フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 「今昔物語集」卷第二十四「百濟川成飛驒工挑語第五」 | トップページ | 「今昔物語集」巻第五「天竺王宮燒不歎比丘語第十五」 »

2022/04/20

「今昔物語集」卷第四「金翅鳥子免修羅難語第」

 

[やぶちゃん注:採録理由と底本は『「今昔物語集」卷第四「羅漢比丘敎國王太子死語第十二」』の私の冒頭注を参照されたい。本巻は御覧の通り、標題終りの通し番号の数字が「第七」で終わって、以降は数字が入っていない。参考底本では第十に相当する。]

 

    金翅鳥(こんじてう)の子(こ)、修羅の難を免(まぬ)かれたる語(こと)

 

 今は昔、「金翅鳥」と云ふ鳥、有り。其の鳥は、須彌山(しゆみせん)の片岫(かたくき)に巢を作りて、子共(こども)を生み置けり。須彌山は高さ十六萬由旬(ゆじゆん)の山也。水の際より上八萬由旬、水の際より下八萬由旬也。其の水の際より上、四萬由旬に、此の鳥の、巢をば、作る也。

 亦、「阿修羅王(あしゆらわう)」と云ふ者、有り。身の勢(せい)、極めて大き也。栖(すみか)、二所也。一は海の側(ほと)り也。一は大海(だいかい)の底也。其の海の側りと云ふは、須彌山の峽(かひ)・大海の岸也。其れに、金翅鳥の巢を咋(く)ひて生み置ける子共を、阿修羅、山を動かして、鳥の子を振るひ落して、取りて食らはむとす。

 其の時に、金翅鳥、此の事を歎き悲しむで、佛の御許(みもと)に參りて、佛に白(まう)して言(まう)さく、

「海の側りの阿修羅王の爲に、我が子を、食はる。更に爲(す)べき方(はう)無し。何(いか)にしてか、此の難を遁(のが)るべき。願はくは、佛(ほと)け、此れを敎しへ給へ。」

と。佛、金翅鳥に告げて宣(のたま)はく、

「汝等、『此の難を遁れむ』と思はば、世間に、人、死ににて後、七〻日(しちしちにち)に當る佛事を脩(しゆ)する所、有り。比丘、有りて、供養を受けて、呪願(じゆぐわん)して、施食(せじき)を取る。其の施食の飯(いひ)を取りて、山の角(すみ)に置くべし。然(しか)らば、其の難を、遁るべし。」

と。金翅鳥、此の事を聞きて歸りぬ。

 佛の敎への如く、其の施食の飯を求め取りて、山の角に置きつ。其の後(のち)、阿修羅王、來りて、山を動かすに、敢へて動かず。力を發(おこ)して動かすと云へども、塵許(ちりばか)りも、山、動かざれば、阿修羅王、力、及ばずして、歸りぬ。山、動かざれば、鳥の子、落ちずして、平安に養ひ立つ。

 此れを以(も)て知るに、四十九日の施(せ)は、尤(もと)も重し。然(さ)れば、人、勤むる所無くして、四十九日の佛事の所に至りて、食用(じきよう)せむ事は、有るべからざる也となむ、語り傳へたるとや。

 

[やぶちゃん注:「金翅鳥(こんじてう)」「ガルダ」「迦楼羅」(かるら)に同じ。インド神話に現れる巨大な鳥の名。鳥族の首長であり、ナーガ(龍蛇族)の敵。伝説では、ガルダは母親が龍蛇族に辱められたのを恨み、それ以来、ナーガらを捕食するようになったとされる。ビシュヌ神の乗物で、両翼を伸ばすと、三百三十六万里あり、金色で、口から火を吐き、龍蛇を取って食うとされる。仏教に取入れられ、迦楼羅と漢音写され、別に「金翅鳥」(こんじちょう)「迦楼荼」(かるだ)とも漢訳される。密教では、仏法を守護し、衆生を救うために梵天が化したものとする。仏法を守護する八部衆の一つ。

「須彌山(しゆみせん)」サンスクリット語「スメール」(「善の山」「ス」は「善」を意味する美称の接頭辞)は、古代インドの世界観の中で中心に聳え、宇宙の軸となる山のこと。その宇宙構造は当該ウィキのこちらの模式図を参照。その南にある「贍部洲」(せんぶしゅう)という島が人間の住んでいる場所(インド亜大陸)である。

「片岫(かたくき)」底本の今野氏の脚注に、『切り立った岩壁の洞窟』とある。

「十六萬由旬」「由旬」は古代インド及び仏教に於ける距離単位。一由旬は凡そ七~十四キロメートルとされる。七十七万~百二十一万キロメートル。

「阿修羅王(あしゆらわう)」インド神話で、不思議な力を備えていた神々の称。後に悪神とされて、常にインドラ神と争う悪魔・鬼神とされた。仏教では、六道の一つである修羅道(阿修羅道)の王とされ、経によって数々の王名が見られる。「法華経」では婆稚(ばち)・佉羅騫駄(きゃらけんだ)・毗摩質多羅(びましったら)・羅睺羅(らごら)の四王を挙げる。結果して仏法を守護する天龍八部衆の一つに繰り込まれた。

「比丘、有りて、供養を受けて」ここは四十九日の忌日法要の際に、それを施法して呉れた僧侶らに、施主がお礼に斎料(ときりょう)としての布施、本文で言うところの「施食の飯(いひ)」=饗応のための食膳を捧げることを指す。

