フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 西原未達「新御伽婢子」 旅人救ㇾ龜 | トップページ | 西原未達「新御伽婢子」 血滴成小蛇 / 「新御伽婢子」巻三~了 »

2022/09/22

西原未達「新御伽婢子」 野叢火

 

[やぶちゃん注:底本は早稲田大学図書館「古典総合データベース」のこちらに拠った。本巻一括(巻一・二・三のカップリング)PDF版はここ。但し、所持する昭和六〇(一九八五)年勉誠社刊「西村本小説全集 上巻」を加工データとし、挿絵もそこに挿入された写真画像をトリミング補正して適切と思われる箇所に挿入した。なお、画像は小さく、しかも薄いので、早稲田大学図書館「古典総合データベース」の単体画像のリンクも附しておく。

 底本は崩し字であるが、字体に迷った場合は、正字を採用した。読みは、振れる一部に留め、読点や記号は底本には全くないので(ごく一部に句点はあるが、用法が単なる区切りでしかないので、それに必ずしも従ってはいない)、独自に打った。一部で《 》で推定歴史的仮名遣で読みを入れ(歴史的仮名遣を誤っているものもこれで正しい仮名遣で示した)、読み易さを考え、段落を成形した。濁点・半濁点落ちの本文が多いが、ママ注記をすると五月蠅いだけなので、私の判断でそれらを附した。踊り字「〱」は正字化した。(*/*)のルビは右/左の読みを示す。

 注は文中や段落末に挟んだ。]

 

     野叢火(やさうのひ)

 都四条の北、大宮の西に、古しへ、淳和天王(《じゆんな》てんわう)の離宮ありける。こゝを西院(さいゐん)と名づく。後に橘の大后(《おほ》きさい)の宮、すみ給ヘり、といふ。

[やぶちゃん注:「淳和天王」桓武天皇第七皇子。先行する平城天皇・嵯峨天皇の異母弟。在位は弘仁一四(八二三)年から天長一〇(八三三)年。彼は薄葬を遺詔としたため、歴代天皇の中で唯一、大原野西院に散骨された。

「西院」既出既注

「橘の大后の宮」嵯峨天皇の皇后橘嘉智子(たちばなのかちこ 延暦五(七八六)年~嘉祥三(八五〇)年)。当該ウィキによれば、彼女は『仏教に深く帰依しており、自分の体を餌として与えて鳥や獣の飢を救うため、または、この世のあらゆるものは移り変わり永遠なるものは一つも無いという「諸行無常」の真理を自らの身をもって示して、人々の心に菩提心(覚りを求める心)を呼び起こすために、死に臨んで、自らの遺体を埋葬せず』、『路傍に放置せよと遺言し、帷子辻』(かたびらのつじ:京都市北西部にあったとされる)『において遺体が腐乱して白骨化していく様子を人々に示したといわれる』。『または、その遺体の変化の過程を絵師に描かせたという伝説がある』とある。]

 時うつり、世はるかに、宮殿は皆、絕(たえ)て、纔(わづか)に名のみ殘り、今は埜夫(やぶ)のすみかとなれり。

 此南に壬生寺(じんしやうじ)とて、いとたうとき地藏のいまそかりけり。いつも、彌生の比《ころ》、大念佛を始めて、其間に狂言を盡し、猿の面(おもて)、着(き)たるおのこ、縄をつたひて、かるわざの曲(きよく)をなしける。茶店、軒をならべ、參詣の人、更に止(やむ)とき、なし。

[やぶちゃん注:「壬生寺」現在の壬生寺(みぶでら)。西院との位置関係からは、「南東」とすべきところか。

「猿の面、着たるおのこ、縄をつたひて、かるわざの曲をなしける」壬生狂言にあやかって、猿面を被った芸能者(軽業師)が興行を行ったものか。]

 

Yasaunohi

 

[やぶちゃん注:早稲田大学図書館「古典総合データベース」の画像はここ。]

 

 此寺の傍(かたはら)に、草茂り、松、生《おひ》たる埜《の》に、ひとつの㚑火(れい《くわ》)有《あり》て、闇夜(あんや/やみのよ)になれば、必《かならず》、其わたり、飛行(ひぎやう)す。

