フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 西原未達「新御伽婢子」 一念闇夜行 | トップページ | 西原未達「新御伽婢子」 太神宮擁護 »

2022/09/29

西原未達「新御伽婢子」 依ㇾ聲光物 / 巻五~了

 

[やぶちゃん注:底本は早稲田大学図書館「古典総合データベース」のこちらに拠った。本巻一括(巻四・五・六のカップリング)PDF版はここ。但し、所持する昭和六〇(一九八五)年勉誠社刊「西村本小説全集 上巻」を加工データとした。

 なお、本篇には挿絵はない。

 底本は崩し字であるが、字体に迷った場合は、正字を採用した。読みは、振れる一部に留め、読点や記号は底本には全くないので(ごく一部に句点はあるが、用法が単なる区切りでしかないので、それに必ずしも従ってはいない)、独自に打った。一部で《 》で推定歴史的仮名遣で読みを入れ(歴史的仮名遣を誤っているものもこれで正しい仮名遣で示した)、読み易さを考え、段落を成形した。濁点・半濁点落ちの本文が多いが、ママ注記をすると五月蠅いだけなので、私の判断でそれらを附した。踊り字「〱」「〲」は正字化或いは「々」とした。(*/*)のルビは右/左の読みを示す。

 注を段落末に挟んだ。]

 

     依ㇾ聲光物(こゑによる、ひかりもの)

江刕上龍花村(かみ《りゆう》げむら)廣埜といふ山里に、長介といふ者あり。一在(《いち》ざい)より扶持(ふち)して、秋の田に實の入《いる》る時、年毎(としごと)、鹿(しか)を追《おは》する。

[やぶちゃん注:「江刕上龍花村」滋賀県大津市伊香立上龍華町(いかだちかみりゅうげちょう:グーグル・マップ・データ)。

「一在より扶持して」一村の代表者たる庄屋が、収穫直前の頃おいを見て、村内の者を雇い、賃金を与えて。

「鹿」この時期、猪も踏み込んで荒らすので、個人的には「しし」と読みたいところである。]

 近き年より、此者、軒(のき)に出《いで》て、

「ほいほい。」

といへば、一聲(こゑ)一聲に、其むかふたる方より、光物、來《きたつ》て、口に入《いる》。

 南に向(むか)ふていふには、南より、北に向へば、北より、東・西、猶、かくのごとく、百聲、千聲、よぶに、更に、やむ事なし。

 其幅、壱、弐尺もありて、長さ、十ひろばかり、ひとへに、紅絹(こうけん/《くれなゐ》のきぬ)を引《ひき》はへたるがごとし。

[やぶちゃん注:「十ひろ」「十尋」。成人男性が両手を左右へ広げた時の、指先から指先までの長さを言う慣習単位で、長さは一定しないが、曲尺(かねじゃく)でだいたい四尺五寸(約一・三六メートル)乃至は六尺(約一・八メートル)ほどである。えらく細長い紅の光りものを口の中に入れるさまは、イメージとしてはかなりエグい。]

 時々(よりより)、長介にかはりて、女房・子共も、出《いで》て呼(よぶ)に、更に此《この》光、なし。

 長介にとひて、

「此光物、口に入《いる》時、覺《おぼえ》ありや。」

と。答(こたへ)て、

「覺ゆる事、夢(ゆめ)斗《ばかり》も、なし。」

と。猶、

「くるしむ事、いたむ事、なし。」

と。

 いかなるわざと不ㇾ知《しらず》。

 天和の今なれば、末(すゑ)いかゞ終《をは》らん。いぶかし。

 

 

新御伽巻五

[やぶちゃん注:「天和」一六八一年から一六八四年まで。徳川綱吉の治世。本書の刊行は天和三(一六八三)年であるから、この謂いからは、本「噂話」は少なくとも数十年前というニュアンスである。]

« 西原未達「新御伽婢子」 一念闇夜行 | トップページ | 西原未達「新御伽婢子」 太神宮擁護 »