フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 「續南方隨筆」正規表現版オリジナル注附 火齊珠に就て (その三・「追加」の3) / 火齊珠に就て~了 | トップページ | 曲亭馬琴「兎園小説余禄」 白子屋熊、忠八等刑書寫 »

2022/08/03

曲亭馬琴「兎園小説余禄」 平井權八刑書寫

 

[やぶちゃん注:「兎園小説余禄」は曲亭馬琴編の「兎園小説」・「兎園小説外集」・「兎園小説別集」に続き、「兎園会」が断絶した後、馬琴が一人で編集し、主に馬琴の旧稿を含めた論考を収めた「兎園小説」的な考証随筆である。

 底本は、国立国会図書館デジタルコレクションの大正二(一九一三)年国書刊行会編刊の「新燕石十種 第四」のこちらから載る正字正仮名版を用いる。

 本文は吉川弘文館日本随筆大成第二期第四巻に所収する同書のものをOCRで読み取り、加工データとして使用させて戴く(結果して校合することとなる。異同があるが、必要と考えたもの以外は注さない。稀に底本の誤判読或いは誤植と思われるものがあり、そこは特に注記して吉川弘文館版で特異的に訂した)。句読点は現在の読者に判り易いように、底本には従わず、自由に打った。鍵括弧や「・」も私が挿入して読みやすくした。踊り字「〱」「〲」は正字化した。]

 

   ○平井權八刑書寫

延寶七未年十一月三日、行。

一 平井權八【年不ㇾ知。】。是は無宿浪人。

二 此もの儀、武州於大宮原小刀賣を切殺、金銀取候者、品川において磔、

      札文言

 此者、追剝の本人、其上、宿次の證文、
 たばかり取、剩、手鎖を外し、缺落仕候
 に付、如ㇾ此に、おこのふもの也。

  十一月日

[やぶちゃん注:「延寶七未年十一月三日」グレゴリオ暦一六七九年十二月三日。

「行」処断と磔(はりつけ)を「おこのふ」の意であろう。

「大宮原」現在の埼玉県さいたま市大宮区であろう(グーグル・マップ・データ)。

「札」高札。

「宿次」「しゆつぎ」で、思うに、小刀売りを刺殺した際、彼が持っていた関所或いは宿場を継いで商いすることを公的に認めた証文であろう。被告人は無宿浪人であるから、関所はおろか、宿屋でも証明する物を持っておらず、通行は厳しかったから、そのために奪取したのであろう。

「剩」「あまつさへ」。

「手鎖」「てぐさり」。手錠。彼は殺人で捕縛され、その際、持っているはずのない証文を持っていたことが明らかとなり、窃盗も追加された。ところが、手錠を外して、逃亡、再逮捕され、三つの罪によって、かく極刑となったのである。]

« 「續南方隨筆」正規表現版オリジナル注附 火齊珠に就て (その三・「追加」の3) / 火齊珠に就て~了 | トップページ | 曲亭馬琴「兎園小説余禄」 白子屋熊、忠八等刑書寫 »