フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 譚海 卷之四 唐山の人尺牘加餐の字幷扁額・姓名等の事 | トップページ | 譚海 卷之四 下野相馬領妙見菩薩祭禮の事 »

2022/04/29

譚海 卷之四 相州三浦海照燈幷城が島大蛇の事

 

○相州三浦に海照燈(かいしやうとう)有、每夜かゞり火を燒(やき)て海舶(かいはく)の便宜(べんぎ)とせらる。其薪料(まきれう)は浦賀へ海舶來(きた)る時定額(ぢやうがく)ありて運上する事也。大山迄は三浦より十六里ばかり有、然るを登山して夜中三浦の方を望めば、篝火の大さ猶(なほ)松明(たいまつ)の如くに見ゆるといへり。又三浦城の島は三浦道寸の城跡也。今は番所を立(たて)て人の住居(すみゐ)亂入を禁ぜらるゝゆへ、常時より今に至るまで草木しげりたるまゝにて、大木の朽(くち)そんじたるなど充滿せり。又竹藪ことにしげりて、年々尺にあまる廻(まはり)の竹を生ずれども、人のとる事かなはず、夜陰に竹の子など取(とり)に至れ共(ども)、うはゞみありとて人(ひと)行(ゆく)事なし。此大蛇常に見たる事はなけれども、風雨の翌日などは立(たて)うすをころがしたるやうに田畑の麥(むぎ)なびきふして、海邊(うみべ)までつゞける事をみる事時々なり、是(これ)うはばみのかよひたる跡也とぞ。

[やぶちゃん注:「相州三浦に海照燈有」古来より浦賀水道は難所だったため、江戸時代に、城ヶ島の西側の安房崎に灯明台(狼煙(のろし)台)が設置された(後にその西側に移設)。現在の安房埼灯台がその跡地である(グーグル・マップ・データ。大山を入れてある)。

「大蛇」優れた龍の博物誌サイト「龍鱗」の「島に上陸した大蛇」と、ビジュアルな「恐ろしい大蛇と武将の伝説 城ヶ島の楫の三郎山神社(三浦市)」がお勧め。]

« 譚海 卷之四 唐山の人尺牘加餐の字幷扁額・姓名等の事 | トップページ | 譚海 卷之四 下野相馬領妙見菩薩祭禮の事 »