フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 「和漢三才圖會」卷第六十「玉石類伊」の内の「寶石(つがるいし)」 | トップページ | 「續南方隨筆」正規表現版オリジナル注附 火齊珠に就て (その三・「追加」の3) / 火齊珠に就て~了 »

2022/08/02

「和漢三才圖會」卷第六十「玉石類伊」の内の「玻瓈(はり)」

 

[やぶちゃん注:〔→○○〕は、訓読が不完全で私がより良いと思う訓読、或いは送り仮名が全くないのを補填したものを指す。]

 

Hari

 

はり  頗黎 水玉

玻瓈

ヲ リイ

本綱玻瓈出南番有酒色紫色白色瑩澈與水精相似碾

開有雨㸃花者爲眞藥燒成者有氣眼而輕也玻瓈玉石

之類生土中或云千歲氷所化亦未必然

△按玻※未曽見之疑南蕃硝子乎【今唐人呼硝子稱波宇利伊乃琉※字音】

[やぶちゃん注:二ヶ所の「番」は第一画目がないものだが、「番」の異体字。表字出来ないので「番」に代えた。最後の二ヶ所の「※」は上部が(「王」+「利」)で、下部が「木」である。意味は「玻璃」=「玻瓈」と同じと思う(「東洋文庫」はそのように訳している)が、良安が明らかに違った字として書いているので、かく処理した。]

   *

はり  頗黎〔はり〕 水玉〔すいぎよく〕

玻瓈

ヲ リイ

「本綱」に、『玻瓈〔はり〕、南番に出づ。酒色・紫色・白色。瑩-澈(すきとほ)り、水精〔すいしやう〕と相ひ似たり。碾(き)り開ひて、雨㸃花〔うてんくわ〕有る者を眞〔しん〕と爲〔な〕す。藥にて燒成〔やきなし〕たる者は、氣眼〔きがん〕有りて、輕〔かろ〕し。玻瓈の玉は石の類〔→なり〕。土中〔どちゆう〕に生ず。或いは云ふ、「千歲〔せんざい〕の氷〔こほり〕の化〔くわ〕せる」と云ふ[やぶちゃん注:訓点にある。]。亦、未だ必〔→ずしも〕然らず。』と。

△按ずるに、玻※〔はり〕は、未だ曽つて之れを見ず。疑ふらくは、南蕃の硝子(ビドロ)か【今、唐人、硝子を呼びて、「波宇利伊〔ハウリイ〕」と稱す。乃い〔→ち〕、「琉※〔はり〕」〔→の〕字の音〔→なり〕。】。

[やぶちゃん注:「玻瓈」水晶を指すが、「本草綱目」では「水精〔すいしやう〕と相ひ似たり」と言っているので、近縁の物にも見えるが、別種なものと認識している。さればこそか、良安は未だ嘗つて見たことがないと断言しており、次の項目が「水精」であることから、別物として、「硝子(ビドロ)」=ビードロ=ガラスではないか? と疑義を示しているのである。

「南番」「南蛮」に同じ。

「雨㸃花」当初は内部に空気が泡状になって散在することを言うと考えたが、それでは次の「氣眼」とダブってしまうので不詳と言わざるを得ない。それとも、丸い泡状ではなくて、雨の雫(💧)型の内部空洞が花のように美しく並んでいるものを言うか? 判らん。

「氣眼」は平凡社「東洋文庫」の訳では、割注で『細かな泡点』と解説している。

「波宇利伊〔ハウリイ〕」「玻瓈」は現代中国語では「ボオ・リイ」。]

« 「和漢三才圖會」卷第六十「玉石類伊」の内の「寶石(つがるいし)」 | トップページ | 「續南方隨筆」正規表現版オリジナル注附 火齊珠に就て (その三・「追加」の3) / 火齊珠に就て~了 »