フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 「續南方隨筆」正規表現版オリジナル注附 「話俗隨筆」パート 蛇を引出す法 | トップページ | 大和怪異記 卷之四 第三 甘木備後鳳來寺藥師の利生を得る事 »

2022/11/25

大和怪異記 卷之四 第二 下総国鵠巣の事

 

[やぶちゃん注:底本は「国文学研究資料館」の「新日本古典籍総合データベース」の「お茶の水女子大学図書館」蔵の宝永六年版「出所付 大和怪異記」(絵入版本。「出所付」とは各篇の末尾に原拠を附記していることを示す意であろう)を視認して使用する。今回の本文部分はここから。但し、加工データとして、所持する二〇〇三年国書刊行会刊の『江戸怪異綺想文芸大系』第五の「近世民間異聞怪談集成」の土屋順子氏の校訂になる同書(そちらの底本は国立国会図書館本。ネットでは現認出来ない)をOCRで読み取ったものを使用する。

 正字か異体字か迷ったものは、正字とした。読みは、かなり多く振られているが、難読或いは読みが振れると判断したものに限った。それらは( )で示した。逆に、読みがないが、読みが振れると感じた部分は私が推定で《 》を用いて歴史的仮名遣の読みを添えた。また、本文は完全なベタであるが、読み易さを考慮し、「近世民間異聞怪談集成」を参考にして段落を成形し、句読点・記号を打ち、直接話法及びそれに準ずるものは改行して示した。注は基本は最後に附すこととする。踊り字「く」「〲」は正字化した。なお、底本のルビは歴史的仮名遣の誤りが激しく、ママ注記を入れると、連続してワサワサになるため、歴史的仮名遣を誤ったものの一部では、( )で入れずに、私が正しい歴史的仮名遣で《 》で入れた部分も含まれてくることをお断りしておく。

 挿絵があるが(先般まで、本巻四の第一話の丁内にあったため、話柄と合致しない不審な挿絵と判断していた)、これは「近世民間異聞怪談集成」にあるものが、状態が非常によいので、読み取ってトリミング補正し、適切と思われる箇所に挿入する。因みに、平面的に撮影されたパブリック・ドメインの画像には著作権は発生しないというのが、文化庁の公式見解である。底本(カラー。但し、挿絵は単色)の挿絵部分のリンクも張っておく。

 なお、林羅山の前書附きの漢詩部分は、読み易さを考え、私の判断で前書に句読点を打ち、漢詩は句ごことに改行を施した。漢詩には一部に句末の跡があるが、私は好まないので省略した。]

 

 第二 下総国《しもふさのくに》鵠巣(かうのす)の事

 そのかみ、下総国に一社あり。

 其《その》社檀(しやだん)のうへに、さしおほひたる大木(たいぼく)あり。

 其樹(き)の上に、數年(すねん)、鵠(こうの)、巣をかけて、龜・蛇等(とう)の物をくらひ、骨をちらし、糞(ふん)を社に懸(かけ)、中々、むさき体(てい)なりし。

 あるとき。氏子共、此社に來りいふやうは、

「社に、神體は、ましまさずや。鵠に社をけがされ、罸(ばち)をも、くはへず、置《おき》給ふことの、口をしさよ。」

と、のゝしりて、各(おのおの)、歸宅しける。

 其夜(よ)、神巫(かんなぎ)につげて、のたまふは、

「氏子どもの申《まをす》所、ことはりなり[やぶちゃん注:ママ。]。來《きた》る、いく日に、此鳥を罸せむ間、いづれも、出《いで》て、みるべし。」

との告(つげ)なれば、近鄕はいふに及《およば》ず、遠境(ゑんきやう)までも聞傳(きゝつた)え[やぶちゃん注:ママ。]、

「末世の奇特(きどく)、これなり。」

と、其日になれば、此社に羣集(ぐんじゆ)して、

「今や、今や、」

と侍(まつ)所に、巳(み)の刻ばかりに、社檀の内より、八尺ばかりの白蛇(はくじや)、くれなゐの舌を、ひるがへし、大木にのぼりければ、見物の貴賤、渴仰(かつがう)のかうべを、かたふけて、礼拜(らいはい)す。

 

Kounosu

 

 かくて、此蛇、木のなかばまで、のぼるとき、雌雄(めを)二つの鵠、これをみて、よろこぶけしきにて、巣を、はなれ、飛《とび》かゝり、飛(とび)かゝり、白蛇のかしらを、さんざんに蹴(け)ひしぎ、くはえて、社檀の上(うへ)に下居(おりゐ)、ことごとく、くくらひ、殘るは、骨ばかりなり。

 あつまりたる貴賤、

「これは、これは、」

と、あきれ、まどふ。

 神体、かくのごとくななれば、此鵠を神(かみ)とあがめ、社をたて、所をも「鴻巣(かうのす)」とぞ、なづけたる【「異神記」に見へたり[やぶちゃん注:ママ。]。】。「羅山文集」、題詩あり。左に附す。

○鴻巣【或作ㇾ鵠】傳說ツノ大樹樹神。民以飮食レヲ。不レバ則害ㇾ人。一旦鵠來テ巣樹上。巨蛇、欲ㇾ呑ント其卵。鵠啄ㇾ之レヲ。自ㇾ是神不ㇾ害ㇾ人。於ㇾ是鵠之除ㇾ害一レ誉、故曰、「鵠巣」。遂名ㇾ社。又、為地號

