フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 甲子夜話卷之七 7 有德廟信濃國へ人參御植つけ、且生育の事 | トップページ | 譚海 卷之五 同國猿の事 »

2022/05/08

譚海 卷之五 土州夏月潮いきれ幷豆州南海黑汐の事

 

○土佐國は極南の地ゆゑ、夏月殊に凌(しのぎ)がたし。酷暑の比(ころ)は時々盬いきれといふ事有。一日海上風絕(たつ)て波のたゝぬ日は、黃昏(たそがれ)より何となく心わるく、諸人屋内に往する事叶はず、庭中或は往還の道路にいでて、むしろ或は床几(しやうぎ)などをもうけて露席(ろせき)し、食事起臥をする事とぞ。裸體に成(なり)ても堪(たへ)がたく、眠(ねむり)に就(つい)てもまどろまれず、茫然として夜(よ)をあかす。やうやう夜半曉(あかつき)ちかく成(なり)て、身體も冷敷(すずしく)心よき事にて、始めて屋内に入(いり)て寢に就(つく)事也。是は絡日炎天に照されたる潮の氣醒(さめ)ずして、一國に𣎰[やぶちゃん注:底本では右に『(熏)』と編者傍注がある。](くん)じみち、其氣に蒸(む)るゝ故(ゆゑ)堪がたく暑き也。夜半より炎氣やうやうさめゆけば、涼しくなる事といへり。江戶にても鐵炮洲(てつぱうず)の邊は、暑月は時々かやうなる事あり。但(ただし)是は黃昏よりある事にはあらず、夜分七つ比(ごろ)より明かたまで、あつく苦しくして、家々門戶を明(あけ)とほし起居(おきを)る。一時(いつとき)ばかり過(すぐ)れば、涼氣を催し、明方よりまどろむ事といへり。是も盬いきれのわざなるべし。又伊豆の南海中に、秋夏の交(かはり)は黑汐といふものあり、陸より一里斗りを隔てし波の上に、黑く凝(こり)て流るゝやうに見ゆ、是も炎氣にむされて、鹽のこりかたまりたるがなす所也。渡海の舟人惧(おそれ)て是を避(さく)る也。もし此黑汐にあへば船をくつがへさる、また左(さ)なくても、人々病氣をうくるといへり。

[やぶちゃん注:「潮いきれ」この呼称は、少なくとも現在は生き残っていないようである。

「鐵炮洲」東京都中央区東部の地名。現在の湊町・明石町に相当する。地名は徳川家康の入府当時、鉄砲の形をした洲の島であったこと、また、寛永(一六二四年~一六四四年)の頃、この洲で鉄砲の試射をしたことによるとも言う。鉄砲洲稲荷などに名称が残る。隅田川西岸にあり、江戸時代は港として栄えた(「ブリタニカ国際大百科事典」に拠った)。ここ(グーグル・マップ・データ)。

「七つ」午前四時前後。]

« 甲子夜話卷之七 7 有德廟信濃國へ人參御植つけ、且生育の事 | トップページ | 譚海 卷之五 同國猿の事 »