フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 西原未達「新御伽婢子」 髮切虫 | トップページ | 西原未達「新御伽婢子」 樹神罸 /「新御伽婢子」巻二~了 »

2022/09/20

西原未達「新御伽婢子」 雁塚昔

 

[やぶちゃん注:底本は早稲田大学図書館「古典総合データベース」のこちらに拠った。本巻一括(巻一・二・三のカップリング)PDF版はここ。但し、所持する昭和六〇(一九八五)年勉誠社刊「西村本小説全集 上巻」をOCRで読み込み、加工データとし、挿絵もそこに挿入された写真画像をトリミング補正して適切と思われる箇所に挿入した。なお、画像は小さく、しかも薄いので、早稲田大学図書館「古典総合データベース」の単体画像のリンクも附しておく。

 底本は崩し字であるが、字体に迷った場合は、正字を採用した。読みは、振れる一部に留め、読点や記号は底本には全くないので(ごく一部に句点はあるが、用法が単なる区切りでしかないので、それに必ずしも従ってはいない)、独自に打った。一部で《 》で推定歴史的仮名遣で読みを入れ(歴史的仮名遣を誤っているものもこれで正しい仮名遣で示した)、読み易さを考え、段落を成形した。濁点・半濁点落ちの本文が多いが、ママ注記をすると五月蠅いだけなので、私の判断でそれらを附した。(*/*)のルビは右/左の読みを示す。]

 

     雁塚昔(がんづかのむかし)

 河内國或里に地下侍(ぢげ《ざむらひ》有《あり》て、常に朋友を集め、圍碁・双六(すごろく)に好(すき)、狩(かり)・漁(すなどり)を業(わざ)となん、しけり。

 或時、又、碁を始(はじめ)て、千手百手(ちてもゝて)にいどみ、戰(あらそふ)折節《をりふし》、窓のむかふ、半町斗《ばかり》[やぶちゃん注:五十四・五四メートル。]の田の畔(くろ)に、水底(すいてい)に書(しよ)をうつして、白雁(はくがん)、ふたつ、おりたつ。

[やぶちゃん注:「地下侍」ある土地に土着し、平常は農耕に従事している下級武士。

「書(しよ)をうつして」白い双体の影を書(しょ)さながらに浅い水底に写して。]

 

Ganduka

 

[やぶちゃん注:早稲田大学図書館「古典総合データベース」の画像はここ。]

 

 侍、早く見付《みつけ》、頓而(やがて)、床(とこ)なる弓、おつ取《とり》、雁僕(かりまた)[やぶちゃん注:「僕」はママ。「俣」の誤字であろう。]の矢をつがひ、引《ひき》しぼりて、放つ。

 あやまたず、雄のほそくびに、射つけたり。

 雌は、是に驚きて、跡なく飛去(とびさり)ぬ。

 走行(はしり《ゆき》)て見るに、首は射切(い《きり》)て、なく成《なり》しを、さのみも尋(たづね)ず、引提(ひつさげ)て歸り、まさしく料理(りやうり)て饗應(もてな)し、己(おのれも)食(しよく)しつくしけり。

 角(かく)て、その年、暮ゆきて、春、新(あらた)に來り、一花(け)ひらくる朝(あした)より、永日(ゑいじつ)の三十日(みそか)を、三たび、數ふるほどを思へば、こよなふのどけしや。

