フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 毛利梅園「梅園介譜」 蛤蚌類 狐貝 / モシオガイ・ウスモシオ? | トップページ | 毛利梅園「梅園介譜」 蛤蚌類 長蠃(ナガニシ) / コゲツノブエ? »

2022/05/02

毛利梅園「梅園介譜」 蛤蚌類 米螺 / ミルクイの子貝

 

[やぶちゃん注:底本の国立国会図書館デジタルコレクションのここからトリミングした。なお、この見開きの丁もまた、右下に、梅園の親しい町医師のコレクションからで、『此』(この)『數品』(すひん)『和田氏藏』、『同九月廿二日、眞写』す、という記載がある(前二丁と同日である)。従ってこれは天保五年のその日で、グレゴリオ暦一八三四年五月十二日となる。]

 

Akanisi

 

米螺【漢名。】 小貝

 

[やぶちゃん注:これも如何にもぼんやりした、しょぼくれた感じで、電子化する気を全くそそらせないものであった(こいつも一ヶ月のペンディングの相手であった)。そもそも中国名で「米螺」というのが、大きく躓く。「螺」は、今も昔も、中国でも日本でも、専ら貝殻が螺旋形を成す腹足類、或いは、巻いているように見える貝類などの総称であって、二枚貝にこの字を用いることは、極めて稀れだからである。さらに、試みに調べてみたところが、「米螺」という漢名は、明の明後期の政治家・学者の屠本畯(とほんしゅん 一五四二年~一六二二年)撰の「閩中海錯疏」(福建省(「閩」(びん)は同省の略称)周辺の水産動物を記した博物書。一五九六年成立)で、巻下の「介部」に「米螺小粒似米肉可食」とあるのを発見した。この部分、前後にあるのは、明らかに「螺」=巻貝であり、何を以って梅園がこの図の二枚貝(にしか見えない)の漢名と断言したのかも甚だ不審なのである。ともかくも「米螺」は比定同定には無効な名である。初めは、「小貝」とするし、禿げちょろげた感じから、『シジミか?』とも思ったのだが、シジミは江戸の庶民の常食するお馴染みの貝であり、それを「米貝」という漢名を出すだけというのも、如何にもおかしいから、あり得ない。ともかくも、見たくもないこの朧な図を凝っと見つめてみた。すると、三つの特徴が挙げられると思う。それは、

①殻頂が、あたかも潰れて欠けたかのように、楕円状に白くなっている点。

②よく見ると、向かって右側の殻縁が有意にカットしたように直線になっており、左側の同じ部分も僅かに直線的に見える点。

③殻表面に同心円脈が多数確認出来、その間の部分が色違いに描かれている点。

である。そこで閃いた。特に②が、右が水管孔であるとすれば、この断ち切った感じが説明し得るし、その貝はしばしば殻頂が禿げたように白く、殻辺縁に向かって殻頂に近い部分も、有意に白っぽく、その白い部分を同心円脈が不規則に黒く仕切っているからである。則ち、

斧足綱異歯亜綱バカガイ科オオトリガイ亜科ミルクイ属ミルクイ Tresus keenae

の子貝に比定したい。]

« 毛利梅園「梅園介譜」 蛤蚌類 狐貝 / モシオガイ・ウスモシオ? | トップページ | 毛利梅園「梅園介譜」 蛤蚌類 長蠃(ナガニシ) / コゲツノブエ? »