フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 鈴木正三「因果物語」(片仮名本(義雲・雲歩撰)底本・饗庭篁村校訂版) 中卷「二十一 亡母來りて娘に養生を敎うる事 附 夫の幽靈女房に藥を與ふる事」 | トップページ | 鈴木正三「因果物語」(片仮名本(義雲・雲歩撰)底本・饗庭篁村校訂版) 中卷「二十三 幽靈來りて子を產む事 附 亡母子を憐む事」 »

2022/10/08

鈴木正三「因果物語」(片仮名本(義雲・雲歩撰)底本・饗庭篁村校訂版) 中卷「二十二 亡者錢を取返す事 附 鐵を返す事」

 

[やぶちゃん注:底本は、所持する明治四四(一九一一)年冨山房刊の「名著文庫」の「巻四十四」の、饗庭篁村校訂になる「因果物語」(平仮名本底本であるが、仮名は平仮名表記となっている)を使用した。なお、私の底本は劣化がひどく、しかも総ルビが禍いして、OCRによる読み込みが困難なため、タイピングになるので、時間がかかることを断っておく。なお、所持する一九八九年刊岩波文庫の高田衛編「江戸怪談集(中)」には、本篇は収録されていない。

 なお、他に私の所持品と全く同じものが、国立国会図書館デジタルコレクションのこちらにあり、また、「愛知芸術文化センター愛知県図書館」公式サイト内の「貴重和本ライブラリー」のこちらで、初版板本(一括PDF)が視認出来る。後者は読みなどの不審箇所を校合する。

 本文は饗庭篁村の解題(ルビ無し)を除き、総ルビであるが、難読と判断したもの、読みが振れるもののみに限った。]

 

   二十二 亡者錢(ぜに)を取返(とりかへ)す事

       鐵(くろがね)を返す事

 尾州愛智郡(あいちぐん)星崎村(ほしざきむら)に、彥十郞と云ふ者、信者にて、後話(ごせ)、ことに精を入れけり。

 四十の比(ころ)、女房を去りけるに、舅(しうと)には不足なき故、本の如く、出入(しゆつにふ)す。

 女房、頓(やが)て死にけり。

 然(しか)る間、亦、女房を求めけり。

 彥十郞四十二、三の比、白山立山へ參詣しけるに、立山にて、本(もと)の死したる女房、出でゝ、彥十郞に向つて、

「其方(そのはう)は、我等、父の方より貰ふまじき錢を取るなり。返し給へ。」

と云ふ。

 彥十郞、聞きて、

「然樣(さやう)の事、有り。」

とて、舅より請(うけ)たる、錢五十文、速(すみや)かに返しけり。

 其後(そのゝち)、笠寺の鐘撞(かねつき)と成りて居(ゐ)たり。

 慶安五年の事なり。

 南野(みなみの)十左衞門、語るを聞くなり。

[やぶちゃん注:「尾州愛智郡星崎村」愛知県名古屋市南区星崎。歴史的に諸史料でも愛「智郡」と「愛知郡」は両用されている。

「笠寺」愛知県名古屋市南区笠寺町(かさでらちょう)上新町(かみしんまち)にある真言宗智山派の天林山笠覆寺(りゅうふくじ)。十一面観音を本尊とし、一般に「笠寺観音」名で親しまれている。

「慶安五年」一六五二年。

「南野十左衞門」不詳。]

 

○越中に、「宇(う)の津(つ)」と云ふ鍛冶(かぢ)あり。

 人、打物(うちもの)、誂へる時、古鐵(ふるがね)、多く遣りければ、打物、打ち餘りたる鐵(てつ)を取りけるに、彼(か)の「宇の津」、立山參詣の時、地獄の中(うち)より、高聲(たかごゑ)に、

「打物の時、餘りたる鐵を、只今、返せ。」

と呼(よば)はる。

 是を聞きて、大に驚き、腰に持たる錢(ぜに)、三百文、地獄へ抛入(なげい)れければ、

「是は、多し。」

とて、半分、返しけるに、此錢、燒けて、滿ち合ひけり。

 是を持ち、家に歸り、ほどの上へ、彼(か)の錢を掛け置きて、出入の人々に見せ、懺悔(さんげ)して、此(この)謂(いは)れを語るとなり。

 今井四郞左衞門、語るなり。

[やぶちゃん注:『「宇の津」と云ふ鍛冶』不詳。

「燒けて、滿ち合ひけり」熱で溶けて、銭同士が癒合しえしまったのである。

「ほど」「火床(ほど)」。鍛造用の小さな炉のこと。]

« 鈴木正三「因果物語」(片仮名本(義雲・雲歩撰)底本・饗庭篁村校訂版) 中卷「二十一 亡母來りて娘に養生を敎うる事 附 夫の幽靈女房に藥を與ふる事」 | トップページ | 鈴木正三「因果物語」(片仮名本(義雲・雲歩撰)底本・饗庭篁村校訂版) 中卷「二十三 幽靈來りて子を產む事 附 亡母子を憐む事」 »