フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 「續南方隨筆」正規表現版オリジナル注附 釘ぬきに就て(その1) | トップページ | 「和漢三才圖會」卷第二十四「百工具」の内の「錑(もぢり)」 »

2022/09/02

「和漢三才圖會」卷第二十四「百工具」の内の「千斤(くぎぬき)」

「和漢三才圖會」卷第二十四「百工具」の内の「千斤(くぎぬき)」

[やぶちゃん注:〔○○〕や〔→○○〕は、表字・訓読が不完全で私がより良いと思う表字・訓読、或いは送り仮名が全くないのを補填したものを指す。本篇は、訓点や読みが、かなり杜撰である。]

 

Kuginuki

 

くぎぬき  千斤

千斤   【久岐奴木俗云万力】

類書纂要云千斤起舊釘之噐

△按千斤方寸半許鐵噐隨透穴別長尺許鐵梃大應穴

 嵌之如鐔而鐔與梃之間挾舊釘拔起之千斤万力之

 名共取強剛之義矣

一種形如鋏而肥其頭圓以挾舊釘拔之

 

   *

 

くぎぬき  「千斤」。

千斤   【「久岐奴木〔(くぎぬき)〕」。俗に「万力〔(まんりき〕)」と云ふ。】

「類書纂要」に云はく、『千斤は舊釘〔(ふるくぎ)〕を起〔→こす〕の噐〔(き)〕なり。』と。

△按ずるに、「千斤」は、方〔(はう)〕寸半〔(すんはん)〕許〔(ばかり)〕の鐵噐〔→にして〕、隨て〔→ふに〕穴を透し、〔→したり。〕別に長さ尺許〔→(ばかり)の〕、鐵の梃〔→(てこ)あり〕。大いさ、穴に應〔→じ〕、之れを嵌(は)めて鐔(つば)のごとくにして、鐔と梃の間に、舊釘(ふるくぎ)を挾んで、之れを拔〔→き〕起〔→こす〕。千斤・万力の名共〔(なども)〕、「強剛」の義を取〔→るなり〕。

一種、形、鋏のごとくにして、肥〔(ふとく)〕、其の頭〔(かしら)〕、圓く、以つて、舊釘を挾〔(はさみ)〕、之れを拔く。

 

[やぶちゃん注:図の、右側のものは、多くの人が実際に見たこともあるもので、使用法も「一種、形……」以下の解説なしでも判るのだが、左手のそれは、訳さないとちょっと判り難いかも知れない。現行ではこうした分離した釘抜きというのを見ることはまずない(私自身も見たことがない)。『「千斤」は、……』以下を判り易く敷衍訳しておく。

   *

「千斤(くぎぬき)」は、四方が一寸半ほど(約四センチ五ミリ)の正方形の鉄器で、中央に穴が開いている。それとは別に、長さ一尺ほど(約三十センチ)の鉄の棒状(一方が箆(へら)状に平たくなっている)の挺(てこ)があって、その箆型の部分の太さは、前者の穴の大きさに、丁度、応じている。まず、刀の鐔のように、これを嵌め込み、前者と後者との間に抜くべき対象である古釘を挟み込んで、而して、梃子(てこ)の原理を用いて、抜き超こすのである。

   *

「類書纂要」二種ある中国の類書(百科事典)。一つは十二巻本の明の璩崑玉(きょこんぎょく)の撰。今一つは、三十三巻本の清の周魯の撰で。一六六四序刊。]

« 「續南方隨筆」正規表現版オリジナル注附 釘ぬきに就て(その1) | トップページ | 「和漢三才圖會」卷第二十四「百工具」の内の「錑(もぢり)」 »