フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 毛利梅園「梅園介譜」 蛤蚌類 眞珠・アコヤガイ  / アコヤガイ | トップページ | 毛利梅園「梅園介譜」 蛤蚌類 海鏡・月日貝  / ツキヒガイ »

2022/08/14

毛利梅園「梅園介譜」 蛤蚌類 花紫・若紫・内ウラサキ  / フジナミガイ

 

[やぶちゃん注:底本の国立国会図書館デジタルコレクションのここからトリミングした。なお、本図にはクレジットがない。]

 

花紫(はなむらさき)

 又、

 若紫

 内ウラサキ 


Utimurasaki

 

[やぶちゃん注:こりゃあ、大浅利の斧足綱異歯亜綱マルスダレガイ目マルスダレガイ科 Saxidomus 属ウチムラサキ Saxidomus purpurata じゃあ、ねえぞ!? ウチムラサキの貝の内側を描いたとしても、梅園が、こんなシュールな反転デフォルメなんぞをするとは思われん! こんな輪状紋はウチムラサキには、ねえ紋(もん)!! おまけに、明らかにこりゃ、貝殻の表面の図であって、今までの梅園の図を見ても、凹んでいる内側を、こんな逆立ちしたような立体には、彼は、決して描かんぞッツ! さすれば、これは、記された和名の全部が異名として、貝図だけから、判断せねばならぬのか? いやいや、名前に仄かなヒントがあるぞ! そうだ! これは「紫のゆかり」でねえか? そうさ、

マルスダレガイ目ニッコウガイ超科シオサザナミガイ科ムラサキガイ属フジナミガイ Boeddinghaus Sanguin

「藤波貝」だんべ! Machiko YAMADAさんのサイト「微小貝データベース」の同種の、写真を見られたい。生貝で表面の剥離が生じていないなら、こうゴッツうなろうものではないカイ! 「でも、藤色なんかしてねえぜ? 何が「紫のゆかり」やねん!?」とツッコむ輩は、個人ブログ(女性)の「あうるの森」の「貝殻拾い【フジナミガイ】【アケボノキヌタ】…南房総・多田良海岸」の写真を見んさい! 上から二枚目と三枚目だ! 薄紫色が見えるやろ? ついでに同ページの最初に写真のフジナミガイは、いかにも本図に似ているじゃないの!! ちょっち、形は、やっぱ、デフォルメやけんど……]

« 毛利梅園「梅園介譜」 蛤蚌類 眞珠・アコヤガイ  / アコヤガイ | トップページ | 毛利梅園「梅園介譜」 蛤蚌類 海鏡・月日貝  / ツキヒガイ »