フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 鈴木正三「因果物語」(片仮名本(義雲・雲歩撰)底本・饗庭篁村校訂版) 上卷「九 夫死して妻を取り殺す事 附 頸をしむる事」 | トップページ | 鈴木正三「因果物語」(片仮名本(義雲・雲歩撰)底本・饗庭篁村校訂版) 上卷「十一 女生靈、夫に怨を作す事」 »

2022/10/04

鈴木正三「因果物語」(片仮名本(義雲・雲歩撰)底本・饗庭篁村校訂版) 上卷「十 罪無くして殺さるゝ者、怨靈と成る事」

 

[やぶちゃん注:底本は、所持する明治四四(一九一一)年冨山房刊の「名著文庫」の「巻四十四」の、饗庭篁村校訂になる「因果物語」(平仮名本底本であるが、仮名は平仮名表記となっている)を使用した。なお、私の底本は劣化がひどく、しかも総ルビが禍いして、OCRによる読み込みが困難なため、タイピングになるので、時間がかかることを断っておく。但し、既に述べたように、所持する一九八九年刊岩波文庫の高田衛編「江戸怪談集(中)」に抜粋版で部分的に載っているので、今回から、その本文をOCRで取り込み、加工データとして一部で使用させて戴く。そちらにある(底本は東洋文庫岩崎文庫本)挿絵もその都度、引用元として示す。注も参考にする。

 なお、他に私の所持品と全く同じものが、国立国会図書館デジタルコレクションのこちらにあり、また、「愛知芸術文化センター愛知県図書館」公式サイト内の「貴重和本ライブラリー」のこちらで、初版板本(一括PDF)が視認出来る。後者は読みなどの不審箇所を校合する。

 本文は饗庭篁村の解題(ルビ無し)を除き、総ルビであるが、難読と判断したもの、読みが振れるもののみに限った。踊り字「〱」「ぐ」は正字化した。適宜、オリジナルに注を附す。]

 

    罪無くして殺さるゝ者、怨靈と成る事

 江州蒲生郡(がまふぐん)、市子村(いちこむら)に、安部(あんべ)淸左衞門と云ふ者の祖父、下人を無理に成敗(せいばい)す。

 然(しか)るに、淸左衞門親(おや)の代に、此靈(りやう)、出で、大蛇(おほへび)になりて、子供を取り殺す。

 然る間、淸左衞門親子、共に屋敷を捨てゝ迯(にげ)て、別屋敷へ越す。

 然るに、彼(か)の靈、隣(となり)なる、いとこの彌左衞門親の處へ入り、子を取り殺し、種々(しゆじゆ)に惡事をなす。

 此の親、迷惑し、京へ上(のぼ)り、内裏樣(だいりさま)へ、種々、訴請(そせう)仕(つかまつ)り、神に祝(いは)ひ、其靈の屋敷に宮を立て、時々に祭りをなし、燈明(とうみやう)を立て、敬(うやま)へば、彼(か)の靈、彌(いよいよ)、腹を立て、

「我に鈴の音を聞かする故に、彌(いよいよ)、若(くるしみ)、增(まさ)るなり。」

と云うて、人に、たより、殊の外、しやべり、彌左衞門内(うち)にも、祟りをなし、大きなる蛇の形を現はして、彌左衞門子供を、多く、取り殺すなり。

 或年の正月六日(むいか)、大雪降(おほゆきふ)りに、長さ三間(げん)ばかりなる蛇、身内(みうち)三處(さんところ)より、うみ出でけるを、彌左衞門親、打ち殺し、山の雪の中へ捨てけれぱ、又は、次の日、來りて、右の體(てい)にて居(ゐ)たり。

 其の三月、姨(をば)、背に、腫物(はれもの)、出來(いでき)、三處(みところ)より、うみ垂り、くさりて、死す。

 是(これ)に付(つき)て、迷惑し、十四日に、本秀和尙へ、弔(とむら)ひを賴み來(きた)る。

 本秀和尙、次の日十五日に、彼(か)の處へ至り、先づ、宮を打崩(うちくづ)し、木を切り、塔婆を立て、血脉(けちみやく)を收(をさ)め、七日、弔ひ給へば、ひしと收まり、其後(そのゝち)、終に出でず。

 彼の彌左衞門夫婦・子供、少しも、食を喰(く)ふ事、ならず、大豆(まめ[やぶちゃん注:二字へのルビ。])と豆腐ばかりを食しけるが、其靈、收まりてより、皆、食を喰ひ、子供、息災に成るなり。

 正保三年雪月(せつげつ)の事なり。休心(きうしん)、慥かに語るなり。

[やぶちゃん注:「江州蒲生郡、市子村」「江戸怪談集(中)」の注に、『現滋賀県蒲生町周辺を中世から近世にかけて市子村といった』とあるが、現行では蒲生町は存在しない。現在の東近江市のこの附近に「市子」の地名・施設名が残る。而して、「今昔マップ」のこちらを見ると、昭和三〇(一九五五)年四月に蒲生郡朝日野村・桜川村が合併して生まれた蒲生郡蒲生町は、旧市子村の他、南部の半分以上は旧市子地区ではない地域が広汎に含まれているおり、旧蒲生町周辺総てが市子村であったのではなく、旧蒲生町の内、江戸時代の旗本領であった南部の一画が市子村であったとするのが妥当であるように思われる。ウィキの「蒲生郡」によれば、この狭義の「市子村」は近世は総て旗本領であった。