「呪願(じゆぐわん)」底本の今野氏の注に、『祈りの呪文を唱えて、施主に対する仏の加護を願うこと。布施を受ける時の僧の作法の一』つ、とある。

「山の角(すみ)に置くべし」今野氏も注で述べておられる通り、これは仏教の供養の仕儀との親和性がよく感じられる。そこに、『ここに記す作法は、食事の少量を取り分けて鬼神・餓鬼・畜生・無縁』仏『などに施す散飯(生飯(さば))の習俗に酷似する。』とある。私の電子化注では無数にあるが、祭壇の図が一見忘れ難い、「小泉八雲 海のほとりにて(大谷正信訳)」をリンクさせておく。

「然(しか)らば、其の難を、遁るべし」今野氏は、ここより前の、事件の大前提である『其れに、「金翅鳥」の巢を咋(く)ひて生み置ける子共を、阿修羅、山を動かして、鳥の子を振るひ落して、取りて食らはむとす』以降の内容が経典類には『見当たらない』と注記され、逆に、幾つかの経典には、『須弥山の周海の北岸に一大樹があって竜王と金翅鳥が』棲んでいるが、『金翅鳥が大樹から竜を振るい落して餌食とする』『話が見える』とある。或いは、それをヒントに作者が龍族を阿修羅に役柄を変え、強弱者関係を逆転させて作り替えたものかも知れない。本邦の民俗誌では、巨鳥の猛悪というは、比較的イメージされにくいように思われ、それなりに私には腑に落ちる。

「施食の飯」以下、施主と法事を修した僧の敬虔な思いが籠ったそれが、「だいだらぼっち」のような巨魁阿修羅王の怪力をも、仏法の金剛力で、びくともしないという素敵な展開である。

「勤むる所無くして」この「勤むる所」に就いても、今野氏は、ここも先のように、『少量を分かって万霊に供養する所作をさす』とされる。非常に繊細な注に頭が下がる思いがした。]

 

□やぶちゃん現代語訳(原文よりも段落を増やした。参考底本の脚注を一部で参考にはしたが、基本、オリジナル訳である)

 

    金翅鳥(こんじちょう)の子の、修羅の難を免かれる事

 

 今となっては……もう……昔のこととなってしまったが、「金翅鳥」と言う鳥がいた。

 その鳥は、須弥山(しゅみせん)の鋭く切り立った断崖絶壁の洞穴に巣を作って、子供を生み、そこで、育てていた。

 須弥山は、高さ、実に十六万由旬(ゆじゅん)の山である。

 水際(みずぎわ)からは、高さ八万由旬、水際から海の底に向かって、下(した)は八万由旬の山麓が連なる。

 さて、その水際から上、四万由旬の所に、この鳥は、巣を作る性質があった。

 一方、また「阿修羅王」と申す者が、いた。

 この男、身体、これ極めて巨魁なる者であった。

 その巨人に住み家(か)は、二ヶ所ある。

 一つは海の畔(ほと)りであり、今一つは大海の海の底である。

 その海の畔りというのが、須弥山の山峡(やまかい)にして、大海の岸辺なのであった。

 そう、その上の方(ほう)に、金翅鳥が巣を作って生みおいてある子供を、この阿修羅は、山をぐらぐらと動かしては、鳥の子を振るい落として、捕って食ってしまうのであった。

 その時、金翅鳥は、このことをいたく嘆き悲しんで、仏(ほとけ)の御許(みもと)に参って、仏に申し上げて頼むことには、

「海の畔りに棲む阿修羅王のために、我が子が、食われてしまうのです。最早、それを防ぐ術(すべ)は私には御座いませぬ。どのようにすれば、この災難を遁(のが)れることができましょうか? 願わくは、仏さま、それを、お教え下さい。」

と。

 仏は、金翅鳥に告げて、仰せられることには、

「汝ら、『この災難を遁れよう』と思うのであれば、世間に於いて、人の亡くなって後(のち)、七七日(しちしちにち)の四十九日目に当たる仏事を修(しゅ)する風習がある。僧が、やってきて、亡き人を供養して後、祈りの呪文を唱えて、今度は、施主に対し、仏の御加護を願い、しかして施食(せじき)を受ける作法となっておる。その施食の飯(めし)を少しばかり銜えとらせて貰い、須弥山の傍らに置いておくがよい。そうすれば、その難をたちどころに遁れることができる。」

と。

 金翅鳥(こんじちょう)は、このことを聞きとめて、帰った。

 仏の教えのごとく、その施食の飯を少しだけ銜えとって、須弥山の傍らに置いた。

 その後(のち)、阿修羅王がやってきて、いつものように、山を揺り動かしたのだが、どういうわけか、これ、微動だにせぬ。

 渾身の力を込めて動かした。

 しかると雖も、これ、塵(ちり)ほども、山は、動かない。

 阿修羅王は、力(ちから)及ばずして、帰って行ってしまった。

 山が動かなくなったので、金翅鳥の子供は、落ちることがなくなり、平安に養い育ったのである。

 さて、これを以って知ることがある。それは、四十九日の忌日法要の布施は、最も大切なものであるということである。されば、人は、その供養の際、心から亡き人の菩提を祈り、また、そこで僧の受けた供物の些少を、諸々の霊に供えることもせずして、四十九日の仏事を修(しゅ)しておる場に至ってて、むやみに食用(じきよう)せんとすることは、これ、厳に慎むべきことなのであると、かく語り伝えているということである。

 

« 「今昔物語集」卷第二十四「百濟川成飛驒工挑語第五」 | トップページ | 「今昔物語集」巻第五「天竺王宮燒不歎比丘語第十五」 »