞全集」第一巻の『草稿詩篇「月に吠える」』には、一番、最後に、特異な草稿が掲げられている。その後には、編者によって、『本稿は『月に吠える』の「序」および「見知らぬ犬」および『蝶を夢む』の「吠える犬」等と内容上の關連が見られる。』と記されてある。ここで挙げられてあるものは、以下で電子化注済みである。

詩集「月に吠える」の巻頭部にある萩原朔太郎自身の「序」

同詩集の「見知らぬ犬」パートの冒頭に配された「見しらぬ犬」

詩集「蝶を夢む」の「吠える犬」

以下に、その草稿を掲げておく。表記は総てママである。]

  

   

 犬は月に向つて吠える。

月に吠える犬の心は、かなしく、くらく、さむしく、たよりなくふるへる。

月に吠える犬の心は、地面おのれ自身の影におそれ 怪しみ わななく。て吠えるのである。

影は くらい→わびしい地面の上 ながく地上にあやしく漂つてゐる。

影は は地上をてらしてゐる、

影は靑白怪しきものゝおそろしき姿をして、くらい地上にふるえてゐる、

犬は おのれの→あやしき 影をおそれる、靑白い月夜に犬が吠へる、そうして遠い

犬は靑白い月に吠へる、夜に遠く吠へる、

 

 

[やぶちゃん注:以上で同草稿は終わっている。]

« 萩原朔太郎「笛」(「月に吠える」の詩集本文の末に配された長詩)の草稿詩篇二種(後者に萩原朔太郎自身による自解が附されてある) | トップページ | 萩原朔太郎詩集「宿命」の「散文詩について」の草稿(部分) / 萩原朔太郎の生前の全詩集所収の詩篇の現存草稿詩篇の電子化不全部補填~了 »