フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 大和怪異記 卷之四 第五 古井に入て死る事 | トップページ | 大和怪異記 卷之四 第七 異形の二子をうむ事 »

2022/11/26

大和怪異記 卷之四 第六 女の尸蝶となる事

 

[やぶちゃん注:底本は「国文学研究資料館」の「新日本古典籍総合データベース」の「お茶の水女子大学図書館」蔵の宝永六年版「出所付 大和怪異記」(絵入版本。「出所付」とは各篇の末尾に原拠を附記していることを示す意であろう)を視認して使用する。今回の本文部分はここ。但し、加工データとして、所持する二〇〇三年国書刊行会刊の『江戸怪異綺想文芸大系』第五の「近世民間異聞怪談集成」の土屋順子氏の校訂になる同書(そちらの底本は国立国会図書館本。ネットでは現認出来ない)をOCRで読み取ったものを使用する。

 正字か異体字か迷ったものは、正字とした。読みは、かなり多く振られているが、難読或いは読みが振れると判断したものに限った。それらは( )で示した。逆に、読みがないが、読みが振れると感じた部分は私が推定で《 》を用いて歴史的仮名遣の読みを添えた。また、本文は完全なベタであるが、読み易さを考慮し、「近世民間異聞怪談集成」を参考にして段落を成形し、句読点・記号を打ち、直接話法及びそれに準ずるものは改行して示した。注は基本は最後に附すこととする。踊り字「く」「〲」は正字化した。なお、底本のルビは歴史的仮名遣の誤りが激しく、ママ注記を入れると、連続してワサワサになるため、歴史的仮名遣を誤ったものの一部では、( )で入れずに、私が正しい歴史的仮名遣で《 》で入れた部分も含まれてくることをお断りしておく。]

 

 第六 女の尸(かばね)蝶《てふ》となる事

 ちかき比《ころ》にや、會津に何がしとかやいふものゝ婢女(げじよ)、朝(あさ)け[やぶちゃん注:ママ。]の米をかしくとて、ふと、わらひ出《いで》、聲のかぎり、どよみ、たをれて[やぶちゃん注:ママ。]、いき絕《たえ》たりしを、火葬になせるに、火も、漸く、めぐる、と見えしとき、鐵砲のごとく、鳴出(なり《いだし》)、たちまちに、火(ひ)消《きえ》、ちいさき蝶、いく千万となく、飛出(とび《いで》)、四方にちりしを、ふしんに思ひ、よりてみれば、はねも、のこらず。

『さては。しがゐ[やぶちゃん注:ママ。]、蝶になりし。』

と、おのおの、きゐ[やぶちゃん注:ママ。]の思ひをなす。

 其蝶、二つ、ほしからびたるを、信州高遠、月岡宗二といふ人のもとに、緣有人《えんあるひと》、をくり[やぶちゃん注:ママ。]侍《はべり》ぬ。「犬著聞」

[やぶちゃん注:原拠は「犬著聞集」。本書は本書最大のネタ元で既に注済み。「犬著聞集」自体は所持せず、ネット上にもない。また、前話の最後で示した同書の後代の再編集版である神谷養勇軒編の「新著聞集」にも採られていないようである。同様の場合は、以下ではこの前振りは略すこととする。さて、本篇、甚だ短いが、その中に、複数の怪異要素があるため、逆に一読、かなり印象に残る怪奇談である。まず、

①「笑い死にの不思議」。この下女、或いはマジック・マッシュルームの一種である担子菌門真正担子菌綱ハラタケ目オキナタケ科ヒカゲタケ属ワライタケ Panaeolus papilionaceus をこっそり食べて、幻覚性のかなりあるサイロシビン(Psilocybin)中毒になったものか? しかし、本邦産では死亡例はないようである(当該ウィキを参照)。或いは、基礎疾患があったか? 不思議。

②「鉄砲のように爆(は)ぜる火葬体の不思議」。現代のように高温で短時間で焼かれる場合には、しばしば遺体は爆ぜる。しかし、ここは古い野焼きのそれで、およそ鉄砲のように鳴りだすというのは、怪異(けい)に他ならない。極めて考え難いが、遺体とともに火葬に附した彼女の帷子或いは副葬で燃やしたものの中に、火薬様(よう)の物が含まれていたものか? 山猟の若者が恋人で、お守り代わりにそんなものを渡していたというのは、現在の弾丸ならまだしも、ポンポンと鳴りだすことなどは、ない。今の医療の場合なら、死の直前に特殊な薬剤を注入していたなどという原因可能性も考え得るかも知れないが。不思議。

③「火葬後の遺体から幾千万となく翔び立っていった蝶の不思議」。たまたま御棺に用いていた木板が古い安物で、白アリに喰われていたとかぐらいしか思い浮かばぬ。或いは、焼く場所の下に古木に根が残っており、彼らが熱とともにワーンと飛び立ったものか? 不思議。

④「後日にその蝶の二羽の干乾びた標本が会津から高遠まで送られた事実とその受領者の姓名が月岡宗二と明記されているリアリズム」。怪奇談の御約束事の超リアル(に見える)附帯後日談のこれは、実にニクいじゃないの!

「高遠」長野県伊那市高遠(グーグル・マップ・データ。但し、指示されたそこは高遠町西高遠)附近。桜の名所として知られる。私は行ったことがないが、私がただ一編、読んで気に入った井上靖の小説「化石」で記憶に刻まれている。

「朝け」「朝餉(あさげ)」。

「かしく」「炊(かし)ぐ」。

「月岡宗二」不詳。]

« 大和怪異記 卷之四 第五 古井に入て死る事 | トップページ | 大和怪異記 卷之四 第七 異形の二子をうむ事 »