 更衣《ころもがへ》の夏にうつりて、時鳥(ほとゝぎす)の初聲(はつこゑ)をきくより、一夏(げ)の過(すぐ)る隙(ひま)、又、久し。

 漸(やうやく)にして、文月(ふづき)にかはり、八月になる。

 去年(こぞ)の此比《このころ》を思へば、

「誠に、向(むかひ)の田の畔(くろ)に、雁(かり)の渡りし事、あり。」

と、其かたを見やりければ。又、鳥、ひとつ、おり立《たち》ぬ。

「嗄(すは)、願(ねがふ)所よ。」

と、弓、取り、矢、つがひ、心せきて、切《きつ》て、はなつ。

 思ふ圖(づ)に射付(い《つい》て)、是をも、得たり。

 みれば、白雁の雌なるが、羽がひの下に、雄《をんどり》の首《くび》を懷(いだき)たり。

 侍、驚(おどろき)、淚をながし、日を指折(ゆび《をり》)て思へば、

「去年(こぞ)の今日、雄の首を射切(《い》きり)たるが、其雌(めとり)、雄《をんどり》)の別れを悲しみ、此首を、身に添(そへ)、永き月日の、けふ迄、猶、其事に浮岩(あこがれ)、此所《ここ》には落(おり)たるなるべし。是を惟(おもふ)に、人斗《ばかり》情(なさけ)しらぬものは非じ。或時は鹿笛(しゝ《ぶゑ》)にあやつりて、偕老(かいらう)の契りをさけ、子に身を替(かふ)る猿を害し、鴛鴛《をし》のふすまを、おどろかし、鳩(はと)の比翼を射とる事、罪障(ざいしやう)いかゞ、おそろしや。かばかり、目下(まのあたり)、哀(あはれ)を見て、身の罪、しらぬ、はかなさよ。」

と、慚愧の心、切(せつ)なれば、

「是なん、菩提の知識なるべし。」

と一所(《いつ》しよ)の所帶(しよたい)を沽却(こきやく)し、髮、切《きり》て、ながく、佛道修行の道人《だうにん》となりしが、かの田の畔(くろ)を買求(《かひ》もとめ)て、ひとつの塚を筑(きづ)き、卒都婆(そとば)を建(たて)、二鳥《にてう》の跡(あと)、ねん比《ごろ》に吊(とひ)けり。

 俗、呼(よん)で「雁塚(がんつか)」といふ。今に古跡をのこしぬ。

[やぶちゃん注:以下は、底本では全体が三字下げで、字も小さい。]

 昔、ある人、鴛鴦《をし》の雄《をんどり》をころしけるに、其夜の夢に、いとうつくしき女、枕に來つて、うらめしげに、此おとこ[やぶちゃん注:ママ。]を打見《うちみ》て、

 日くるればさそひし物をあそ沼のまこもがくれの独(ひとり)ねぞうき

といふ歌をよみて、さめざめと、なく、と、みて、夢、さめ、おどろき、ぼだいしんをおこし、出家せしとかや。かほどまで、まざまざしき事こそなからめ、つまを殺され、子をとられ、恨惑《うらみまど》ふ所の畜類、人よりも、猶、まさるなれば、いとひても、なすまじきは殺生にこそ。

[やぶちゃん注:「嗄(すは)」「嘎」(音「カツ」。擬音語。但し、鳥の声などに用いる)の誤記か。

「偕老(かいらう)の契りをさけ」この「さけ」は「さき」(「裂き」)の誤用であろう。

「ふすま」「衾」。閨(ねや)のそれ。睦み合うことの隠喩。

「是なん、菩提の知識なるべし。」の「知識」は「契機」の意。「この出来事こそが、己(おのれ)が正しく菩提心を発する機会であったのだ!」の意。

「沽却」売却すること。

「昔、ある人、鴛鴦《をし》の雄《をんどり》をころしけるに、……」ここに示された話(言うまでもなく、本篇の種元)は、少なくとも、私は小学校三年生の時、角川文庫の小泉八雲の「怪談・奇談」でしみじみと読んだものだ。私の「小泉八雲 をしどり (田部隆次訳) 附・原拠及び類話二種」を見られたい。そこで、原話・類話なども十全に総て示してある。因みに、私は、来日後の小泉八雲の全作品の翻訳(初版「小泉八雲全集」底本)を、既にブログ・カテゴリ「小泉八雲」で、二〇二一年一月に全電子化注を終えている。

« 西原未達「新御伽婢子」 髮切虫 | トップページ | 西原未達「新御伽婢子」 樹神罸 /「新御伽婢子」巻二~了 »