フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 鈴木正三「因果物語」(片仮名本(義雲・雲歩撰)底本・饗庭篁村校訂版) 中卷「二十二 亡者錢を取返す事 附 鐵を返す事」 | トップページ | 鈴木正三「因果物語」(片仮名本(義雲・雲歩撰)底本・饗庭篁村校訂版) 中卷「二十四 生れ子田地を沙汰する事 附 生れ子親に祟る事」 »

2022/10/08

鈴木正三「因果物語」(片仮名本(義雲・雲歩撰)底本・饗庭篁村校訂版) 中卷「二十三 幽靈來りて子を產む事 附 亡母子を憐む事」

 

[やぶちゃん注:底本は、所持する明治四四(一九一一)年冨山房刊の「名著文庫」の「巻四十四」の、饗庭篁村校訂になる「因果物語」(平仮名本底本であるが、仮名は平仮名表記となっている)を使用した。なお、私の底本は劣化がひどく、しかも総ルビが禍いして、OCRによる読み込みが困難なため、タイピングになるので、時間がかかることを断っておく。なお、所持する一九八九年刊岩波文庫の高田衛編「江戸怪談集(中)」には、本篇は収録されている。

 なお、他に私の所持品と全く同じものが、国立国会図書館デジタルコレクションのこちらにあり、また、「愛知芸術文化センター愛知県図書館」公式サイト内の「貴重和本ライブラリー」のこちらで、初版板本(一括PDF)が視認出来る。後者は読みなどの不審箇所を校合する。

 本文は饗庭篁村の解題(ルビ無し)を除き、総ルビであるが、難読と判断したもの、読みが振れるもののみに限った。最後の話は特に注の必要を感じない。]

 

   二十三 幽靈來たりて子を產む事

       亡母(ばうぼ)子を憐(あはれ)む事

 

Migaminoyamagata

 

[やぶちゃん注:冒頭注で示した一九八九年岩波文庫刊の高田衛編「江戸怪談集(中)」の挿絵(底本は東洋文庫岩崎文庫本)。キャプションは「もがみの山がた」。]

 

 羽州最上(うしうもがみ)の山方(やまかた)に、「靈童(れいどう)」と名付く者あり。

 彼の謂(いは)れを聞くに、最上の商人(あきびと)、京へ上り、女房を持ちけるが、捨て置き、最上へ下る處に、京の女房、尋ね來(きた)る。

 此の時、山方の女房を去り、京の女房を、家に置き、子、一人(にん)、儲(まう)く。

 其後(そのゝち)、亦、京へ上り、本(もと)の宿(やど)へ行きければ、亭主、見、「其の方(はう)の女房、死して、三年になる。」

由を語る。

 男、聞いて、

「さてさて。不思議の事かな。彼(か)の女、最上へ下り、剩(あまつさ)へ、子、一人、有り。」

と云ふ。

 父、聞いて悅ぶこと、限り無し。

 急ぎ、最上へ下り、彼(か)の家へ行けば、女房、部屋へ入りて、逢はず。

 父、餘りに堪え兼ね、部屋へ入りて見れば、京にて、立てたる、卒塔婆(そとば)なり。

 戒名、年號、疑ひなし。

 之に依つて、其子を「靈童」と云へり。

[やぶちゃん注:本篇は後発の「宿直草卷三 第一 卒都婆の子産む事」がインスパイアしている。

「山方」山形県山形市。

「本の宿」先に男が逗留していた宿。以下、それを女の父が聴いて宿まで来たか、或いは、この山形の男が義父の家を訪ねたか、そうしたシークエンスの省略がなされているように私は感じる。「江戸怪談集(中)」の注では、『京の女房が居た家』とするが、私はちょっと従えない。]

 

〇攝州、大坂の近所に、死したる本(もと)の女房、來りて、子の髮を結ふ事、三年なり。

 或時、來りて、今の女房の舌を貫(ぬ)きける間(あひだ)、さまざま、養生して能く成り、離別して、他處(たしよ)へ行くとなり。

[やぶちゃん注:本書中の最短の一篇。]

 

〇紀州にて、或る人の内儀、難產にて死去す。然(しか)れども、子は生まれて、息災なり。

 彼(か)の母の亡靈、來つて、子をいだき、乳を呑ませ、三歲に成るまで、そだてけり。

 女房、十七歲の年、死にけるが、三年過ぎても、十七歲の形に見えたり。

 其の子、十七、八の比(ころ)、見る人、確(たしか)に語る。

「色、少し惡しき男なり。」

といへり。

« 鈴木正三「因果物語」(片仮名本(義雲・雲歩撰)底本・饗庭篁村校訂版) 中卷「二十二 亡者錢を取返す事 附 鐵を返す事」 | トップページ | 鈴木正三「因果物語」(片仮名本(義雲・雲歩撰)底本・饗庭篁村校訂版) 中卷「二十四 生れ子田地を沙汰する事 附 生れ子親に祟る事」 »