 毒蛇屈曲シテ叢梢《一》

 尖觜穿錐爪ニシテ

 黃鵠千年來

 秋風檜雨不ㇾ飜ㇾ巢

 

[やぶちゃん注:原拠とする「異神記」は不詳。「近世民間異聞怪談集成」の解題で土屋氏自身が、本書を『該当する資料名が不明なもの』の一つに入れておられる。

「下総国鵠巣(かうのす)」埼玉県鴻巣市本宮町にある鴻神社(こうじんじゃ:グーグル・マップ・データ)が、その後身かと思われる。旧下総国には埼玉県東辺が含まれる。「鴻神社」公式サイトの「こうのとり伝説」を参照されたいが、そこには、ここにあった大木は公孫樹(いちょう)とされ、「鴻巣(こうのす)の地名の由来と鴻神社」に、

   《引用開始》

 「こうのす」という地名は、古代に武蔵国造(むさしのくにのみやつこ)である笠原直使主(かさはらのあたいおみ)が現在の鴻巣市笠原のあたりに居住したとされ、また、一時この近辺に国府関連の施設があり、荒川や元荒川などを利用した水運も盛んだったと推測されることから、「国府の洲 こくふのす」が「こうのす」となり、後に「こうのとり」の伝説から「鴻巣」の字をあてるようになったと思われます。

 国府のことを「こう」と呼ぶのは、他の地名(国府台[こうのだい]、国府津[こうづ]など)からも類推され、国府のお宮を国府宮(こうのみや)と呼ぶのは、愛知県稲沢市にある尾張大国霊神社、別名国府宮(こうのみや)など、全国でも例があります。

 このことからこうのとりのお宮「鴻の宮」は「国府の宮(こうのみや)」であったのではないでしょうか。

※笠原直使主(かさはらのあたいおみ)

 6世紀に活躍した豪族で行田市の埼玉古墳群の中の稲荷山古墳にまつられています。そこから出土した大和朝廷から拝領したとされる金象眼銘の鉄剣は国宝に指定されています。

 鴻神社は氷川社・雷電社・熊野社をはじめ、多くの神々をまつる鴻巣総鎮守で社殿の脇にそびえる大いちょうの下、四季折々に様々な祭りが行われます。

   《引用終了》

とある。

「鴻」はコウノトリ目コウノトリ科コウノトリ属コウノトリ Ciconia boyciana で、中国東北部(満州)地域やアムール・ウスリー地方で繁殖し、中国南部で越冬する。渡りの途中に少数が日本を通過することもある。博物誌は私の「和漢三才圖會第四十一 水禽類 鸛(こう)〔コウノトリ〕」を参照されたい。国土交通省関東地方整備局河川部河川環境課・制作/(公財)日本生態系協会・編集になるリーフレット「こんなところにも?! コウノトリにまつわる関東の歴史・地名等々」PDF)によれば、その⑮の『和田沼のコウノトリ(千葉県柏市・我孫子市)」の項に『和田沼にはかつて共同狩猟地があり、 明治で禁

猟がとけると鶴などの狩猟が行われていた。 鶴は明治 16 年頃までは上空に飛来したが沼に降りる事はなかったが、コウノトリは明治 35 年 (1902 年)頃までは渡来していたとの記述がある。(出典 : 「野田の自然誌」 新保國弘他著)』とあった。

「巳(み)の刻」午前十時前後。

「八尺」二メートル四十二センチ。

「羅山文集」儒者で幕府儒官林家の祖林羅山(天正一一(一五八三)年~明暦三(一六五七)年:名は忠・信勝。法号は道春。朱子学を藤原惺窩に学び、徳川家康から家綱まで四代の将軍に侍講として仕えた。上野忍岡の家塾は、後の昌平坂学問所の起源となった)の詩文集。複数のネットの版本を縦覧したが、発見出来なかった。

「題詩」「鴻の巣に題す」の詩。以下、訓読(句読点を打ち換え、一部の読み・送り仮名を補填した)して示す。

   *

   鴻巣【或いは「鵠」に作(な)す。】
   傳說に、昔し、一(ひと)つの大樹
   有り。「樹神(じゆしん)」と稱す。
   民、飮食を以つて、之れを祭る。せ
   ざれば、則ち、人を害す。一旦、鵠、
   來りて、樹上に巣くふ。巨蛇、其の
   卵を呑まんと欲す。鵠、啄(ついば)
   みて、之れを殺す。是れより、神、
   人を害せず。是(ここ)に於いて、
   以つて、鵠の、害を除きて誉れ有る
   を、故に號して曰はく、「鵠の巣」
   と。遂に社と名づけ、又、地號と為
   す。

毒蛇 屈曲して 叢梢(さうしやう)に棲む

尖觜(とがれるはし) 穿(うが)ち開きて 錐爪(きりのつめ)にして 搯(うがちいだ)す

黃鵠(かうこく) 千年 來り集(つど)ひて後(のち)

秋風 檜雨(ひう) 巢を飜(ひるが)へず

   *

結句の「檜雨」は意味不明。識者の御教授を乞う。]

« 「續南方隨筆」正規表現版オリジナル注附 「話俗隨筆」パート 蛇を引出す法 | トップページ | 大和怪異記 卷之四 第三 甘木備後鳳來寺藥師の利生を得る事 »