フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 鈴木正三「因果物語」(片仮名本(義雲・雲歩撰)底本・饗庭篁村校訂版) 下卷「十一 惡見に落ちたる僧自他を損ずる事」 | トップページ | 鈴木正三「因果物語」(片仮名本(義雲・雲歩撰)底本・饗庭篁村校訂版) 下卷「十三 第二念を起す僧病者に若を授くる事」 »

2022/10/13

鈴木正三「因果物語」(片仮名本(義雲・雲歩撰)底本・饗庭篁村校訂版) 下卷「十二 愚痴の念佛者錯つて種々の相を見る事」

 

[やぶちゃん注:底本は、所持する明治四四(一九一一)年冨山房刊の「名著文庫」の「巻四十四」の、饗庭篁村校訂になる「因果物語」(平仮名本底本であるが、仮名は平仮名表記となっている)を使用した。なお、私の底本は劣化がひどく、しかも総ルビが禍いして、OCRによる読み込みが困難なため、タイピングになるので、時間がかかることを断っておく。なお、所持する一九八九年刊岩波文庫の高田衛編「江戸怪談集(中)」には、本篇は収録されていない。

 なお、他に私の所持品と全く同じものが、国立国会図書館デジタルコレクションのこちらにあり、また、「愛知芸術文化センター愛知県図書館」公式サイト内の「貴重和本ライブラリー」のこちらで、初版板本(一括PDF)が視認出来る。後者は読みなどの不審箇所を校合する。

 本文は饗庭篁村の解題(ルビ無し)を除き、総ルビであるが、難読と判断したもの、読みが振れるもののみに限った。]

 

   十二 愚痴の念佛者(ねんぶつしや)錯(あやま)つて種々(しゆじゆ)の相(さう)を見る事

 相州佐川(さがは)より、一里上(かみ)の在處(ざいしよ)に、さる姥(うば)、常に念佛者にて、苧(お)を紡(う)み、一反(たん)、嫁に織らせ、

「死にたる時の着物にせん。」

とて、曝(さら)しけるが、臼(うす)にて搗きければ、水、濁り、次第々々に、黒くなるなり。

 是を、しぼりて、見れぱ、佛體(ぶつたい)、淺々(あさあさ)と、段々に顯(あらは)れたり。

 皆々、拜みたる人の物語りなり。小田原の年寄衆も取寄(とりよ)せ、見られたるなり。

 寬永十八年の事なり。

[やぶちゃん注:「曝」の字は、底本では、「グリフウィキ」のこの異体字

「相州佐川」恐らく、現在の神奈川県高座郡寒川町(さむかわまち)と思われる。

「苧を紡み」別に「苧を績(う)む」とも書く。「苧」は「そ」とも読む。麻(あさ)や苧(からむし)の繊維を長く縒(よ)り合わせて糸にすることを指す。

「寬永十八年」一六四一年。]

 

〇江戶、或町人の女房、念佛者なり。

 來迎を願ひければ、切々(せつせつ)、來迎にて、後には、手の上へ、來迎、あり。

 其後(そのゝち)は、是を、呑みけり。

 久しく呑む程に、氣(き)、衰へ、煩(わづら)ふなり。

 さる禪師に逢うて、念佛を休(や)め、藥を飮みて、治(ぢ)するなり。

[やぶちゃん注:「切々」「懇ろに」の意でとっておく。]

 

〇江戶にて、青木何某(なにがし)母、勝(すぐ)れたる念佛者なり。

 常に珠数をくりける故に、指に「たこ」あり。「こぶ」に成り、いよいよ、高くなりて後(のち)、佛體(ぶつたい)に成つて落ちけり。

 

〇尾州名古屋に、或女、年(とし)盛んなる時は、大坂に居(ゐ)て、「光り念佛」を申せしが、同行(どうぎやう)八千程ありて、其身(そのみ)、奇特(きどく)、多し。

 同行の中の善惡を、陰(かげ)にて、委しく知り、念佛の回向(ゑかう)も、其時々に陰にて知れり。後に聞合(きゝあは)するに、少しも違(たが)はぬなり。

 又、人の生死(しやうじ)をも、慥(たしか)に知るなり。

 後(のち)に禪の知識に呵(か)せられて、宗旨を替へければ、奇特を失(しつ)するなり。我、確(たしか)に知るなり。

[やぶちゃん注:久しぶりに正三自身の直話である。この女、要するに、惡知恵に堪能で、その人に知られぬように、対象者の日常の善惡に係わる行為や言動、履歴・病歴・人間関係なんどを緻密に調べておき、念仏回向の際の呟きなども、これ、漏らさず、盗聴しておいて、やおら、その人物から相談を受けた際、ピタりと、その悩みを霊的に言い当てたように示すわけだから、たまらない。現代の宗教家や霊能者の中には、こういった似非者が、有象無象、いる。情報入手が電子的に即座に行える今、ハイパーなそういった極悪連中は、ますます蔓延(はびこ)ることであろう。

「光り念佛」「光り」は親鸞の好んだ「正信念仏偈」の「南無不可思議光」の唱え。「不可思議光」は阿弥陀仏の徳号の一つ。人知を超えた如来の悟りの絶対の徳を表し、「光」明(こうみょう)は、その絶対の智慧を示すものである。]

« 鈴木正三「因果物語」(片仮名本(義雲・雲歩撰)底本・饗庭篁村校訂版) 下卷「十一 惡見に落ちたる僧自他を損ずる事」 | トップページ | 鈴木正三「因果物語」(片仮名本(義雲・雲歩撰)底本・饗庭篁村校訂版) 下卷「十三 第二念を起す僧病者に若を授くる事」 »