「内裏樣」朝廷。ここで、彼らがここに直訴しているのは、ここに朝廷の旧荘園でもあったものか、としても、現行、旗本であるから、彼らが知行の旗本を通さずに朝廷に直訴するのは、幕府をないがしろにする違法行為ではないのか? 識者の御教授を乞う。或いは、これは、中世の出来事だと言いたいのか? しかし、そこまで遡ることを言っていないし、お馴染みの本秀和尚が片付けるのだから、今まで同様、江戸前期の現在時制である。因みに、ここで本文は「訴請(そせう)」と表記しているが、これは饗庭の書き換えと思われ、初版板本では『祈詔(キセウ)』であり、「江戸怪談集(中)」もそちらと同じである。後者は注で、『「訴訟」のこと。訴え願い出て』とあるのだが、どうも、本当の公事方扱いの訴訟ではないのではないか? と私は疑っている。則ち、そもそもが、怨霊が相手なのであるから、公式な公事に取り上げられることはあり得ないわけで、ここは、朝廷に付属する神祇官(但し、室町時代には卜部(うらべ)の子孫吉田氏が京都の吉田神社を神祇官代(だい)として朝廷祭祀一般を牛耳った)に祈請をどうすればいいかと願い出たというだけことではないのか? 以下の「神に祝(いは)ひ、其の靈の屋敷に、宮を立て、時々に、祭りをなし、燈明(とうみやう)を立て、敬(うやま)へば」というのは、そ奴が、「まあ、かくすれば、よかろうぞ。」てなことをいい加減に言ったのであろう。そんな薄っぺらい仕儀に怨霊の怒るのは、これ、当然といえば、当然であろう。

「人に、たより、殊の外、しやべり」これは、その怨霊が、家内の下女か、子どもなどの誰かに憑依して、その憤懣をぶちまけたのである。

「三間」五・四五メートル。

「姨(をば)」妻の妹か。同居していたのであろう。前の大蛇の共感呪術的現象である。

「正保三年」以下で十二月のこととあり、同年十二月一日は既にして一六四七年一月六日である。

「雪月」十二月の異称。

「休心」本秀和尚の弟子であったことが確認されているようである。]

 

○一柳何某(ひとつやなぎなにがし)、人の讒(ざん)に依(よつ)て、科(とが)なき代官を、手討ちにす。

 機嫌惡(あ)しき時分、五歲になる子、奧より出づるを、抱(いだ)いて愛しけるが、此子、親と、狂ひながら、椽(えん)より落ちて、死す。

 爲方無(せんかたな)く、乘物(のりもの)に入れて、寺へ遣り、佛(ほとけ)の前に置き、侍一人(にん)付け置くに、佛殿の上、ことごとしく、鳴る。

 人々、驚き、

「急(きつ)」

度(と)見る處に、番の侍、

「無念なり。」

と云つて、其の儘、絕入(ぜつにふ)す。

 皆々、走り寄り、藥を與へ、呼び返しけり。

 三日過ぎて云ふ樣は、

「日も、早や、暮方(くれがた)に成り、彌々(いよいよ)御痛(おんいた)ましく思ひ居(ゐ)る處に、俄(にわか)に、天井、崩るるが如く鳴りて、光り物、來り。又、乘物より、光り物、出で行くを、切り留めんとするに、叶はず。其時、『無念なり。』と云ふと、夢の如くに覺えたり。」

と語り、終(つひ)に、氣色(きしよく)惡しくして、三日過ぎて、死す。

 扨(さて)、其の光り物の時分、主(しう)の前へ、彼(か)の成敗に逢ふたる者、右の子を抱(いだ)き、

「我、此の御子(おこ)を請(う)け取りて、美(いつく)しく御成り候。」

と云ふて、夫婦、來たりければ、主人、見て、

「憎いやつかな。」

と云ふて、脇差(わきざし)の柄(つか)に手を掛け、椽まで出で給へば、身(み)、すくみ、氣を失ひ給ふ。

 小姓(こしやう)共、抱起(だきおこ)し、藥を參らせければ、漸々(やうやう)氣付きたり。

 是は、醫者玄也(げんや)の兄、道流と云ふ人、右近殿(うこんどの)へ語るを聞く人、慥(たしか)に語るなり。

[やぶちゃん注:「讒」は底本では「談」(ルビは「ざん」)であるが、初版板本及び編「江戸怪談集(中)」を校合し、訂した。同様に「絕入(ぜつにふ)」(「気絶」の意)も底本では「殺入」(ルビは「せつじ」)で初版板本も同じで、実はこれでよいのだが、ここは、誰も躓かない「江戸怪談集(中)」の表記とルビに従うこととした。後に、この語、本書に中で、再び使用されるので、そこで解説する予定である。