 其火、よの常にかはり、色、靑く光り、或時は、草にあり、或時は、空(くう)に、一所(《いつ》しよ)定(さだめ)ず。

 俗、「宗玄火(そうげんび)」と呼(よぶ)。

 其始(はじめ)を聞(きく)に、昔、此《この》地藏堂に、宗玄といふ下法師(した《ほふし》)、仏《ほとけ》の御燈(みあかし)をかゝげる事を領《りやう》ず。

 かたち、衣鉢にかざれども、心、鬼畜にひとしく、散錢・奉納の類《るゐ》、我(わが)意に任せて、かすめとり、殊に己《おのれ》が所作(しよさ)の燈明の油を盜(ぬすみ)、賣(うり)しろなす事、數年(す《ねん》)を經(ふ)れども、仏天(ぶつてん)、是を惡(にくみ)給ヘばにや、一生、冨貴(ふうきの)花《はな》もなく、榮耀(えいよう)の月を待得《まちえ》ず、終《つひ》に、無常の嵐の前に、業障(ごふしやう)の身を苦しめ、くらきより、くらき道に入《いり》ぬ。

 臨終の惡相に、人、猶、日來(ひごろ)の所爲(しよ《ゐ》)を思ひ合《あはせ》て、舌を卷(まく)。

 此後、此御堂の前後左右の埜中(のなか)に、燈炉(とうろ)の大さなる、火、ひとつ、飛行(ひぎやう)す。

 或時、此里の人の夢に、

「我は壬生寺(みぶでら)の宗玄にて侍り。かやうかやうの事ありて、今、焦熱の猛火(みやうくわ)にこがれ、此惡業を、つぐのふ、くるしさよ。一魄(こん[やぶちゃん注:ママ。])は、此土(《この》ど)にとゞまり、晝夜(ちうや)、くるしみ、身をやく也。」

と。

 猶、此事、繁(しげ)くいはんとせしが。消(きえ)て、跡なく、失(うせ)ぬ。

 それより、埜人(やじん)、此名を呼(よぶ)とぞ。

 寬文の比にや、去(さる)人、西院より、夜更(よふけ)て、京に歸る折ふし、雨さへ降(ふり)て、行路(ぎやうろ)、くらく、覺束(おぼつか)なし。かゝる所に、光、あつて、大(おほき)なる火、かたまりたる中に、法師の頸(くび)、顯れて、出《いで》きたる。

「あ。」

といふ聲の内より、男、忽(たちまち)、絕入(ぜつじゆ)したり。明がたに成《なり》て、行かふ人、藥をあたへ、水、そゝぎ、息出《いで》て、此事をかたりしにぞ。

「扨は。例の火。」

と知りぬ。

[やぶちゃん注:以下は、底本では全体が三字下げで、字も小さい。]

 或人のいふ、

「宗玄といふ全體、有《ある》物にてなし。『叢原火(さうげん《び》/くさはら )』といふ物也。」と。字訓を、つけられし。一分《いちぶ》の才覺かと、おもはれて、信用しがたし。

[やぶちゃん注:以上は、

   *

 ある人が言うことには、

「『宗玄火(そうげんび)』という怪異の名指しは、実は、実際にあるものではない。それは、「そうげんび」、則ち、「叢(草)原火(そうげんび)」というのが真の名である。」と。この人は、わざわざ以上の左訓のように、字訓までご丁寧に、目の前で添えてくれたのだが、これは「そうげんび」の発音がたまたま一致することにかこつけて、小賢しい知恵を以って、私に示したもののように思われて、信用し難い。

   *

というのである。この附記が、これまた、結果して、本怪異の李愛リズムを、サイドから補強する形になっているのが、見え見えで、寧ろ、私は、「未達さんよ、あんたのこれも一分の才覚かと思われますな。」と言っておこう。

なお、「日文研」の「怪異・妖怪画像データベース」のこちらで、二種の本妖火の絵図が見られる(一つは「そふげん火」と名ざしている)。]

« 西原未達「新御伽婢子」 旅人救ㇾ龜 | トップページ | 西原未達「新御伽婢子」 血滴成小蛇 / 「新御伽婢子」巻三~了 »