フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 西原未達「新御伽婢子」 遊女猫分食 / 新御伽婢子卷之一~了 | トップページ | 「續南方隨筆」正規表現版オリジナル注附 人柱の話 (その2) »

2022/09/17

フライング単発 甲子夜話卷之二十六 15 大阪御城代寢所の化物

 

[やぶちゃん注:以下、現在、電子化注作業中の南方熊楠「人柱の話」の注に必要となったため、急遽、電子化する。非常に急いでいるので、注はごく一部にするために、特異的に《 》で推定の歴史的仮名遣の読みを挿入し、一部に句読点も変更・追加し、鍵括弧記号も用いた。]

 

26―15

或人曰《いはく》、「大阪の御城代某侯【名は不ㇾ聞りし。】、初て彼地に赴かれしとき、御城中の寢處は、前職より、誰《たれ》も寢ざる所と云傳《いひつたへ》たるを、この侯は心剛《かう》なる人にて、入城の夜、その所にねられしが、夜更《よふけ》て便所にゆかん迚《とて》、手燭《てしよく》をともし、障子をあけたれば、大男の山伏、平伏して居《ゐ》たり。侯、驚きもせず、山伏に、『手燭を持《もち》て、便所の導《みちびき》せよ。』と云はれたれば、山伏、不性《ふしやう》げに立《たち》て、案内して便所に到る。侯、中に入《いり》て良《やや》久しく居て出《いで》たるに、山伏、猶、居たるゆゑ、侯、『手水《てうづ》をかけよ。』と云はれたれば、山伏、乃《すなはち》、水をかけたり。侯、又、手燭を持《もた》せて、寢處へ還られ、夫《それ》より、快《こころよ》く臥《ふさ》れし。然るに、後《のち》、三夜《みや》の程は、同じかりしかど、夫よりは出《いで》ずなりし。」と。總じて、世の怪物も、大抵、その由る所あるものなるが、この怪は何の變化せしにや、人、その由を知らず。又、此侯は、本多大和守忠堯と云はれしの奧方、相良《さがら》氏【舍侯の息女。】、後、榮壽院と稱せし夫人の從弟にてありける。此話も、この相良氏の物語られしを、正く傳聞す。

■やぶちゃんの呟き

「本多大和守忠堯」(ほんだただとう 元文二(一七三七)年~宝暦一一(一七六一)年)は江戸中期の大名。播磨国山崎藩第四代藩主。官位は従五位下・大和守。本多政信系本多家第五代。

「奧方、相良氏【舍侯の息女。】」忠堯の正室於鷹は肥後国人吉藩第六代藩主相良長在(ながあり/ながあきら 元禄一六(一七〇三)年~元文三(一七三八)年)の娘。

« 西原未達「新御伽婢子」 遊女猫分食 / 新御伽婢子卷之一~了 | トップページ | 「續南方隨筆」正規表現版オリジナル注附 人柱の話 (その2) »