フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 「續南方隨筆」正規表現版オリジナル注附 屍愛に就いて | トップページ | 「續南方隨筆」正規表現版オリジナル注附 女性に於る猥褻の文身 »

2022/09/05

フライング単発 甲子夜話卷之十八 11 鳶の妻於よしの事

 

[以下、現在、電子化注作業中の南方熊楠の「女性に於る猥褻の文身」(いれずみ)に必要となったため、急遽、電子化する。今回は特異的に読点と記号を追加し、やや読み難いと思われる語句については、推定で《 》により歴史的仮名遣で読みを附した。こういう姐さん、私は好きだ。]

 

18―11

或人の話しに、湯嶋に鳶者《とびのもの》の妻、名を「よし」と云《いふ》ありしが、寡婦《やもめ》となりて、任俠を以て聞へたり。其一事をいはゞ、湯嶋の劇場《しばゐ》に、狂人ありて、刀を拔《ぬき》て振《ふり》まわし[やぶちゃん注:ママ。]、人皆《ひとみな》、手に合はずと聞《きき》て、「我、これを取るべし。」とて、衣を脫ぎ、まる裸になり、ずかずかと、狂人の傍《かたはら》に寄り、「何をなさる。」と云へば、狂人、あきれて立《たち》たるを、其手を執《とり》て、刀を取《とり》あげ、事、穩《おだやか》に濟《すま》せしとなり。此婦、陰戶《ほと》の傍に、蟹の橫行《わうかう》して、入らんとする形をほり、入墨に爲《し》たり、と。凡《およそ》、豪氣、此《この》類《たぐひ》なり[やぶちゃん注:「比類」の誤字かとも思ったが、南方熊楠も、こう引いている。]。三十年前計《ばかり》のことにて、其婦《をんな》を目擊せし人の言《いひ》し。膚《はだへ》、白く、容顏、殊に美艷なりし、とぞ。かの亡夫の配下なりし鳶ども、强性者《がうじやうもの》多かりしが、皆、此婦に隨從して、指圖を受け、一言、云者も、なかりし、となり。

« 「續南方隨筆」正規表現版オリジナル注附 屍愛に就いて | トップページ | 「續南方隨筆」正規表現版オリジナル注附 女性に於る猥褻の文身 »