フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 甲子夜話卷之六 40 町奉行大岡越州取計の事 | トップページ | 甲子夜話卷之六 42 小田原侯、その祖先の事 »

2022/03/23

甲子夜話卷之六 41 駿府にて、江戶の辻切を、御使を請て板倉周防守、之を停止せし事

6-41

神祖駿府御在城の内、江戶にて御旗本の若者等、頻りに辻切して、人民の歎きに及ぶよし聞ゆ。此事いかゞ計はせられんと密議ありしかば、板倉周防守、自ら御使蒙らば速に停止すべしと乞ふによつて、其旨に任せらる。防州江戶に着して、御用有により一同登城すべきの旨を、御旗本中に傳ふ。いづれも登城候時、所々辻切の風聞專ら聞へ候。それを召捕候ほどの者なきは、武邊薄成行候事と思召候。いづれも心掛辻切の者召捕候へと御諚のよし申傳ヘしかば、其まゝ辻切止けるとぞ。

■やぶちゃんの呟き

「神祖駿府御在城」の内徳川家康は慶長一〇(一六〇五)年四月十六日、将軍職を辞するとともに、朝廷に嫡男秀忠への将軍宣下を行わせ、二年後の慶長一二(一六〇七)年には駿府城に移り、東国大名や幕府の制度整備を進める「江戸の将軍」秀忠に対して、「駿府の大御所」として、主に朝廷・寺社・西国大名・外交を担当した。所謂、「大御所政治」である。「大坂の陣」を挟んで、元和二(一六一六)年四月十七日、駿府城にて七十五歳(満七十三歳四ヶ月)で死去した。死因は現在では胃癌説が主流である。

「計はせられん」「はからはせられん」。

「板倉周防守」」板倉重宗(天正一四(一五八六)年~明暦二(一六五七)年)。駿河国生まれで板倉勝重の長男。下総国関宿藩藩主。秀忠の将軍宣下に際して従五位下周防守に叙任され、大坂の両陣に従軍。書院番頭を経て、京都所司代となり、父勝重とともに名所司代として知られた。

「御使」「おんし」

「速に」「すみやかに」。

「停止」「ちやうじ」。

「御用有により」「ごようあるにより」。

「御旗本中」「おはたもとちゆう」。

「武邊薄成行候事」「武邊(ぶへん)、薄く成り行き候ふ事」。

「思召候」「おぼしめしさふらふ」。

「心掛」「こころがけ」。

「召捕候へ」「めしとらへさふらへ」。

「御諚」「ごぢやう」。主君大御所様の仰せ・命令。

「止ける」「やみける」。

« 甲子夜話卷之六 40 町奉行大岡越州取計の事 | トップページ | 甲子夜話卷之六 42 小田原侯、その祖先の事 »