「一柳何某(ひとつやなぎなにがし)」江戸初期には大名に三家(二家のみが幕末まで残る)、旗本に複数ある。当該ウィキを参照。但し、以下に「代官」(旗本・天領の現地支配担当)を持っているから、旗本である。

「機嫌惡しき時分」理由は判らぬが(そこに魔の介入がある)、なんとなく気分が優れない感じの折り。前掲の事件とは時制上は無縁。その意識がすっきりしない、注意力が散漫になっている状態で、何やらん、急に眩暈がして、「狂」ったように、足元を踏み外して、「椽」=縁側から、子どももろとも転げ落ち、子は敷石に頭でも打つけて即死したのである。これ自体、無論、偶然ではなく、不当に殺された代官の怨霊による復讐の起動を意味することは言うまでもない。

「ことごとしく、鳴る」ものものしい感じで、何とも判らぬ音が響いた。

「光り物、出で行く」この怪異の興味深い点は、この寺での「光り物」の出現と同時刻に屋敷にいる主人の眼前に、代官の亡霊が妻とともに出現し(妻は夫の死後に自害したか)、あろうことか、代官の手には、主人の死んだ御子(おこ)が抱かれおり、代官が、「我らが、今、丁度、この御子を請け取りまして、さあて、さて、ほれ、こんなに、可愛らしく、お成り遊ばしたぞ。」と語ったという共時シークエンスである。これは、怪奇談としては、非常に効果的な重層映像で、まず、ここまでの中では、出色に出来と言えよう。

「玄也」「道流」「右近殿」三名とも不詳。]

 

○武州瀧山(たきやま)、某(なにがし)、代官の時、火事、出來(しゆつらい)す。

 下代(げだい)某、下女を捉へ、是を科人(とがにん)と爲(な)して、村中(むらぢう)を引廻(ひきまは)して後(のち)、火炙(ひあぶり)にす。

「餘り、口をきく。」

と云ふて、口を破(わつ)て、物を言はせず。

 然(しか)るに、火の中より、大(おほき)なる黑蛇(くろへび)、火の上へ、四尺程、高く、頭を上げて見えけるが、頓(やが)て、家の中(うち)へ來り、先づ、下代を、妻子共に、取り殺す。

 次に、家老をも、先づ、子供を取り殺して後、夫婦、殘り無く、取り殺す。

 扨(さて)、主人は癩病(らいびやう)を受け、久しく乞食して、死せり。

 慶長十年の比(ころ)なり。

[やぶちゃん注:「武州瀧山」現在の東京都八王子市滝山町(たきやままち)附近。

「下代」下級の役人。下役(したやく)。

「口をきく」「江戸怪談集(中)」の注に、『無実をうったえて絶叫する声が大きいと。』とある。

「口を破つて、物を言はせず」左右に裂いたのでは、発生は可能であるから、下顎を砕いたのであろう。

「癩病」ハンセン病。

「慶長十年」一六〇五年。]

 

○濃州(ぢようしう)池田村に、次左衞門と云ふ、庄屋、あり。地頭へ、少し慮外(りよがい)ありし故、甥と共に牢舍(らうしや)せり。

 次左衞門、牢の中(うち)にて、甥を小刀にて差殺(さしころ)し、其死骸の上に乘りて、言ひけるは、

「さりとては。非義の曲事(きよくじ)に逢(あ)ふて、死する事、無念なり。此遺恨には、年忌々々(ねんきねんき)、村中を燒拂(やきはら)ふべし。地頭一家(いつけ)をば、取り殺すべし。」

と、憤つて、自害しけり。

 其如く、地頭子供三人を取殺(とりころ)し、其の身、盲目と爲(な)る。

 老男(をぢ)勘衞門子供、俱(とも)に取殺し、年忌每(ごと)に、村中(むらぢう)へ火を付け、燒き拂ふ。

 百姓、餘りに迷惑して、地頭へ訴訟を申し、寺を建て、高七石、寺領を付け、名古屋より、周吞(しうどん)と云ふ僧を呼び、住持に居(す)ゑ、次左衞門位牌を立て、吊(とむら)はせければ、火事、收(をさ)まり、村中、無事になるなり。

 周吞は、本秀の弟子なり。

[やぶちゃん注:「濃州池田村」現在の岐阜県内にあった池田郡。広域なので、当該ウィキの地図を見られたい。

「慮外」思いもよらない不法・不当な態度や行為を言う。

「非義の曲事」普通、「きょくじ」で読むと、法に背いたことを指すが、ここは「非義の」(道理に反した)とあることから、とんでもない道理に反した扱いを(地頭から)受けてことを言う。

「其の身、盲目と爲る」主語は地頭。]

« 鈴木正三「因果物語」(片仮名本(義雲・雲歩撰)底本・饗庭篁村校訂版) 上卷「九 夫死して妻を取り殺す事 附 頸をしむる事」 | トップページ | 鈴木正三「因果物語」(片仮名本(義雲・雲歩撰)底本・饗庭篁村校訂版) 上卷「十一 女生靈、夫に怨を作す事」 »